「 綺羅ツバサ 」一覧

千歌「ポケットモンスターAqours!」

千歌「ポケットモンスターAqours!」

1: ◆tdNJrUZxQg 2019/04/28(日) 12:20:53.81 ID:WoQi+oWD0
......prrrr

......prrrrrr

pi!!


 「あーあーテステス……これ繋がってるのかしら?」

 「……ん、よし大丈夫そうね」

 「Hi ! こんにちわ! 見えてるということは、あなたが今度旅立つ新人Trainerさんね」

 「え? なに? どうしたの、キルリア? ……ああ、名乗るのを忘れていたわ」

 「わたしは鞠莉。あなたの住むウラノホシタウンの外れの島──アワシマに研究所を構えるポケモン博士よ! って、言ってもまだ新人博士なんだけどね」

鞠莉「この世界にはポケットモンスター──通称ポケモンと呼ばれる生き物たちが草むら、洞窟、空、海……至るところにいて、わたしたちはポケモンの力を借りたり、助け合ったり、ときにポケモントレーナーとして、ポケモンを戦わせ競い合ったりする」

鞠莉「わたしはここオトノキ地方で、そんなポケモンと“どうぐ”の関わり合いについて研究しているの。ただ、まだまだ新人のせいもあってか、余りフィールドワークの情報が足りてなくてね……」

 「キルキルゥー!!」

鞠莉「って今度は何、キルリア……? ……わたしの話は後でいい? 確かにそれもそうね……それじゃあ、とりあえず、あなたの名前を教えてくれるかしら?」


…………


鞠莉「Hm...Your name is CHIKA。千歌、いい名前ね」

鞠莉「それじゃ千歌。研究所で待っているから、また後で──」


【ウラノホシタウン】
 口================= 口
  ||.  |⊂⊃                 _回../||
  ||.  |o|_____.    回     | ⊂⊃|  ||
  ||.  回____  |    | |     |__|  ̄   ||
  ||.  | |       回 __| |__/ :     ||
  ||. ⊂⊃      | ○        |‥・     ||
  ||.  | |.      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ||
  ||.  | |.      | |           |     ||
  ||.  | |____| |____    /      ||
  ||.  | ____ 回__o_.回‥‥‥ :o  ||
  ||.  | |      | |  _.    /      :   ||
  ||.  回     . |_回o |     |        :   ||
  ||.  | |          ̄    |.       :   ||
  ||.  | |        .__    \      :  .||
  ||.  | ○._  __|⊂⊃|___|.    :  .||
  ||.  |___回○__.回_  _|‥‥‥:  .||
  ||.      /.         回 .|     回  ||
  ||.   _/       o‥| |  |        ||
  ||.  /             | |  |        ||
  ||./              o●/         ||
 口=================口






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1556421653

続きを読む

ダイヤ「……しないと出られない部屋……破廉恥ですわ!!」

ダイヤ「……しないと出られない部屋……破廉恥ですわ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/19(火) 15:43:25 ID:X9gDVj/6
『エッチしなければこの部屋から脱出することはできない』


ダイヤ「なななな……何ですかこれは!!」

ダイヤ「破廉恥ですわ!!」

ダイヤ「何とかして他の方法を探さなければいけませんわね」

続きを読む

A-RISEという偶像2

A-RISEという偶像2

2: ◆HUg149YDMA 2019/03/13(水) 03:03:44.83 ID:eBxgQwMI0
卒業ライブという一大イベントを終え、私たちは燃え尽きていた・・・。

「ねぇ英玲奈・・・。ちょっと呆けすぎじゃない?」

そう言う、あんじゅの声にも全く覇気がない。

「今は英気を養う時なんだ・・・。」

英玲奈は虚ろな目でどこか虚空を見つめている。

リーダーとして、ここは二人に発破をかけなければいけない、とは思っていても心身が言う事を聞かなかった。

続きを読む

にこ「意外なコーヒーとの食べ合わせ」

にこ「意外なコーヒーとの食べ合わせ」

1: 名無しで叶える物語(公衆) 2019/03/15(金) 17:09:57.29 ID:iORHy19c
ズズ…


にこ「…」


にこ「…今日のコーヒー、苦味が中々強めね」


にこ「それでいてコクもあるわ」


にこ「美味しい…」

続きを読む

絵里「いい?正直に言うのよ?」

絵里「いい?正直に言うのよ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 23:59:53.32 ID:Yfu9w+Dg0
絵里「で、その時気付いたのよ。これ、チョコレートじゃなくておもちゃだって」

凛「…そうなんだ」

絵里「うん。あれ?面白くない?希が話すと毎回ウケるのに…」

穂乃果「だってその話前にも聞いたもん。希ちゃんから」

絵里「ああ…そうよね…」

凛「はあ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550933992

続きを読む

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第三話

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第三話

2: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/17(日) 14:27:26.35 ID:xq8E5Q4r
 

カチャカチャ…


雪穂「えっと…最初に金属を伸ばして、鍵穴に入れた後で形を変えていく…」

ことり「そうだよぉ、いい感じいい感じ♪」

雪穂「ここから…右と下の空間を触った感じで鍵の種類を探知して…」

ことり「うんうん。パターンは?」

雪穂「えっと…H、かなぁ?」

ことり「せいかぁい♪ だいぶ早くなってきたんじゃない?」

雪穂「えへへ…///」

続きを読む

にこ「泣くんじゃないわよ……アイドルでしょ?」凛「だっでに゛ごぢゃん゛ん!!」

にこ「泣くんじゃないわよ……アイドルでしょ?」凛「だっでに゛ごぢゃん゛ん!!」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/01/08(火) 23:13:03.37 ID:eb4ajWlL
~空き教室~

希「はあ……補習つらいわ……」

先生(女教師)「いつも授業中寝てるからだぞ」


先生「これに懲りたらしっかり授業を受けるんだ」

希「先生…………たまに落書きもしてます!」キリッ

先生「お前、全然反省してないだろ東條」


希「あっ!そうだ!」

先生「急にどうした?」


希「あ~あ~!!胸が大きいから肩凝るなー!!」

希「胸が大きいからぁー!! 胸がぁー!!」

先生「いきなり大きい声で何を言ってるんだ」


???「待てぇぇえぇええぇぇえええぇえええぇぇええぇぇええええいい!!」

続きを読む

にこ「Loveless World」

にこ「Loveless World」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/12/17(月) 22:18:18.53 ID:QjbTf5ue
西暦1995年3月20日、地下鉄テロ事件。

その10日後、午前8:31分。
自宅マンションを出た警察庁長官が何者かによって銃撃され、3発被弾。幸いにも命は留めたものの、まさしく九死に一生を得たといったところであった。
警察公安部は前述の地下鉄テロ事件を起こした教団による警察への報復と判断し、捜査を進める。そして翌年、1996年6月。

容疑者の1人が犯行を自供するも、彼は教団の在家信者であり、現職の警察官でもあった。一連の教団による事件の中で、判断ミスにより被害者を増やし信用を失墜しかけていた警察はこの自供を隠蔽。
秘密裏に捜査を進めてから約2ヶ月が経っていた。
そして、1996年8月6日。

続きを読む

穂乃果「異能で廃校を救うよっ!」

穂乃果「異能で廃校を救うよっ!」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/12/15(土) 01:07:08.00 ID:G7Wtb/cy
単調に降り続ける雨の中で、その調和を乱すように不規則に動く二つの人影。
暴力的ではあるがテンポの変わらない雨音に混じり、二つの人影のバシャリと水場を踏む足音がアクセントを生む


「…そろそろ良いかしら」

『は…何が?』


そう問う雨水に濡れた、まるで作り物とは思えない猫耳を付けた女と対峙しているのは、水色の仮面をつけたブロンドの少女


「…終わらせてあげる」ピチャ…


仮面をつけた少女はしびれを切らしたのか、腰をかがめて水たまりへと手をついた
深夜の秋葉原,大通りから2、3本外れた人気のない寂れた裏路地。
夜道のアスファルトは雨水に濡れ、道端に出来た水溜まりの波紋は、微かな街頭の光によって広がっていく様を照らし出される。

上空では陰鬱とした雨雲が集まり、ビルの間で乱雑な音を立てて激しく降っているのは雨。


『このっ…』


暗闇の中で時々ちらりと光を反射して見えるのは、氷でできた刃と鋭利な爪
そこからは刃物が互いにぶつかり合う音が聞こえてくる


「当たらないわぁ」

『はあぁっ!』

「…その程度なの?」シュッ

『こいつっ…』バシャッ


すると…地面についた手を中心にし、一瞬にして地表が冷気で包まれていく

続きを読む

絵里「かいとうだんはじめました」

絵里「かいとうだんはじめました」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:55:17.05 ID:mf5Dno1q
「今日は?」

「今日はここのお宝をいただこうかと思ってるわ」

「下調べはちゃんとしてあるの?」

「もちろん万全よ」

「成程、たしかにこいつは悪徳なやつみたいね」

「まぁ、私達もいい人じゃないけどね」

「お留守番よろしくね」

「ヴェ!?また私!?」

続きを読む

1 2 3 4 52