「 絢瀬亜里沙 」一覧

穂乃果「神さま・・・」 μ's「もう1度だけ」

穂乃果「神さま・・・」 μ's「もう1度だけ」

2: ナナシ 2019/06/15(土) 09:52:24 ID:pdIAgnfY
~音ノ木坂学園・屋上~

海未「ワンツー・ワンツー」パチパチ

私の名前は園田海未、この音ノ木坂学園に通う高校2年生

私たちは【μ'sというスクールアイドル】を結成し今年の【ラブライブ】で見事優勝を果たした

今私たち【8人は】大晦日のカウントダウン・ラスト・ライブに向けて練習の真っ最中

海未「花陽ステップが遅れていますよ」

花陽「す、すみません」ヨロヨロ

海未「凛は速すぎます。もう少し周りに合わせて」

凛「りょ、了解だにゃ」

海未「【穂乃果】バてるのはまだ早いですよ・・・あ」

続きを読む

絵里「寸劇!不思議の国のアリス」

絵里「寸劇!不思議の国のアリス」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/04(火) 23:45:39.98 ID:n8U11W0ZO
ある日の昼下がり。アリスはお姉さんと一緒に本を読んでいましたがスッカリ飽きてしまいお姉さんの目を盗んで川のほとりでくつろいでいました。

絵里「あ~あ~本を読むのも飽きちゃったな~」

亜里沙「アリスー?アリスーー?どこに行ったの?」

絵里「わっ!?お姉ちゃんが私の事を探してる。って言うか…なんで亜里沙が私の姉役なのよ…。悪意を感じるわ」

その時、チョッキを着て大きな懐中時計を持ったウサギが走っているのを見つけました。

海未「大変です。遅刻…このままでは遅刻です。女王様に叱られてしまいます」

絵里「どうしたのかしら?気になるわ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1559659539

続きを読む

亜里沙「お姉ちゃんただいまー」  ガタッガタンッ!

亜里沙「お姉ちゃんただいまー」 ガタッガタンッ!

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/06/07(金) 13:52:58.16 ID:FGT+B2xt
亜里沙「……?」

海未「お、おかえりなさい亜里沙」

亜里沙「えっ!?う、海未さん!?どうして家に!?」

亜里沙「というより海未さん、今日は部活に出てませんでしたよね?」

海未「そ、それは……」

絵里「あんまり海未を困らせないの。この子も行きたい大学のために勉強も頑張らないといけないんだから」

亜里沙「お姉ちゃん」

絵里「海未が勉強見てほしいって言うから部屋に呼んでたのよ。ね?海未」

海未「あ……は、はいっ」

絵里「これから受験期でもっと忙しくなるんだから、亜里沙も部活であんまり頼りっきりじゃダメよ?」

亜里沙「わ、わかってるから」

絵里「集中したいから、私たちのことは気にしないで。もしかしたら海未もいっしょに晩御飯食べてくれるかもしれないわよ?」

亜里沙「えっ!?ほ、ホントですか?」

海未「お二人が迷惑しないのであれば、ぜひご一緒させてください」

亜里沙「やったーーー!!じゃあ今日は亜里沙がご飯作るね!」

絵里「作ってもいいけど8時までにはリビングに出てくるから呼ばないで頂戴ね」

亜里沙「?なんで?」

絵里「……集中したいから」

亜里沙「そっか。それじゃあ頑張ってくださいね、海未さん!」

海未「ありがとうございます、亜里沙」

絵里「海未、そろそろ続きしないと時間がもったいないわ」クイ

海未「んっ」

海未「は、はいっ。それでは亜里沙、また後ほど」

バタン


亜里沙(よーし、海未さんのために今日は頑張ろう!)

亜里沙「~♪」



ギシッギシッギシッ

続きを読む

千歌「ポケットモンスターAqours!」

千歌「ポケットモンスターAqours!」

1: ◆tdNJrUZxQg 2019/04/28(日) 12:20:53.81 ID:WoQi+oWD0
......prrrr

......prrrrrr

pi!!


 「あーあーテステス……これ繋がってるのかしら?」

 「……ん、よし大丈夫そうね」

 「Hi ! こんにちわ! 見えてるということは、あなたが今度旅立つ新人Trainerさんね」

 「え? なに? どうしたの、キルリア? ……ああ、名乗るのを忘れていたわ」

 「わたしは鞠莉。あなたの住むウラノホシタウンの外れの島──アワシマに研究所を構えるポケモン博士よ! って、言ってもまだ新人博士なんだけどね」

鞠莉「この世界にはポケットモンスター──通称ポケモンと呼ばれる生き物たちが草むら、洞窟、空、海……至るところにいて、わたしたちはポケモンの力を借りたり、助け合ったり、ときにポケモントレーナーとして、ポケモンを戦わせ競い合ったりする」

鞠莉「わたしはここオトノキ地方で、そんなポケモンと“どうぐ”の関わり合いについて研究しているの。ただ、まだまだ新人のせいもあってか、余りフィールドワークの情報が足りてなくてね……」

 「キルキルゥー!!」

鞠莉「って今度は何、キルリア……? ……わたしの話は後でいい? 確かにそれもそうね……それじゃあ、とりあえず、あなたの名前を教えてくれるかしら?」


…………


鞠莉「Hm...Your name is CHIKA。千歌、いい名前ね」

鞠莉「それじゃ千歌。研究所で待っているから、また後で──」


【ウラノホシタウン】
 口================= 口
  ||.  |⊂⊃                 _回../||
  ||.  |o|_____.    回     | ⊂⊃|  ||
  ||.  回____  |    | |     |__|  ̄   ||
  ||.  | |       回 __| |__/ :     ||
  ||. ⊂⊃      | ○        |‥・     ||
  ||.  | |.      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ||
  ||.  | |.      | |           |     ||
  ||.  | |____| |____    /      ||
  ||.  | ____ 回__o_.回‥‥‥ :o  ||
  ||.  | |      | |  _.    /      :   ||
  ||.  回     . |_回o |     |        :   ||
  ||.  | |          ̄    |.       :   ||
  ||.  | |        .__    \      :  .||
  ||.  | ○._  __|⊂⊃|___|.    :  .||
  ||.  |___回○__.回_  _|‥‥‥:  .||
  ||.      /.         回 .|     回  ||
  ||.   _/       o‥| |  |        ||
  ||.  /             | |  |        ||
  ||./              o●/         ||
 口=================口






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1556421653

続きを読む

穂乃果「焼肉の作法」

穂乃果「焼肉の作法」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/21(日) 17:49:40.25 ID:KrIjb+rW0
じゅー じゅー

真姫ママ「はい、どうぞ。召し上がって」

こんな緊張して焼肉を食べるのは初めてだ。

絵里「あ、ありがとうございます」

穂乃果「ございます」

真姫「何かしこまってるのよ。普通でいいのよ、普通で」

穂乃果「う、うん」

じゅ~

真姫パパ「真姫は学校ではどんな感じなのかな?」

真姫「ちょっとパパ。余計な事聞かないでよ。って二人共?」

考えが甘かった。この汗は焼肉の熱気によるものなのか…それとも緊張からくるものなのか…。

真姫「凄い汗…大丈夫?」

誰か…誰か助けてぇぇぇぇ。

続きを読む

絵里「先輩禁止よ♪」香澄「ぅえりちゃん!!」

絵里「先輩禁止よ♪」香澄「ぅえりちゃん!!」

2: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:53:13.74 ID:YCm83nNW
 

【市ヶ谷家 蔵】


沙綾「ふぅ…そろそろ休憩にしよっか?」

りみ「あ、もうこんな時間…そうだね」

たえ「やっぱり皆で演奏してると時間が経つのが早い。あっという間」

香澄「そうだね~! 練習すればするほど息が合っていく感じだし、楽しい♪」

沙綾「一人で練習してるのと五人で合わせるのじゃ全然違うもんね」

りみ「うん…♪ 沙綾ちゃんの音を聞きながら弾いてると安心感があるんだ…♪」

沙綾「え、ええ? そうかなぁ?」

たえ「うんうん。沙綾のドラムって凄いリズム感いいし、音もパワフルだから安心するよ」

香澄「分かる分かるー♪ 弾くの失敗しちゃっても沙綾がいてくれたら大丈夫というかー♪」

りみ「それは…どうかなぁ…」アハハ

続きを読む

海未「にこ…私宛にこのような写真(にこちゃんがクンニしてる)が送られてきたのですが」にこ「それは…」

海未「にこ…私宛にこのような写真(にこちゃんがクンニしてる)が送られてきたのですが」にこ「それは…」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2019/03/02(土) 17:06:19.76 ID:9R9B04nf
海未「にこ…あなたやはり」

にこ「…すれば、いいんでしょ…」ボソッ

海未「え?」

にこ「やればいいんでしょ!!良いわよ!!やってやるわよ!さあ、脱ぎなさいよ!」

海未「に、にこ!?一体何を!?」

続きを読む

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第三話

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第三話

2: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/17(日) 14:27:26.35 ID:xq8E5Q4r
 

カチャカチャ…


雪穂「えっと…最初に金属を伸ばして、鍵穴に入れた後で形を変えていく…」

ことり「そうだよぉ、いい感じいい感じ♪」

雪穂「ここから…右と下の空間を触った感じで鍵の種類を探知して…」

ことり「うんうん。パターンは?」

雪穂「えっと…H、かなぁ?」

ことり「せいかぁい♪ だいぶ早くなってきたんじゃない?」

雪穂「えへへ…///」

続きを読む

ことり「今日から音の木坂保育園で勤務です♪」

ことり「今日から音の木坂保育園で勤務です♪」

2: シティごりら 2018/10/01(月) 22:46:28 ID:SuYTylHU
「初出勤」

理事長(園長)「ことり、今日からあなたもこの音の木坂保育園の先生として頑張ってね」

ことり「はい!頑張ります!」

理事長(園長)「あと私のことここの保育園では園長じゃなくて理事長だからそう私のことは呼んでね」

理事長「間違えてもお母さんって言っちゃダメよ」

ことり「わかりました理事長先生♪」

続きを読む

絵里「私のやりたいこと」

絵里「私のやりたいこと」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2019/01/05(土) 00:44:29.74 ID:g1EfbnKL
絵里「…っ!!」

絵里「はぁ…はぁ…また、この夢……」

絵里(最近、昔の夢をよく見る気がする)

絵里(こんな事、思い出したくないのに…)

絵里(でも、なんでこんな夢を見るのかは分かる)

絵里(それもこれも全部)



――あの子達のせいだ

続きを読む

1 2 3 4 76