「 矢澤こころ 」一覧

海未「うみデイト」

海未「うみデイト」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/28(日) 17:22:02.65 ID:aJXcI0VyO
銃を構えたその瞳に一瞬ドキッとしてしまう・・・なんて事はなく。それもそのはずで

海未「虎太郎くん。もう少しこう…脇を締めた方がブレずに照準を合わせやすいと思いますよ?」

虎太郎「うん」

海未「大丈夫ですか?」

虎太郎「うん」

私の初デートの相手は10才以上も年の離れた男の子でした。

虎太郎「お姉ちゃんの言う通りにしたら当たった!」

でも、その笑顔は卑怯です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1556439722

続きを読む

千歌「ポケットモンスターAqours!」

千歌「ポケットモンスターAqours!」

1: ◆tdNJrUZxQg 2019/04/28(日) 12:20:53.81 ID:WoQi+oWD0
......prrrr

......prrrrrr

pi!!


 「あーあーテステス……これ繋がってるのかしら?」

 「……ん、よし大丈夫そうね」

 「Hi ! こんにちわ! 見えてるということは、あなたが今度旅立つ新人Trainerさんね」

 「え? なに? どうしたの、キルリア? ……ああ、名乗るのを忘れていたわ」

 「わたしは鞠莉。あなたの住むウラノホシタウンの外れの島──アワシマに研究所を構えるポケモン博士よ! って、言ってもまだ新人博士なんだけどね」

鞠莉「この世界にはポケットモンスター──通称ポケモンと呼ばれる生き物たちが草むら、洞窟、空、海……至るところにいて、わたしたちはポケモンの力を借りたり、助け合ったり、ときにポケモントレーナーとして、ポケモンを戦わせ競い合ったりする」

鞠莉「わたしはここオトノキ地方で、そんなポケモンと“どうぐ”の関わり合いについて研究しているの。ただ、まだまだ新人のせいもあってか、余りフィールドワークの情報が足りてなくてね……」

 「キルキルゥー!!」

鞠莉「って今度は何、キルリア……? ……わたしの話は後でいい? 確かにそれもそうね……それじゃあ、とりあえず、あなたの名前を教えてくれるかしら?」


…………


鞠莉「Hm...Your name is CHIKA。千歌、いい名前ね」

鞠莉「それじゃ千歌。研究所で待っているから、また後で──」


【ウラノホシタウン】
 口================= 口
  ||.  |⊂⊃                 _回../||
  ||.  |o|_____.    回     | ⊂⊃|  ||
  ||.  回____  |    | |     |__|  ̄   ||
  ||.  | |       回 __| |__/ :     ||
  ||. ⊂⊃      | ○        |‥・     ||
  ||.  | |.      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ||
  ||.  | |.      | |           |     ||
  ||.  | |____| |____    /      ||
  ||.  | ____ 回__o_.回‥‥‥ :o  ||
  ||.  | |      | |  _.    /      :   ||
  ||.  回     . |_回o |     |        :   ||
  ||.  | |          ̄    |.       :   ||
  ||.  | |        .__    \      :  .||
  ||.  | ○._  __|⊂⊃|___|.    :  .||
  ||.  |___回○__.回_  _|‥‥‥:  .||
  ||.      /.         回 .|     回  ||
  ||.   _/       o‥| |  |        ||
  ||.  /             | |  |        ||
  ||./              o●/         ||
 口=================口






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1556421653

続きを読む

にこ「今までとは違う変装………男装でもしてみようかしら?」

にこ「今までとは違う変装………男装でもしてみようかしら?」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2019/05/04(土) 22:42:33.51 ID:e3GL1m3H
にこ「最近、μ'sの知名度も上がってきたし…」

にこ「今の変装よりもランクの高い…」

にこ「つまりは、みんなが予想できないような変装が必要になると思うし…」
 
  
にこ「そう考えると男装っていうのは、我ながら結構いい手だと思うのよね!」ウンッ
 
  
にこ「よしっ!そうと決まればさっそく見繕ってみましょう」

にこ「ん~…髪はまとめちゃって帽子で隠すとかでいいとして…」

にこ「それに適した帽子とコーディネートは…」

続きを読む

にこ「本当に持ってきたのね」海未「にこを抱く為です、これぐらいどうってことありません」

にこ「本当に持ってきたのね」海未「にこを抱く為です、これぐらいどうってことありません」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/26(水) 10:39:33.57 ID:iz+8x7un
ギシギシ

パンパン

アッ///アッ///


チャプン

海未「気持ちよさそうにしてましたね」チャプン

にこ「演技に決まってるでしょ///」ゴシゴシ

続きを読む

【ラブライブ μ】ことり「もうすぐ30歳かぁ」【ss】

【ラブライブ μ】ことり「もうすぐ30歳かぁ」【ss】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/14(水) 18:20:48 ID:o8JBfCD2
※注意 虎太郎君が妊娠します。苦手な人はそっ閉じバックで
完成済みです。ほぼ勢いで書いたため怪しい文章、描写。若干のコピペもありますが目をつむってください
また、作者は人体,医療に詳しくありません



※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

続きを読む

にこ「さて、今日も練習初め 凛「3ポイントシュートの練習でもするにゃ」

にこ「さて、今日も練習初め 凛「3ポイントシュートの練習でもするにゃ」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 02:20:42.55 ID:SRXChMmk
にこ「え?」

真姫「私は天鳳打とうかしら」

希「ウチは海未ちゃんとマジックザギャザリングするわ」

海未「私の実物提示甲鱗で瞬殺ですよ」

花陽「花陽はことりちゃんに手伝ってもらってアイマスの同人描くよ」

ことり「武内P×赤羽根P、アイマスといったらこれしかないよね」

穂乃果「寝よ」zzz

絵里「」ガチャ

にこ「…ちょっと絵里、どこ行くのよ」

絵里「いや、ちょっと生徒会室に置いてある大長編ドラえもんを取りに…」



にこ「ちょっとあんたら!!」

続きを読む

千歌「白球を追いかけろ!」

千歌「白球を追いかけろ!」

2: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/08/13(月) 00:11:03.70 ID:IR7y4gVA
 ―1―



千歌(私はずっと、退屈な日々を過ごしていた)

千歌(面白みのない日常)

千歌(色々なことに挑戦してみたけど、どれも長続きしない)

千歌(途中で壁にぶつかると、つい投げ出してしまうから)

千歌(そんな風に何もできない普通怪獣のまま、私は高校二年生になっていた)


千歌(でも、そんな私に運命の出会いが訪れた)

続きを読む

にこ「誕生日にパラレルに行っちゃったにこ」

にこ「誕生日にパラレルに行っちゃったにこ」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 17:37:30.11 ID:4oqkAsVF0
いつもの朝。いつもの神社。いつものメンバー。

私はこの日もあくまで、「いつもの」日だと思ってた。

誕生日だからお祝いはされるかもだったけど、本当にいつもと変わらないと思ってたのに・・・


にこ「ここ・・・なんなのよ・・・」

続きを読む

10年後のラブライブ

10年後のラブライブ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/01(火) 23:19:08.19 ID:G/t/4TpK0
キーンコーンカーンコーン

小学生の頃。卒業式では絶対に泣かない。笑顔で卒業するんだって意地を張ってた。でも、最近は泣いても良いんじゃないかなって思ったりする。だって、涙が必ずしも悲しいものだとは限らないって知ったから。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525184347

続きを読む

【かなにこ】ツインテールとハグ妖怪

【かなにこ】ツインテールとハグ妖怪

私が手を焼いた、とある女の話をしたいと思います

隙あらばハグを繰り返す正真正銘のハグ妖怪、松浦果南のことです

私はある日、ひょんなことから彼女になつかれ、毎日毎日意味もなくハグをされ続けるようになってしまいました

私が拒否しているにも関わらず、無理矢理ハグしてくることすら何度もありました

それでも私は機嫌を損ねさせないために、平静を保ち続けていたのですが

実にそれらは一週間も続き、もう耐えられない、思っていることを素直に言ってしまおう、そう私は考えt(ガチャッ

続きを読む

1 2 3 4 30