「 絵里祖母 」一覧

希「八月十五日は」ヒデコ「刺身」凛「お魚キライ!」真姫「検査よ」ことり「ちゅんちゅん♪」

希「八月十五日は」ヒデコ「刺身」凛「お魚キライ!」真姫「検査よ」ことり「ちゅんちゅん♪」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/22(火) 19:04:10.82 ID:ZfAjp5G2K.net
ヒデコ「やっと釣れたよ!特大のシーバス!」

穂乃果「1メートル以上あるよね!?すごい!」

真姫「じゃあ、まずは記念撮影ね」

にこ「はい、にっこにっこにー!」

パシャ

花陽(ヒデコ先輩が趣味の釣りで大物をゲットしたよ)

凛「市バス?」

にこ「シーバスでしょ」

凛「シーバスってなにー?」

ヒデコ「これはスズキっていう魚だよ。もともとは海外でスズキに似た別の魚をシーバスって呼んでて、本来はスズキ=シーバスってわけじゃないんだけど、釣り業界ではスズキをシーバスって呼ぶのが定着しちゃってるんだ」

凛「ややこしいにゃ」

海未「紫陽花と同じですね。確か本来、紫陽花と書くのはアジサイとは違う別の花だったのを昔誰かが誤訳して以来、日本ではアジサイになってしまったという…」

ヒデコ「まあ、それはともかく…新鮮なスズキは刺身が一番美味しいから早速さばくよ。みんな食べて♪」

凛(お魚かぁ…)

真姫「…」ジーッ

穂乃果「真姫ちゃん?どうしたの?難しい顔して…」

真姫「いや、何でもないわ(…大丈夫みたいね)」

絵里「スズキっていうのね。私、初めて食べるかも…」

希「まあ、釣りではポピュラーな割に食卓ではマイナーだよね」

フミコ「釣りはするけどお料理はできない人が多いのかなぁ?」

凛(…凛、昔からお魚は苦手なんだよねー。小骨があったり、鱗があったり、はらわたが苦かったり、生臭かったりするし…)

真姫「…」モグモグ

亜里沙「Хорошо♪」

ことり「美味しいよ。凛ちゃんは食べないの?」

花陽「鱗も小骨も残ってないみたいだよ。新鮮だから生臭くないし」

凛「じゃ、じゃあ…ひと口だけ」

雪穂「この醤油、高いだけあって美味しいよね」

にこ「わさびも根っこをすりおろして使ってるし、かなり贅沢よ」

凛(お醤油をつけて、わさびをちょっとのせて…)

パク VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

絵里「八月十日は道n」亜里沙「夏休みだから」雪穂「お姉ちゃんに会いに行く!」穂乃果「…来ないで」ミカ「宿…あ、あれ?」

絵里「八月十日は道n」亜里沙「夏休みだから」雪穂「お姉ちゃんに会いに行く!」穂乃果「…来ないで」ミカ「宿…あ、あれ?」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/17(木) 19:12:19.46 ID:AOXMKp4iK.net
亜里沙(お姉ちゃんが住んでる東の島国へ行くの。早くお姉ちゃんに会いたいな♪)

祖母「亜里沙。一人旅は危険だから、町で護衛を雇って連れて行きなさい」

亜里沙「町へ行くの?楽しみ!」

祖母「ふふふ。無駄遣いしちゃダメよ?」

亜里沙「はーい!」

亜里沙(村の南西に町があるの。あまり大きな町じゃなくて、村のほうが広いくらいだけど…それでも村にはないお店がいろいろあるし♪)

【町】

亜里沙(あっという間に着いちゃった…なんだかいい匂いがする)クンクン

穂乃果「おだんご、いかがですかー!」

亜里沙「オダンゴ?…ドミンゴ・グスマンと小田幸平のバッテリー?」

穂乃果「違うよ。…っていうか、そんな試合あったっけ?」

亜里沙「古すぎてわかりません…」

穂乃果「アハハ。だよね…十年以上も前だもん」

亜里沙「古いですか?」

穂乃果「おだんごは古くないよ。できたてホヤホヤ!」

亜里沙「じゃあください♪」

穂乃果「はい、毎度ー♪」

亜里沙「柔らかくて美味しい♪…これ、どこの国の料理ですか?」

穂乃果「日本だよ。私、日本から来たんだ」

亜里沙「ニッポン…って、東の島国!?」

穂乃果「そうだけど…」

亜里沙(穂乃果さんを連れて行くことにしたよ♪)

穂乃果「そっか。道案内は任せてよ♪」

亜里沙(島へ渡るには、街道を東へ進んで大陸の端まで行かなくちゃ)

穂乃果「ぼくらの、道があるー♪」

\レッツゴー!ドゥー!/ VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む

絵里「八月」亜里沙「四日は」雪穂「箸の日?」穂乃果「橋の日!」

絵里「八月」亜里沙「四日は」雪穂「箸の日?」穂乃果「橋の日!」

1: 名無しで叶える物語 2017/08/05(土) 18:17:13.17 ID:PLNQokfT.net
【十二年前】

絵里(5歳)「スーシー?」

祖母「そう。お寿司よ」

絵里「わあー!заводみたい♪このスシ、ぜんぶたべられるのー?」キャッキャ

祖母「食べきれる分だけね。ほかのお客さんもいるんだから」

絵里「はーい!」

祖母「はい、お茶。熱いから気をつけてね」

絵里「おはし!ほんでみたことある!」

祖母「そうね。これは割り箸」

絵里「ニッポンのオースーシーは、おはしでたべるのー?」

祖母「手で食べられる物もあるけど、お箸を使ったほうが衛生的ね」

絵里「えいせい?」

祖母「手が汚れないでしょ?」

絵里「そっか。エリチカ、おはしでたべる!」

祖母「ふふふ。じゃあ注文しましょうか…エリーチカ、何食べたい?」

絵里「えーと、えーと…креветка!」

続きを読む

闇金西木野くん

闇金西木野くん

1: 放課後のμ's 2017/07/11(火) 17:56:56.04
女性には2つの顔がある


   表の顔と、裏の顔。

続きを読む

穂乃果「七月十日は」真姫「納豆の日?」

穂乃果「七月十日は」真姫「納豆の日?」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 01:08:26.06 ID:VOkwLhzJ.net
【十二年前】

絵里(5歳)「おばあさま。これなに?」

祖母「これは納豆。大豆から作る発酵食品で、体にいいんですって」

絵里「エリチカ、たべられる…?」

祖母「もちろんよ。日本人はみんな納豆が好きなのよ♪」
※個人の感想です

絵里「…」クンクン

絵里「ヘンなニオイ…」

祖母「ふふふ。そうね。発酵してるから、チーズや漬物みたいに…」

絵里「そっか。チーズ…」

祖母「お箸でよくかきまぜるとネバネバになるのよ」

絵里「こう…?」マゼマゼ

ネバー

絵里「わー。おもしろーい♪」キャッキャ

絵里「いただきます」パク

絵里「…?」モグモグ

祖母「おいしい?」

絵里「んー。エリチカ、チーズのほうがすき!」

絵里(苦手な海苔と梅干しに比べて、味や食感のインパクトはそれほどでもなく…ネバネバ糸をひくのが面白くて、すぐに納豆が好きになった)

【十一年前】

穂乃果(5歳)「こっち!」

ほの母「え?…でも国産大豆のほうが美味しいわよ。少し高いけど…」

穂乃果「それ、よっつはいってないもん!おとうさんの!」

雪穂(3歳)「いち、に、さん…よん!」

ほの母「穂乃果、雪穂…ふふふ」ナデナデ

穂乃果「えへへ」ギュー

雪穂「えへー♪」キャッキャ

ほの母(数を数えることを覚えて、納豆に4パック入りの商品があることを知ると、いつもそれを選ぼうとする…中身は分けられるんだから、ぴったり割り切れる必要はないんだけど)クス

続きを読む

穂乃果「毎月21日は」絵里「漬物の日?」亜里沙「6月21日は…」

穂乃果「毎月21日は」絵里「漬物の日?」亜里沙「6月21日は…」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 00:02:39.69 ID:sY1u+JKY.net
【十一年前・高坂家】

穂乃果(5歳)「…」クンクン

ほの母「おいしい♪」パリポリ

穂乃果「うえぇ…」オエッ

ほの母「ん、どうしたの穂乃果?」

穂乃果「このきゅうり、ヘンなにおい…」

雪穂(3歳)「くさい」

ほの母「ぬか漬けだからね。においを嗅がないで食べれば美味しいでしょ?」

穂乃果(小さい頃は漬物なんて好きじゃなかったなぁ…大人の食べ物って感じがするよね)

【十年前】

絵里(小2)「おばあさま。このピンクの、なに?キレイ♪」

祖母「漬物よ。ピクルスみたいな物ね」

絵里「へー」パク

パリポリ

絵里(おいしいような、そうでもないような…でも色がキレイだから好き♪)

【九年前】

あんじゅ(小3)「希ちゃんって…」ジーッ

希(小3)「んー?」モグモグ

あんじゅ「ナスみたいな色してるわよね♪」

希「な、なす!?」

あんじゅ「私、ナスのおつけものって好きよ♪」

希「まあ、ウチも好きやけど…」

あんじゅ「おいしい♪」モグモグ

希(ナスの漬物って噛むとキュッて音がするっていうか、独特の食感があるよね)

続きを読む

絵里「六月十二日は」穂乃果「ロシアの日!?」

絵里「六月十二日は」穂乃果「ロシアの日!?」

1: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 01:14:57.04 ID:6quaxHMn.net
『エリーチカ』

絵里「はい。おばあさま」

『ロシアへ帰ってきなさい』

絵里「五月に五連休があります。そのときに亜里沙を連れて行こうと思っています」

『いいえ。来るのではなく、帰りなさいと言っているのよ』

絵里「そ、それは…どういう」

『音ノ木坂学院は年々、生徒が減っているそうね?』

絵里「はい…でも」

『このままでは亜里沙が高校生になる前に、音ノ木坂がなくなってしまうわ』

絵里「私もそのことは心配しています…ですが」

『だから、そうなる前にロシアへ帰っていらっしゃい。亜里沙にはロシアの高校を受験させるわ』

絵里「そ、そんな…せっかく」

『なあに?』

絵里「亜里沙は日本で、やっと友達ができたんです…日本のことを少しずつ勉強して、日本を好きになって…」

『亜里沙は賢くて優しい子。お友達ならロシアでもできるわ』

絵里「でも…!」

『ロシアには帰りたくない?』

絵里「ロシアが嫌なわけじゃないんです。ただ、私たちは日本が好きで…友達もいるし、まだ日本に居たいと思っています」

『そう…わかったわ。どうしても帰りたくないなら、あなたにひとつ宿題を出しましょう』

絵里「…宿題?」

【四月】

絵里「ねえ。ちょっといい?」

ことほのうみ「はい!」

穂乃果「…誰?」ヒソヒソ

海未「生徒会長ですよ」

絵里(高坂穂乃果。創業三百年という老舗和菓子店の娘。地元愛がとても強い)

絵里(園田海未。日本舞踊の家元の娘。弓道部。和風好みで古風な大和撫子)

絵里(この二人はダメね。…となると)

ことり「?」

続きを読む

希「六月」穂乃果「六日は」絵里「梅の日!?」プルプル

希「六月」穂乃果「六日は」絵里「梅の日!?」プルプル

1: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 23:46:51.81 ID:fd682k4m.net
【十二年前】

絵里(5歳)「おばあさま。これなに?」

祖母「おむすびよ。日本ではみんなこれを作って食べるの。とっても美味しいのよ♪」

絵里「ふーん…たべていい?」

祖母「どうぞ。エリーチカのために作ったんだから♪」

絵里「Приятного аппетита♪」パク

絵里「…」モグモグ

祖母「おいしい?」

絵里「!?(…なにこれ)」

祖母「エリーチカ?…どうしたの?」

絵里(すっぱいような、しょっぱいような…ものすごくヘンなあじのなにかがはいってる)プルプル

絵里(このとき私を戦慄させた味の正体は、初めて食べた梅干しだった。そして口の中にいつまでも残る海苔…今でも私は、この二つが苦手)

【十一年前・高坂家】

希(小1)「こんにちは。おじゃまします」

穂乃果(5歳)「のぞみちゃん。いらっしゃい♪」

雪穂(3歳)「のぞみちゃん」キャッキャ

希(ほのかちゃんちは、わがしやさん。でも、おいしいのはおかしだけやないんよ)

ほの母「おにぎり作ったの。よかったら食べて♪」

希「ありがと。きぃちゃん」

きぃのぞほのゆき「いただきます♪」

穂乃果「ツナマヨおいしい♪」モグモグ

雪穂「うめぼし」モグモグ

希「きぃちゃんちのうめぼし、いつもおいしい♪」モグモグ

ほの母「おばあちゃんのおばあちゃん…もしかしたらもっと古いご先祖様から、ずっと受け継いできた味なの。私も大好き♪」

希(甘みの少ない、すっぱくてしょっぱい昔ながらの梅干し。今でも、これがウチの密かな楽しみなん♪)

続きを読む

ツバサ「五月」にこ「八日は」穂乃果「ゴーヤーの日…」

ツバサ「五月」にこ「八日は」穂乃果「ゴーヤーの日…」

1: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 00:07:53.78 ID:umRrSXYc.net
【十一年前】

穂乃果(汗ばむ初夏のある日…それは南の島からやって来た)

穂乃果(5歳)「わー。これなに?きょーりゅー?」キラキラ

雪穂(3歳)「かいじゅう?」

ほの母「違うわよ。これはゴーヤー」

穂乃果「おもしろーい♪」キャッキャ

穂乃果(まだ小さかった私は、その恐ろしさを知らなかった…無数の突起に覆われた緑色の憎い奴!そう、その名はゴーヤー!)

穂乃果「にがーい」ペッ

雪穂「まずい」

ほの母「まだ穂乃果と雪穂には早かったかしら…私は結構好きなんだけど」パク

ほの父「…」シャキシャキ

【十年前】

絵里(小2)「お、おばあさま…なんかヘンなのいる!」フルフル

祖母「それはゴーヤー。お野菜よ」

絵里「овощи?」

祖母「そう。お野菜」

絵里「たべられるの…?」

祖母「んー。エリーチカにはまだちょっと早いかしら?」

絵里「エリチカ、たべられない…?」

祖母「そんなことないわよ。じゃあ、お料理してあげる♪」

ザクッ トトトトン

祖母「えーと、切ったらアク抜きをして…」

ジュー ガシャシャ

祖母「はい、できたわ♪」

絵里「わー♪これ、なんていうお料理?」

祖母「ゴーヤーチャンプルーっていうんですって」

絵里「いただきます♪」

祖母「熱いからふーふーってして、ゆっくりね」

絵里「…」ハフハフ

続きを読む

海未「暇なので>>2を>>3します」

海未「暇なので>>2を>>3します」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 22:31:05.58 ID:9I1v4AFR.net
どうぞ
エロは書けないよ

続きを読む

1 2
スポンサーリンク