「 国木田花丸 」一覧

善子・ルビィ「誓いの指輪を貴女に」

善子・ルビィ「誓いの指輪を貴女に」

1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/03/12(月) 13:07:40.51 ID:3bI4bLyW
もし───


ルビィ「ねえよっちゃん」

善子「ん、なに?」


もしも、自分の大切なものが守れるとして─


ルビィ「ルビィとよっちゃんが会ってから、もう少しで十年になるんだよね」

善子「……ええ、そうね」

ルビィ「懐かしいなぁ…最初に会ったときはビックリしちゃったけど」

善子「そうかもね…あの時は、そう…私も驚いたわ」


たとえ、その代わりに…別の大切なものを失うことになったとしても


善子「……でもね、それでも私は貴女と一緒にいたいと思った」

善子「責任とかじゃなくて、ただ貴女のことが…何よりも大切だったから」

善子「それに……約束したしね」

ルビィ「……よっちゃん?」

善子「ねえ、ルビィ──」

善子「聞いてくれる? 貴女に応える…十年越しの私の告白を」




それでも、アナタは運命を変えたいですか?

続きを読む

花丸「イライラするずら。そんなときは>>3でもやってスッキリずら」

花丸「イライラするずら。そんなときは>>3でもやってスッキリずら」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/04/19(木) 20:39:44.25 ID:/M/fmZWC
曜「そうだ、せっかくだから>>5ちゃんも誘ってやるずら」

続きを読む

果南「わたしのチカと」梨子「私の千歌ちゃん」

果南「わたしのチカと」梨子「私の千歌ちゃん」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/19(木) 05:35:11.19 ID:69Tt2tQH
「チカ。好きだよ」

「チカも…好きだよ、果南ちゃん」


「千歌ちゃん、好きよ」

「梨子ちゃん。チカも好きだよ!」


「チカ…」

「果南ちゃん…」

「千歌ちゃん…」

「梨子ちゃん…」


「「好き」」

***

続きを読む

LINEグループ:AZALEA(3)

LINEグループ:AZALEA(3)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 20:21:49.31 ID:YKn315n40
果南:急に呼ばれたんだけどどうしたの?


ダイヤ:突然夜遅くにすみません


果南:別にいいけどさ


ダイヤ:果南さんに折り入って頼みがあるのです


果南:珍しいね


ダイヤ:そうですか?


果南:頼みって?


ダイヤ:実は花丸さんがスマートフォンをろくに扱えないらしく、LINEでの連絡が出来ないらしくて


果南:あー


ダイヤ:ルビィが今日半泣きで帰ってきて私に相談を持ち掛けてきたんですの


果南:何故泣く


ダイヤ:困っている親友に何も出来ない不甲斐ない自分が嫌だったのでしょう


果南:あー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524136909

続きを読む

千歌「よーちゃんはモテモテで羨ましいなぁ...」

千歌「よーちゃんはモテモテで羨ましいなぁ...」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/18(水) 19:57:56.42 ID:Fwm/eYdO0
千歌「でも私はよーちゃんじゃないし、よーちゃんみたいにモテモテにはなれないけど、大好きな梨子ちゃんを射止められるように頑張るぞ!」

曜「>>2

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524049076

続きを読む

聖良「内浦に伝わる妖怪、うみはぐ?」理亞「ひっ」

聖良「内浦に伝わる妖怪、うみはぐ?」理亞「ひっ」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/04/18(水) 22:58:00.90 ID:jtJsxHOR
千歌「うん。海に住んでるんだって」

曜「なんだっけ。海から這い上がってきて女の人に抱き着くんだよね?」

花丸「抱き着いてきたが最後、そのまま海へ引きずり込んじゃう、こわーい妖怪ずら」

理亞「……ふ、ふん。そんな子供だまし、信じるわけないでしょ」

聖良「そうですね。どこにでもある、いたずらっ子を諫める目的のおとぎ話でしょう?」

ルビィ「ルビィもよく言われたかも。悪い子はうみはぐに、海へ連れてかれちゃうからいい子にしなさいー、って」

梨子「――ううん。おとぎ話じゃない。うみはぐはいるよ……この海に」

理亞「え……」

続きを読む

鞠莉「失ワレタモノガタリ」

鞠莉「失ワレタモノガタリ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 12:29:29.64 ID:5sszJm+v0

曜「ほんとに?」

梨子「ええ」

曜「ありがとう!」

千歌「ありがとう……ありがとー!」バッ

梨子「待って?勘違いしてない?」

曜「えっ?」

梨子「私は曲作りを手伝うって言ったのよ?」

梨子「スクールアイドルにはならない」

千歌「え~」

梨子「そんな時間はないし」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523935769

続きを読む

【SS】 リリーのアトリエ

【SS】 リリーのアトリエ

4: 名無しで叶える物語(しか) 2018/03/30(金) 00:04:16.07 ID:guSn0Z3h
梨子「ハァ、ハァ……水……」フラフラ


 彼女は今作の主人公 桜内梨子ちゃんです


梨子「あ、町が見えてきた……これで……」フラッ


 バタッ


梨子「………………」


 しかしさっそく死にかけているようです
 

続きを読む

梨子「焼き鳥屋・宜候」四

梨子「焼き鳥屋・宜候」四

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 01:44:33.68 ID:TWyvQGMf0
薄紅の風が空を流れる春の季節がやって来た。

顔を撫でる潮風は柔らかく胸に吸い込む空気はふんわりと温かく気分がいい。

桜舞う春は此処、太陽と海の町である内浦にも変わらずやってきました。

そんな、海辺の町の片隅に一軒、近場の島と富士山がよく見える位置に焼き鳥屋がありました。

新しい店なのに内装は煙で偸み、席はたったのカウンター五席。店員は一人と時々現れるお手伝いのみ。若く快活な女性が店主として切り盛りしてるようです。



その小さな小さな焼き鳥屋は……店主のかつての夢に掛け『焼き鳥屋・宜候』の看板で今日も営業していました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523897073

続きを読む

善子「貴女が喜ぶプレゼントは」

善子「貴女が喜ぶプレゼントは」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 17:09:56.41 ID:xvK/WDk20
善子(誕生日プレゼントを選ぶのは難しい)

善子(一年に一度だけの、大切な人への贈り物)

善子(相手が欲している物をあげないとありがた迷惑になりかねない)

善子(だけど相手から直接欲しい物を聞くわけにもいかない)

善子(それじゃあプレゼントの意味がなくなるから)

善子(でも大切な人には、素敵な物をプレゼントしたい)

善子(心から喜んで、満面の笑みを見せてほしい)

善子(その為には、やっぱり情報を集める必要がある)

善子(というわけで――)

続きを読む

1 2 3 4 179