「 国木田花丸 」一覧

|c||^.- ^||「この中に一人、妹がいる!?」

|c||^.- ^||「この中に一人、妹がいる!?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/15(水) 01:14:47.40 ID:BoIym8PA
从/*^ヮ^§从メイ*σ ᴗ σリ(*> ᴗ •*)ゞノcノ,,・o・,,ノレ¶cリ˘ヮ˚)|⌒°( ^ω^)°⌒


|c||^.- ^||「嘘でしょう…?」

∫∫( c||^ヮ^||「ホントなんだよな~ん」

ノξソ>ω<ハ6「あまり変なこと言わない方がいいわよ。傷つくから」

|c||^.- ^||「うう…わからない。わからないままで…」

続きを読む

千歌「おしゃべりしよ」曜「だめー」

千歌「おしゃべりしよ」曜「だめー」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/14(火) 21:26:39.43 ID:PHRUN61O
―千歌部屋―

曜「……」カキカキ…

千歌「……むぅ」

曜「ん、どこか難しいとこあった?」

千歌「全部」

曜「あちゃー」

千歌「もぅやだー。あ~き~た~」ゴロンッ

曜「ほら起きて起きて。もう少し頑張ろ?」

千歌「いやでありますっ!」

曜「宿題教えてって千歌ちゃんが言い出したのに」

千歌「難しいんだもん。見てよこれ、どうやって解くの?」

曜「これは……む、難しいね。っていうか私より宿題進んでたんだ」

千歌「ううん。解けないのを後回しにしていたら最後まできちゃった♪」

曜「よく見たらまだ一問も解いてないし……でもこれ私もわかんないなぁ」

千歌「なら遊ぶしかないね。ぶっちゃけトーク!」

曜「ただのおしゃべりでしょ」

千歌「えへ♡」

曜「だめです」

続きを読む

ダイヤ「花丸さん、起きてください」 花丸「……ん」

ダイヤ「花丸さん、起きてください」 花丸「……ん」

1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/08/14(火) 05:21:43.04 ID:qqnn0pCF
花丸「あれ……? ダイヤさん…? ここは…」

ダイヤ「私の部屋ですわ」

花丸「ダイヤさんの……」ボーッ

ダイヤ「ええ、忘れてしまいましたか?」

花丸「……うーん…」

ダイヤ「フフッ…今お茶を淹れてきます、それまでにゆっくり思い出してくださいね」スッ

花丸「あっ、はい……」

花丸「……えーと、マルは確か…」


──

続きを読む

【SS】子羊を狂わすルビィちゃん【よしルビ】

【SS】子羊を狂わすルビィちゃん【よしルビ】

1: ※若干ルビまる要素あり(あゆ) 2018/08/11(土) 00:57:44.29 ID:Mtt1zm1e
今、ヨハネはルビィと放課後の教室で先生に勉強を教えてもらっていた。

というのも私は最初の方、学校に通ってない時期があったから、皆と少し出遅れてるのよね。

なんとなくで理解してる部分もあるけど、ちゃんと教えてもらった訳じゃないから自信がない。

そんな事をうっかり口にしちゃったのが全ての始まりで……

それが先生の耳に入っちゃって、こんな事になっちゃったってわけよ。

まぁ、こういう場を設けてくれるのはありがたいっちゃありがたいんだけど、
こういった扱いを受けるのは結構苦手。

でも、私一人じゃないのがせめてもの救いかしらね。

マンツーマンでこんな事されたら、また来なくなってたかも知れないわ。

なんて、そんな笑えない冗談を思いつつ隣に目をやる。

隣にいる子は、綺麗な赤毛をした女の子。
黒澤ルビィ。

なんでこの子も私と一緒に復習を受けてるのかは知らないけど、この場に私だけじゃないのは精神的にかなり楽だった。

私だけだったらこんな風に余所見する隙すらないものね。

ルビィは今、一生懸命先生の話を頷きながら聞いてる。

それは先生が黒板に目をやっている時でも同様で、どうやら真面目アピールをしてるわけでもないみたい。

続きを読む

善子「汗の匂ひ」

善子「汗の匂ひ」

5: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/08/08(水) 18:07:00.53 ID:w5YBOR4L
Aqours「おつかれー!!」

鞠莉「んー♪今日のライブ、すごく盛り上がったわね!♪」

ダイヤ「ええ。最高のライブでした」

花丸「マルもっと歌いたかったずらぁ~」

ルビィ「エヘヘ、ルビィも///」

曜「いっっぱい汗かいたねー♪」

梨子「ホント、気持ちよかった♪」

千歌「ねー♡あれ?果南ちゃんと善子ちゃんは?」キョロキョロ

梨子「二人なら、お手洗いに行くってさっき」

千歌「二人で?」

続きを読む

鞠莉「果南が音楽室から帰ってこないわ」

鞠莉「果南が音楽室から帰ってこないわ」

1: 名無しで叶える物語(もも) 2018/08/07(火) 08:28:29.79 ID:p3CW7fc3
鞠莉「というわけで曜、様子を見てきなさい」

よしまるびぃ(うわぁ…)

曜「やだよ」

鞠莉「なんでよ。梨子を呼びに行ってもうだいぶ経つのよ。心配でしょ?」

曜「絶対心配してないでしょ」

鞠莉「撮れそうだったら撮影してきてね」

曜「やだよ!絶対してるって!」

鞠莉「何を?」ニヤニヤ

曜「…///」

鞠莉「ほら、早く見てきなさい」

曜「嫌だって…じゃあ鞠莉ちゃんも一緒に行こうよ…」

鞠莉「嫌よ」

曜「なんでさ!」

続きを読む

ビッ千歌♡露出Collection

ビッ千歌♡露出Collection

2: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/07/17(火) 00:03:14.44 ID:j1C6PU9q
――――――――ファミレス

千歌「ねぇ曜ちゃん……///これ……恥ずかしいよ~……///」

曜「だからこそいいんじゃん♡ほら、はやく♡」

千歌「普通のファミレスなのに……///人もいっぱいいるし……///」

曜「なに言ってもやめさせないよ♡」

千歌「うぅ……///」

ペラ♡

曜「~♪」

千歌「~~~~//////」カアアアア……

曜「そのブラ可愛いね♡」

千歌「バカっ///撮るならはやくしてよ……///」

曜「ブラずらして♡」ニコッ

千歌「変態……//////」ペロン♡

曜「素直に従っちゃう千歌ちゃんはド変態だけど♡」

千歌「……っ///」

曜「見てください、って言って♡」

千歌「……///私のおっぱい……見てください……///♡」プルンッ♡

曜「よく出来ました♡千歌ちゃんのおっぱいチャレンジ……っと♡」パシャッ♡

続きを読む

ダイヤ「納涼、怖い話大会ですわぁ~~~~~~!!!」

ダイヤ「納涼、怖い話大会ですわぁ~~~~~~!!!」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/29(日) 01:35:50.30 ID:jwO8KN2x
ダイヤ「本日はお暑い中、黒澤家にお集まりいただきありがとうございます。納涼怖い話大会を始めたいと思います」

千歌「ほーんとあっついよねぇ……」

果南「意外とノリノリだねダイヤ」

梨子「そういう人だったっけ…」

ルビィ「おねぇちゃぁお手伝いさん皆呼んで飾りつけしてたよ」

ダイヤ「ルビィ!」

続きを読む

ルビィ「お風呂とトイレは別々がいい」

ルビィ「お風呂とトイレは別々がいい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/04(土) 17:45:47.93 ID:UNr/h63NO
~福岡公演前日~

曜「よし!ホテルに荷物も預けたし、まだいっぱい時間あるし何する?」

花丸「勿論観光ずら!」

鞠莉「私福岡のSOUL FOODの明太子食べたーい!」

ダイヤ「皆さんお静かに!観光も構いませんが、あまり福岡の観光地ではしゃぎ過ぎますと、私達のファンの方々の目につきますわよ」

ルビィ「た、確かに…」

梨子「ファンの皆さん、もう福岡に来てるのかな…」

果南「ここに来る途中も何人か私達のグッズを身に付けてる人チラホラいたよ」

ルビィ「いたんだ!?」

ダイヤ「ですので、周りの目に注意しつつ行動する事!そして私達はスクールアイドル!誤解を生まない為にもはしたない行動は厳禁ですわよ!」

8人「はーい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533372347

続きを読む

曜「鞠莉ちゃんって猫っぽいよね」

曜「鞠莉ちゃんって猫っぽいよね」

2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/08/04(土) 06:50:30.44 ID:9W/S0Ycg
曜「思ったんだけどさ、鞠莉ちゃんって猫っぽいよね」

果南「あー、そうかも」

ダイヤ「言われてみれば」

曜「幼馴染の二人から見ても、そう思う?」

果南「そうだね。好奇心旺盛だし、普段の気まぐれで自由な感じとかは、見てると猫っぽいなって思うよ」

ダイヤ「では、理事長モードの真面目な鞠莉さんは、さしずめ借りてきた猫ってところですかね」クスクス

果南「いやいや、学校への寄付額を考えると、招き猫かもよ?」

曜「あはは、やっぱり猫だね!」

続きを読む

1 2 3 4 195