「 穂乃果ママ 」一覧

穂乃果「その顔が気になって」

穂乃果「その顔が気になって」

1: ◆ngWd7Nh2mI 2017/01/17(火) 20:05:13.61 ID:mIlfNQbkO
穂乃果「ああ~もうっ!雪穂め~~っ」

穂乃果「確かに食べたよ!ケーキ食べちゃったよ!」

穂乃果「でも雪穂のだなんて思わないじゃん、名前も書いてなかったし!」

穂乃果「それなのに…それなのに……、あんなに言うことないじゃんかーーっ!」

穂乃果「はぁ……雪穂のばか……」

穂乃果「………そして私のばか」

穂乃果「はぁ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484651113

続きを読む

穂乃果「一月十七日は」花陽「おむすびの日♪」

穂乃果「一月十七日は」花陽「おむすびの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:03:41.49 ID:Dj0hlQ5u.net
花陽(穂乃果ちゃんと結婚したけど、まだ二人とも高校生だからものすごく貧乏だよ)シクシク

穂乃果(今日は花陽ちゃんの誕生日…だけどケーキは買えないし、せめて花陽ちゃんの大好きなおむすびを作ろう)

穂乃果「はい、花陽ちゃん。今日のお弁当だよ」

花陽「いつもありがと。穂乃果ちゃん♪」チュ

穂乃果「えへへ///…じゃあ、学校行こっ♪」

花陽(登下校はもちろん一緒だけど…学年が違うから授業中は一緒に居られないんだよね)クスン

キーンコーンカーン…

花陽(はぁ、おなか空いたなぁ…ちょっと早いけど、おむすび一個だけ食べちゃおうかな?)

花陽(今日も穂乃果ちゃんが私のために作ってくれた、愛情たっぷりのおむすび…)

花陽(ああ、目から汗が出ておむすびがよく見えないや…)

ツルン

花陽「あっ!?」

コロコロ

花陽「う、嘘ぉ!?」

花陽(おむすびが転がり落ちて…アルミホイルを巻いてるから中身は無事だと思うけど)

花陽「止まらない…どこまで転がっていくのぉ!?」

コロコロ…

花陽「だ、ダレカタスケテー!じゃなくて、私のおむすび…ちょっと待ってー!」

\♪オムスビコロコロ…/

花陽「えっ。誰かが歌ってる…?」

「おむすびころころどんぶり子♪お米にハマってさあ大変♪」

花陽「それ、違う歌だよね!?」

コロコロ…ストン

花陽「ああっ!?なんでそんなところに穴なんかあいてるのぉ!?」

花陽「て、手が届かない…」プルプル

花陽「ピャァ!?」ドサ

花陽「いたたた…えっ。何ここ…私、どこに落っこちたの…?」

花陽(校舎が見える…まさか、さっきの穴の中!?)

続きを読む

五郎「静岡県沼津市内浦の活あじ丼とのっぽパン」

五郎「静岡県沼津市内浦の活あじ丼とのっぽパン」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 18:47:58.09 ID:C1B9hSHD.net
今回の主役は井之頭五郎(松重豊ver)なので、正確に言えば
続編ではありませんが、前作のストーリーとリンクしております。
なお、「夢で夜空を照らしたい」ネット配信直後のお話です。

【前作】千歌「『さわやか』を食べに行こう!」
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1483885514/


――静岡県沼津市内浦


五郎(沼津には出張で何度か足を運んだことはあるが)

五郎(ここまで南下するのは初めてだ)

五郎(今日はこの小さな港町にある老舗旅館から依頼を受けたので、バスに揺られている最中である)


アナウンス「ピンポーン。次は、マリンパーク。マリンパークでございます」


五郎(おっ?あの小島、ロープウェイがあるのか)

五郎(陸と島を結ぶロープウェイというのは初めて見た気がする)

五郎(まだ時間はあるし、ちょっとここで降りてみるか)

続きを読む

花陽「一月十五日は」穂乃果「いちごの日♪」

花陽「一月十五日は」穂乃果「いちごの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:02:52.59 ID:ZBhhB7qt.net
【十一年前】

穂乃果(6歳)「あかくて、つぶつぶ…はっぱがみどりでー」カキカキ

花陽ママ(あれは葉っぱじゃなくて萼片…って、まだ難しいかしら?)

花陽(4歳)「いちご?」

穂乃果「うん!ほのか、いちごだいすき♪」

花陽「そっか」

穂乃果「はなよちゃんは?いちごすきー?」

花陽「うん。すきだよ♪」

穂乃果「あのね、さがほのかっていういちごもあるの!」ドヤァ

花陽「さがほのか?」

穂乃果「うん。はなよちゃん、ほのかはすき?」

花陽「ほのかちゃん?だいすき♪」ギュ

穂乃果「えへへ。ほのかも、はなよちゃんだいすき♪」ギュー

【二月】

花陽「え?…ほのかちゃん、あばれたいの?」

穂乃果「ちがうー!きょうはバレンタインなの。はい、あげる♪」

花陽「これなにー?」

穂乃果「いちごだいふく♪」

花陽「だいふく?」

花陽ママ「あんこをお餅で包んだ物ね。いちごが入ってるのよ」

花陽「おもち…おこめ…ごはん」

穂乃果「ごはんじゃないよー?」

花陽「ほのかちゃんだいすき♪」チュ

穂乃果「わ///」

花陽ママ(あらあら♪)

花陽「おいしい♪」モグモグ

続きを読む

穂乃果「藤原○也変換スイッチ?」

穂乃果「藤原○也変換スイッチ?」

1: 名無しで叶える物語 2017/01/13(金) 23:16:33.68
穂乃果「なにこれ?」

真姫「このボタンを押すと、ある有名な俳優と同じ声質になるのよ」

穂乃果「へぇー」ポチッ


・・・・・・


真姫「・・何も起こらないわね」

穂乃果「そ゛う゛だ゛ね゛」

穂乃果「!゛!゛」

穂乃果「な゛に゛こ゛れ゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛!゛!゛」

真姫「うるさい」

続きを読む

海未「親戚の娘さんが来るみたいです」果南「へぇ~!」

海未「親戚の娘さんが来るみたいです」果南「へぇ~!」

果南「楽しみだね~!あっ、てことは私にとっては妹が出来るって感じかな?」ワクワク

海未「果南ったら…うふふ♪そうなるといいですね!」

果南「うん!」ニコッ

ピンポーン♪

果南「あ、来たみたい!迎えてあげよっか、行こう、海未姉!」ギュッ

海未「引っ張らなくても自分で行きますよ、もう」ウフフ

うみかな姉妹また始まりますよ?

………

続きを読む

海未「私と真姫とガーターベルト」

海未「私と真姫とガーターベルト」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 17:24:53.51 ID:h2DNmZtO.net
海未「まだ誰もいないみたいですね…」

海未「(しかしこの部室は物が多いですね…)」

海未「(左を見ても右を見てもアイドルグッズです…)」

海未「?」

海未「…これは…何でしょう…?」

続きを読む

亜里沙「一月十日は」ミカゲ「糸の日」

亜里沙「一月十日は」ミカゲ「糸の日」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 19:07:59.88 ID:hG0OB6X3.net
【七月】

\マーダマダマダマダコレカラ♪/

亜里沙(μ's…みんな可愛くて大好き♪)

亜里沙(あの衣装、私も着てみたいな…お裁縫、頑張ったら亜里沙にも作れるかな?)

ガチャ

亜里沙「ミシンってこれだよね…ミシンがあれば衣装も作れるはず♪」

亜里沙「ふーん♪ふふっふーん♪ふんふふふふんふふふんふふーん♪」ズダダダ

亜里沙「あれ?…全然できないよ」シュン

絵里「亜里沙?…何してるの?」

亜里沙「お姉ちゃん。衣装ってどうやったら作れるの?」

絵里「衣装?ミシンを使いたいの?」

亜里沙「うん…でも、ちゃんと動いてるみたいなのに全然できてないの」

絵里「これ、糸が掛かってないわよ」

亜里沙「糸?」

絵里「ええ。使わないときは外してるから…糸がないと何も縫えないわ」

亜里沙「Хорошо」

亜里沙(いきなりアイドルの衣装は難しいから、まずは簡単な物を作って練習したほうがいいって)

亜里沙「えへへ。いろいろ買っちゃった♪」

亜里沙(帰って早速練習…ん?)

チリン…

亜里沙「この音…(えっと、なんて言うんだっけ?)」

グルルル

亜里沙(白い子犬?…でも、あれをつけるのは普通…猫さんだよね?)

続きを読む

絵里「一月六日は」穂乃果「色の日♪」

絵里「一月六日は」穂乃果「色の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 03:38:41.95 ID:DtkAiKdX.net
【十二年前】

穂乃果(5歳)「みかちゃん。あそぼ♪」

ミカ(5歳)「いいよ。あそぼー」

穂乃果「こーんなにおっきいの!」

ミカ「えー。うそー」キャッキャ

穂乃果「ほんとだよー。ゆきだるまみたいなの♪」ペタペタ

ヒデコ(5歳)「なにつくるのー?」

フミコ(5歳)「ふみもやるー♪」

穂乃果「おもち!あのね、おっきいのと、ちゅうくらいのと、みかんがのってるの!」

ミカ「みんなでつくろー♪」

穂乃果「えーと、うーんと…あなた、だあれ?」

ヒデコ「ひーはヒデコだよ」

フミコ「ふみはフミコ!」

穂乃果「ひーちゃんと、ふみちゃん?」

ヒデフミ「うん」

穂乃果「じゃあ、ほのかがおっきいおもちでしょ。みかちゃんがみかんで、えっと…ふーちゃんと、ひみこちゃん…?」

フミコ「ひーちゃんはヒデコちゃんだよ」

ヒデコ「フミコちゃんは、ふみちゃん」

穂乃果「ひーちゃんとふみちゃんは、ちゅうくらいのおもちつくってね」

ヒデフミ「はーい♪」

ほのヒフミ「…」ペタペタ

穂乃果「あれー?…みかちゃん、それなに?」

ミカ「みかん」

ヒデコ「まっくろだよ」

フミコ「みかんはオネンジいろでしょ?」

ヒデコ「おもちはしろだよね」

フミコ「うん。しろいの」

ミカ「まっくろだよー?」

穂乃果「もー!すなあそびだからいいの!」

ヒフミ「まっくろー♪」キャッキャ

続きを読む

穂乃果「一月四日は」花陽「石の日♪」

穂乃果「一月四日は」花陽「石の日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 00:02:16.26 ID:KvfR26+N.net
【五年前・春】

\♪コボレーソーナー ユメノーハーテ/

花陽(お石様かぁ…静岡の神社には本当にあんな石があったりするのかな?)

花陽(小6)「ねえ、凛ちゃん…って寝ちゃったのぉ!?」

凛(小6)「…」Zzz

花陽(凛ちゃんは凛子ちゃんには全然似てないよね。どっちかっていうと夏海ちゃんかなぁ。ふふふ)

花陽(空を飛べたりする不思議な石…もし本当にそんなことができたら…)

凛「凛…知ってるよ…」ムニャムニャ

花陽「えっ。…凛ちゃん?」

凛「…」スー

花陽(なんだ、寝言かぁ…)クス

『凛知ってるよ。かよちんは、アイドルになりたいんだよねー♪』

花陽(そうだね…私は、やっぱりアイドルになりたい…かな)

【高坂家】

穂乃果(中1)「変!」

雪穂(小5)「うるさいなあ…お姉ちゃんには関係ないでしょ」

穂乃果「だって変だもん。雪穂はメガネなんてかけないほうが可愛いよ!」

雪穂「別に可愛くなくていいよ。勉強するときだけなんだから…」

穂乃果「むーっ…」

雪穂「勉強終わったら外すし…っていうか、お姉ちゃん私の彼女じゃないんだからさあ」

穂乃果「じゃあ雪穂は、ほかに好きな女の子がいるの?」

雪穂「いや、いないけど」

穂乃果「本当にー?」

雪穂「いないよ。…ちょっと仲がいい友達くらいならいるけど、お姉ちゃんより好きな人はいない」

穂乃果「…ふーん///」

雪穂「なに照れてんの」クス

穂乃果「て、照れてない!」プクー

雪穂「はいはい」ナデナデ

穂乃果「えへへ。雪穂ー♪」ギュー

穂乃果(最初は気に入らなかったけど、そのうちメガネかけた雪穂も素敵だなって思うようになった)

続きを読む

1 2 3 4 30