「 渡辺曜 」一覧

梨子「漫画読んでたら絶対ネタバレしてくる人がいる」

梨子「漫画読んでたら絶対ネタバレしてくる人がいる」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/18(木) 16:24:55.71 ID:V8/3EpX0
曜「入って入って~」

千歌「おじゃましまーす」

梨子「お邪魔します」

千歌「あれ? 珍しくよーちゃんの部屋綺麗だね」

曜「まあ流石に梨子ちゃんが来るってなるとねぇ」

梨子「そんな、気にしなくても良いのに」

続きを読む

花丸「うんこを漏らすということ」

花丸「うんこを漏らすということ」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/17(水) 20:22:22.54 ID:J4CHKH0L
小さい頃から目立たない、地味な子だった
ずっと本が友達だった
時々ちょっと寂しかったけれど
それでも、本があれば大丈夫だと思った

それでも本があれば

それでも

それでも……



小学生の時
1人の帰り道
太陽が半分沈んで
薄暗い空をふと見上げて
ふと考えたことがある


マルはいったい、なんの為に生まれてきたんだろう


一人ぼっちの悲しさから思い浮かんだ疑問だったかどうか、今となってはよく覚えてないけど

きっと皆考えるようなことだと思う

でもその時は
その答えは、でなかった
読んでる本に、それらしいことが書いてあることもあったけど
それが正解だとは思わなかった
思えなかった


マルはいったい、なんの為に生まれてきたんだろう


その答えにはまだ、辿り着けずにいる

続きを読む

曜「散った桜はまた春に咲き誇る」

曜「散った桜はまた春に咲き誇る」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/10(水) 23:30:02.53 ID:ntLEbeJu
拝啓 曜ちゃん

おかえりなさい

今回の旅はどうだった?

キツかった?楽しかった?大変だった?

どんな事があっても、船の上のあなたはきっと世界で一番生き生きしてたのでしょうね

そんなあなたが世界で一番好き

迎えに行けなくてごめんなさい

あなたが元気でいてくれるなら、私は他に何もいらない

私は―――

続きを読む

梨子「転性モノ?」善子「転生モノよ」

梨子「転性モノ?」善子「転生モノよ」

1: ◆0r2MuZL2Q. 2018/10/16(火) 22:03:34.86 ID:NSBqI4BtO
梨子「雨、止みそうにないね」

善子「薄々こうなる気はしてたわよ」

梨子「天気予報は晴れだったのに」

善子「クーックック! 矮小な人間ごときにヨハネの力を予測なんて・・・できるはずないわ!」ギラン

梨子「はいはい、さすがヨハネちゃんね」

善子「善子よっ! ・・・・・・あれ?」

梨子「ふふっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1539695014

続きを読む

果南「雨音演奏曲」

果南「雨音演奏曲」

1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/10/15(月) 13:11:31.37 ID:OlR6Ig77
ずっといるから知ってる。 一度来ただけじゃ分からないような良いところも悪いところも。

それを実感したのはきっと、あの子が私の隣にいることが多くなって

私が彼女に、自分の知っているその全部を少しずつ

ぽつぽつと話し始めたからだろう。



そう、それはまるで傘に入るか入らないか──少し迷うくらいの

にわか雨を降らせるような感じで。

続きを読む

千歌「嫌な思い出は一生忘れない」

千歌「嫌な思い出は一生忘れない」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/10/14(日) 22:57:10.01 ID:psjfE3Ki
千歌「私がまだ小学生低学年位の頃、仲の良い女の子がいた」

千歌「今ではもう名前も顔も覚えていないけどたくさん遊んでいたと思う」

千歌「毎日々々色んな事をして、たくさん笑ってたくさん泣いた」

千歌「あの日もいつものように同じ時間同じ場所で待っていた」

千歌「でもその日は違ったんだ」

千歌「待っても待ってもその子は来なくて、日が暮れた頃に志満ねぇが迎えに来てくれたんだ」

千歌「多分その時、私は泣いていた」

千歌「次の日から女の子の姿を見ることは無くなった」

続きを読む

ダイヤ「真・安価で出た目を必ずやるすごろく」

ダイヤ「真・安価で出た目を必ずやるすごろく」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/09/15(土) 18:51:00.98 ID:Z8EZbzlG
梨子「恐ろしい地獄を作り出した『すごろく』をめぐって、Aqoursで戦争が勃発した」

梨子「仮面ライダーが大好きな桜内梨子はゲームマスター高海千歌との戦いを制し、この地獄に終止符を打ったのだが……」

千歌「ちょっとちょっと、打たれた覚えがないんだけど」

梨子「次のすごろくには不参加って出目が出たんだから、実質最終回でしょ?」

千歌「フゥーーハハハハハ!!!! 私が開催せずとも、新たなすごろくはすでにある人物の手に渡っている!!」

梨子「なんでそんなことするのっ!」

千歌「だってその方が面白そうなんだもん!」

梨子「前回の終わりから色々言われてるんだよ! すごろくの意味ないとか安価で終わらせられるのかよとか!」

梨子「そろそろネタ切れだと思うんだけど! あと私に対してのいじめがひどいとか! 私の家族をいじめすぎとか! 私がかわいそうとか!」

千歌「半分くらい梨子ちゃんの私情でしょうが。でも大丈夫、今回の主催者はちゃんとルールを作ってくれてるはずだから!」

千歌「私のいない新たなすごろくは……すごいぞ!」

梨子「締め方が下手すぎないかな!?」

千歌「さあどうなる第8弾!」

続きを読む

ルビィ「ファッション雑誌“G's Knuckle”」

ルビィ「ファッション雑誌“G's Knuckle”」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/10/10(水) 18:17:40.68 ID:JzqMeHeS
ルビィ「新しく創刊されてたから買ってきちゃった。ちょっと不良っぽいからお姉ちゃんにバレないようにしなきゃ」

ルビィ「お姉ちゃんは今はいない……よね」キョロキョロ

ルビィ「じゃあ早速よもーっと♪」


果南『Aqoursとか知らないけど、たぶん――全員抱いたよ♡』


ルビィ「……」

続きを読む

善子「初めてのドライブ」

善子「初めてのドライブ」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/01(月) 01:00:42 ID:Ty3
前回のラブライブ!
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1538064112/

あらすじ
部室でカーセンサーを見ていたダイヤ。そこに善子が現れて車の話をする。
お互いスポーツ系が好きだと知り意気投合、善子はダイヤの家の車を私有地で運転させてもらえることになった。



―黒澤家―

ダイヤ「こちらへどうぞ」

門をくぐり裏手の方にある車庫へ歩いていく。白い悪魔とご対面できるかと思うと心の底からワクワクすると同時に気持ちを抑えられない自分がそこにいた。
ガラガラとダイヤがガレージのシャッターを開ける。そこには白い悪魔が佇んでいた…

善子「これね… やっぱ本物のRは雰囲気出てるわね」

ダイヤ「ホイールはRAYZ TE37 足回りはオーリンズのショックにスイフト製のバネを組み合わせています。純正形状しかマッチングしなくて中々探すのに苦労しましたが路面追従性や乗り心地は抜群にいいですよ。給排気はスズキスポーツ、ECUは果南さんのお父さん特性のROMが入ってます。」

ダイヤ「ダートラ用なのでボディ補強もしっかりしています。ロールバーは勿論スポット増し、メンバーブレースも知り合いからワンオフで制作して貰いました。」

善子「こりゃ凄い…」

続きを読む

∫∫( c||^ヮ^|「なーん?」(*> ᴗ •*)ゞ「よーそろー!」

∫∫( c||^ヮ^|「なーん?」(*> ᴗ •*)ゞ「よーそろー!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/05(金) 23:33:18.13 ID:NFdjLeAm
∫∫( c||^ヮ^|「なーん?」

(*> ᴗ •*)ゞ「よーそろ?」

∫∫( c||^ヮ^|「なんな~ん」

(*> ᴗ •*)ゞ「よーそろ♪」

∫∫( c||^ヮ^|「はぐぅ」ギュー

(*> ᴗ •*)ゞ「よーそろ♪よーそろ♪」

続きを読む

1 2 3 4 276