「 津島善子 」一覧

ルビィ「お誕生日プレゼントは赤ちゃんがいいなぁ♡」 花丸「ずらっ!?」

ルビィ「お誕生日プレゼントは赤ちゃんがいいなぁ♡」 花丸「ずらっ!?」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/09/21(金) 22:45:24.44 ID:ny+bxC8h
~朝はマルちゃん編~


花丸「るるる、ルビィちゃんいきなりなにを言ってるずら!?///」

ルビィ「?」キョトン

ルビィ「え……ルビィ、そんな変なこと言ったかなぁ?」


花丸「へ、変って言うか……///」ゴクッ

花丸「ルビィちゃんが、赤ちゃんなんて――///」ムク...♡

続きを読む

千歌「After World」

千歌「After World」

2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/09/19(水) 19:51:18.73 ID:3Uu1fZZ+
千歌「あっ、ほらほら引いてるよ!」

曜「ほんとだ!梨子ちゃん早く上げて!」

梨子「うん!お…おりゃー!」グルグル

バッシャ-ン!

千歌「おお!大きいよ梨子ちゃん!これで今日の晩御飯は大丈夫だね!」

曜「ナイスだヨーソロー!」

梨子「えへへ///」

千歌「じゃあ今日の釣りはこれくらいにしときますか」

曜「そうしようか」

千歌「よーし、それじゃ家に帰って早速料理の準備だー!」

梨子「料理って言っても、焼くだけなんだけどね」

千歌「小さいことは気にしないの!」

曜「あはは、千歌ちゃんらしいね」


私たちは、今日もそうやって3人で笑い合う。
それはまるで、底知れない寂しさと不安を誤魔化すかのように。

続きを読む

花丸「ルビィちゃんフラペチーノ」

花丸「ルビィちゃんフラペチーノ」

3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/09/20(木) 00:47:21.19 ID:PS7oeEAg
 ―1年生教室―


花丸「ねえ、善子ちゃん」

善子「なによ」


花丸「フラペチーノって知ってる?」

善子「フラペチーノ?」

花丸「うん」

続きを読む

ルビィ「あーっ! 善子ちゃんだ!」善子「げっ……」

ルビィ「あーっ! 善子ちゃんだ!」善子「げっ……」

1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/09/20(木) 10:47:13.72 ID:SsdCjuSH
ルビィ「善子ちゃん、遊ぼう遊ぼう!」グイグイ

善子「いや、私今日は用事があるから」

ルビィ「えー、用事なんてあったっけ?」

善子「あった」

ルビィ「そっかぁ……」シュン

続きを読む

花丸「財布を拾ったずら」

花丸「財布を拾ったずら」

1: 名無しで叶える物語(茸) 2018/09/19(水) 22:14:37.36 ID:IQp/Tu4n
花丸「こんな道ばたにポツンと……」

花丸「お財布を落としても気づかないだなんて不用心な人もいるものずら」

花丸「でもこれ……どうしよう?」

「……持っていってしまいなさいよ」

花丸「そ、その声は!」

善子「その財布けっこう入ってそうじゃない。さあ、持っていきなさいよ」

花丸「おらの心の中の善子ちゃん!」

続きを読む

善子「リリーの誕生日」

善子「リリーの誕生日」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/09/19(水) 23:42:20.65 ID:Tf+gQgQ9
善子「リリー、お誕生日おめでとう!」

梨子「ありがとうよっちゃん」

善子「早速だけどこの供物を受け取るがいい」

梨子「プレゼントかしら?」

善子「それはまだよ、まずはこれ」

梨子「あら、立派なケーキじゃない」

善子「えぇ、リリーのために作ったわ」

梨子「すごいわねよっちゃん」

続きを読む

ヨハネ「私が出会った」ルビィ「天使」

ヨハネ「私が出会った」ルビィ「天使」

2: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/09/03(月) 13:24:17.14 ID:KLBepYDT
「ねえ、天使って本当にいると思う?」

「え? ……何よ、いきなり」

「ううん、ちょっと気になって」

「…いるんじゃないの? 私もほら、堕天使だし」

「クスッ……そうだね」

「ちょっ…あんた信じてないわね!」

「あははっ、そんなことないよ……ただ」

「ただ?」

「少しだけ、懐かしくなったの」

「……?」




─そう、あの時の大切な……

続きを読む

曜「代替品」

曜「代替品」

3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/07/26(木) 22:15:43.21 ID:YiHegYlT
曜(高校二年生の夏、渡辺曜の人生は終わった)


曜(理由は簡単)

曜(大切な幼馴染みに、千歌ちゃんにフラれたのだ)


曜(長年貯め込んだ想いをぶつけた、一世一代の告白)

曜(だけど彼女から返ってきた返事は至ってシンプル)


千歌『ごめん、曜ちゃんをそういう目で見れないや』


曜(せめてもう少し、悩むような表情が欲しかった気がする)

曜(仮にも、長年寄り添った幼馴染なのだから)

続きを読む

千歌「白球を追いかけろ!」

千歌「白球を追いかけろ!」

2: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/08/13(月) 00:11:03.70 ID:IR7y4gVA
 ―1―



千歌(私はずっと、退屈な日々を過ごしていた)

千歌(面白みのない日常)

千歌(色々なことに挑戦してみたけど、どれも長続きしない)

千歌(途中で壁にぶつかると、つい投げ出してしまうから)

千歌(そんな風に何もできない普通怪獣のまま、私は高校二年生になっていた)


千歌(でも、そんな私に運命の出会いが訪れた)

続きを読む

梨子「曜ちゃ~ん、サンドイッチ作ってきたよ~」

梨子「曜ちゃ~ん、サンドイッチ作ってきたよ~」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/09/11(火) 01:11:05.07 ID:b2A6loe/
曜「ありが……」

梨子「」ハァハァ

曜「と……」

梨子「」ハァハァ

曜「……」

梨子「食べないの?」ハァハァ

曜「なんでそんなに息荒らげてるの?」

梨子「私の(手汗が染み込んだ)サンドイッチを(曜ちゃんが唾液を絡めて)食べてくれるのが嬉しくて」ハァハァ

曜「ごちそうさまでした」

梨子「あれ、まだ食べてないよ!曜ちゃーーん!」

続きを読む

1 2 3 4 246