「 理事長 」一覧

こころ「八月十日は帽子」ここあ「しゅくだい!」にこ「はぁ?自由研究?」

こころ「八月十日は帽子」ここあ「しゅくだい!」にこ「はぁ?自由研究?」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:10:46.41 ID:k5lBBqoBK.net
【矢澤家】

にこ「はぁ?…自由研究?」

こころ「はい」
ここあ「うん」

にこ「そう言われても…自由なんだから自由にやればいいんじゃない?」

ここあ「バステールとうでヘラクレスつかまえるの!」

にこ「無理ね」

こころ「星空先生のお嫁さんになれる方法を…」ポ

にこ「やめなさい」

ここあ「じゆうじゃないじゃん!」ブー

こころ「お姉さま…」クスン

にこ「いや、できる範囲で考えなさいよ…たとえば学校で探すとか、何なら家の中で探してもいいじゃない」

ここあ「がっこうにヘラクレスいないよー?」

こころ「家の中に星空先生はいませんし…」

にこ「そうじゃなくて!身近にある物を研究してみるってことよ。たとえば…お箸の研究」

こころ「お箸はもうやりましたよ」

にこ「じゃあ、お米の研究」

ここあ「きょねんやったよー」

にこ「一度やったのでもいいじゃない。まさか一回ですべてを知り尽くしたなんて思ってないわよね?」

ここあ「ふーん。まえにやったのでもいいんだ」

こころ「じゃあ…星空先生好みのファッションの研究とか」

にこ「星空先生じゃなくていいけど、ファッションはありね」

ここあ「ふぁっしょんって、ドーナツ!?」

にこ「いや、そのファッションじゃなくてね…服とか靴とかあるでしょ?」

ここあ「ぼうし!」

にこ「帽子ね。いいんじゃない?」 VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

海未「勉強を教えて欲しい?」ことり「うん」

海未「勉強を教えて欲しい?」ことり「うん」




ーーー昼休み

海未「どうしてまた...ことりは勉強はできる方でしょう?昨日の課題も特に難しいものはありませんでしたし」

ことり「そ、そうなんだけど...実は...」

続きを読む

ことり「100年に100回100の友情」

ことり「100年に100回100の友情」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/07/07(金) 21:43:06.25 ID:K4h0uP2x.net
-東国-

ことり「~~♪」

ことり「出来たっ!」

穂乃果「おーいこーとーりーちゃーん!」

ことり「あっ穂乃果ちゃん!おはよう」

穂乃果「おはよっ!ぅわぁ!また綺麗な着物だこと!」

穂乃果「いいねぇ~それ、どうするの?」

ことり「うう~んどうしよっか…」

穂乃果「たまには一緒に外で遊ぼうよ~」

ことり「だって…ことりは…」

穂乃果「なになに?」

ことり「ん…やっぱなんでもない」

ことり「ごめんね」

続きを読む

【コンビニ】絵里「ラッシャイッセー」>>2「絵里何やってんの」

【コンビニ】絵里「ラッシャイッセー」>>2「絵里何やってんの」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/09(水) 11:10:48.58 ID:/oXw4mH2.net
どうぞ。

続きを読む

学園長「今からみんなに地球を救ってもらいたいの」μ's「え?」

学園長「今からみんなに地球を救ってもらいたいの」μ's「え?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 06:35:17.50 ID:aGHYP5Kh0
ことり「お母さん…?今、なんて…」

学園長「あなた達も知っている通り、悪い魔物たちが私たちの住む地球を侵略している最中です」

絵里「はい…知っています」

穂乃果「私もニュースで見ました」

凛「凛もニュースでました。魔物にやられると石にされちゃうんですよね?」

学園長「えぇ。既にこの学園の生徒…いいえ、人口の半分以上の人間が石になってしまいました」

真姫「…そんなっ!」

にこ「っ…厄介なことになりましたね」


学園長「正直なところ、これはもうラブライブだの廃校だのスクールアイドルどころの騒ぎではありません」


穂乃果「はい…地球が侵略されている最中で人々が魔物に石にされちゃっているなら…それはもうスクールアイドルどころの騒ぎじゃじゃないですね…」

海未「ですね」


学園長「見てください。こうしている間も…窓の外を見れば…」

海未「っ…!運動場にも悪い魔物がこんなにも!」

絵里「このままじゃまずいわね…。私たちも…いいえ。世界中のみんなが悪い魔物の餌食に」

花陽「みんなが石にされちゃうよぉ…」

希「それも時間の問題かもしれんね…」

続きを読む

穂乃果「夏と言ったらさぁ…」

穂乃果「夏と言ったらさぁ…」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 22:22:23.05 ID:bCWi1is2.net
にこ「……」

穂乃果「……」

にこ「いや、聞いてるわよ言いなさいよ」

穂乃果「お祭り!!」

凛「昨日行ったばっかにゃ」

穂乃果「そうめん!」

真姫「今食べてるじゃない」

続きを読む

雪穂「八月!」穂乃果「三日は」あんじゅ「はちみつの日♪」

雪穂「八月!」穂乃果「三日は」あんじゅ「はちみつの日♪」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 00:06:37.37 ID:hsbOWCsn.net
【四月】

穂乃果「今日もパンがうまいっ♪」パク

ことり「あれ、今日はランチパックじゃないんだね」

海未「節約ですか?」

穂乃果「ううん。はちみつが食べたい気分だったの」モグモグ

絵里「ちょっといい?」

希「お。はちみつ&マーガリン…」

穂乃果「はい!先輩もこれ好きなんですか?」

希「たまに食べたくなるよね。それ以外にもいろんな味のがあるけど…」

穂乃果「家だったらトーストにたっぷりはちみつつけて食べたいけど、お外では難しいからこれにしました!」

絵里「そんなにハチミツが好きなの?」

穂乃果「昔から大好きなんです♪お料理にも使ったりしますよ」

希「国産、輸入、ニホンミツバチと西洋ミツバチの違いから、ハチが蜜を集める花の種類まで…ハチミツといってもいろいろや。見た目の色や香り、もちろん味まで変わってくるん」

絵里「ハチミツのパッケージに花の種類が書いてあるのは知ってたけど、そこまで気にしてなかったわ…」

穂乃果「養蜂は世界中で行われてるし、はちみつだけで言えば紀元前から人々にとって欠かせない食糧です。はちみつなら廃校だって阻止できますよ!」

絵里「!」

ことり「それはちょっと無理があるような…」

海未「はちみつが素晴らしいというのはわかりますが、音ノ木坂の入学希望者を増やすことには繋がらないでしょう?」

穂乃果「それは音ノ木坂でハチミツに関することを何もしてないからでしょ。もし音ノ木坂でいろいろな種類の美味しいハチミツを食べられるようになったら、きっと入学希望者が殺到するはずだよ!」

希「それって…つまり音ノ木坂で養蜂を始めようってこと?」

絵里「そ、そんなことできるの?…養蜂なんて、どこでやるつもり?」

穂乃果「んー。じゃあ、校内をあちこち見て回っていい場所を探しましょう♪」

ことり「大丈夫かなぁ…」

続きを読む

穂乃果「朝までそれ正解!PART3」

穂乃果「朝までそれ正解!PART3」

1: 名無しで叶える物語 2017/07/25(火) 14:09:37.93
全員「前回のラブライブ!」


にこ「以前開催された討論会「μ's朝までそれ正解!」の第2回において、私たちはさまざまなお題に対して各々の意見を出した。だけど…」


真姫「「天まであがれ」。名作になり得るかもしれないのよ?」

真姫「「しゃくれ」」

真姫「「はだかまつり」」

真姫「これが最強よ。「コマンドー」」


にこ「主に真姫ちゃんによる珍回答によって、討論会は半ば大喜利大会と化してしまう!さあ、この先一体どうなるのかしら?第3回、お楽しみに!」


真姫「とんでもねえ、待ってたんだ」

続きを読む

穂乃果「スマホなしで待ち合わせ?」

穂乃果「スマホなしで待ち合わせ?」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 21:00:08.66.net
にこ「そ、某バラエティ番組から出演の依頼が来たのよ」

凛「あぁー!凛それ知ってるよ!タクシーで移動するやつでしょ?」

花陽「でもなんで私たちが?」

にこ「人気が出てきたからに決まってるでしょ!」グッ

絵里「地上波ならたくさんの人が見てくれるし、知名度もぐっと上がるはずよ」

希「それなら出ない手はないやん!」

海未「うう…バラエティ…大丈夫でしょうか…」

真姫「そうよ!私はともかく海未は校内放送でもあの様なのに…」

ことり「大丈夫だよ!ディレクターさんの言う通りにしてれば問題ないと思うよ」

穂乃果「そうそう!じゃあ決まり!収録が楽しみだね!」

続きを読む

絵里「さて、今日も生徒会の目安箱を開けてみましょうか」

絵里「さて、今日も生徒会の目安箱を開けてみましょうか」

音ノ木坂の生徒会には、目安箱というものがある。

生徒が名前を伏せて、生徒会への要望や意見を投書するのだ。

実際には、学校生活の上でのちょっとした悩みや、愚痴が書かれるのだが。

そんなことを希に言うと、

「皆、えりちに悩みを相談したいんやない?
美人で頼れる生徒会長って評判やもんなぁ」

などと返して、へらへらと笑っている。

「もう、茶化さないの。希」

いつもの様に他愛もない会話をしながら、目安箱を開く。

続きを読む

1 2 3 4 55