「 綺羅ツバサ 」一覧

にこ「泣くんじゃないわよ……アイドルでしょ?」凛「だっでに゛ごぢゃん゛ん!!」

にこ「泣くんじゃないわよ……アイドルでしょ?」凛「だっでに゛ごぢゃん゛ん!!」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2019/01/08(火) 23:13:03.37 ID:eb4ajWlL
~空き教室~

希「はあ……補習つらいわ……」

先生(女教師)「いつも授業中寝てるからだぞ」


先生「これに懲りたらしっかり授業を受けるんだ」

希「先生…………たまに落書きもしてます!」キリッ

先生「お前、全然反省してないだろ東條」


希「あっ!そうだ!」

先生「急にどうした?」


希「あ~あ~!!胸が大きいから肩凝るなー!!」

希「胸が大きいからぁー!! 胸がぁー!!」

先生「いきなり大きい声で何を言ってるんだ」


???「待てぇぇえぇええぇぇえええぇえええぇぇええぇぇええええいい!!」

続きを読む

にこ「Loveless World」

にこ「Loveless World」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/12/17(月) 22:18:18.53 ID:QjbTf5ue
西暦1995年3月20日、地下鉄テロ事件。

その10日後、午前8:31分。
自宅マンションを出た警察庁長官が何者かによって銃撃され、3発被弾。幸いにも命は留めたものの、まさしく九死に一生を得たといったところであった。
警察公安部は前述の地下鉄テロ事件を起こした教団による警察への報復と判断し、捜査を進める。そして翌年、1996年6月。

容疑者の1人が犯行を自供するも、彼は教団の在家信者であり、現職の警察官でもあった。一連の教団による事件の中で、判断ミスにより被害者を増やし信用を失墜しかけていた警察はこの自供を隠蔽。
秘密裏に捜査を進めてから約2ヶ月が経っていた。
そして、1996年8月6日。

続きを読む

穂乃果「異能で廃校を救うよっ!」

穂乃果「異能で廃校を救うよっ!」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/12/15(土) 01:07:08.00 ID:G7Wtb/cy
単調に降り続ける雨の中で、その調和を乱すように不規則に動く二つの人影。
暴力的ではあるがテンポの変わらない雨音に混じり、二つの人影のバシャリと水場を踏む足音がアクセントを生む


「…そろそろ良いかしら」

『は…何が?』


そう問う雨水に濡れた、まるで作り物とは思えない猫耳を付けた女と対峙しているのは、水色の仮面をつけたブロンドの少女


「…終わらせてあげる」ピチャ…


仮面をつけた少女はしびれを切らしたのか、腰をかがめて水たまりへと手をついた
深夜の秋葉原,大通りから2、3本外れた人気のない寂れた裏路地。
夜道のアスファルトは雨水に濡れ、道端に出来た水溜まりの波紋は、微かな街頭の光によって広がっていく様を照らし出される。

上空では陰鬱とした雨雲が集まり、ビルの間で乱雑な音を立てて激しく降っているのは雨。


『このっ…』


暗闇の中で時々ちらりと光を反射して見えるのは、氷でできた刃と鋭利な爪
そこからは刃物が互いにぶつかり合う音が聞こえてくる


「当たらないわぁ」

『はあぁっ!』

「…その程度なの?」シュッ

『こいつっ…』バシャッ


すると…地面についた手を中心にし、一瞬にして地表が冷気で包まれていく

続きを読む

絵里「かいとうだんはじめました」

絵里「かいとうだんはじめました」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:55:17.05 ID:mf5Dno1q
「今日は?」

「今日はここのお宝をいただこうかと思ってるわ」

「下調べはちゃんとしてあるの?」

「もちろん万全よ」

「成程、たしかにこいつは悪徳なやつみたいね」

「まぁ、私達もいい人じゃないけどね」

「お留守番よろしくね」

「ヴェ!?また私!?」

続きを読む

穂乃果「μ'sのラジオ番組!」真姫「スクールアイドル放送局」

穂乃果「μ'sのラジオ番組!」真姫「スクールアイドル放送局」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/01(木) 22:49:34.03 ID:0gRmJbKH0
真姫「こんばんは。μ'sの西木野真姫です」

穂乃果「高坂穂乃果です」

真姫「えっと…」

穂乃果「Hello! This is the μ's radio time "School idol broadcasting station".stay tuned.」

真姫「は?」

穂乃果「FMっぽい感じを出せたらと思って」

真姫「じゃあ、発音を直したら?」

穂乃果「一旦CM!」

続きを読む

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第二話

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第二話

2: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/27(土) 15:19:33.17 ID:w5+e9dvf
 

ピーーーーーーーー!!


海未「怪盗ですっ! 怪盗がでましたよぉ―――――!!」

穂乃果「μ's!? μ'sが来たの!?」

凛「わかんないにゃ! 早く行って見るにゃ!」

海未「こら貴方達! 仕事なんですよ! 捕まえに行くんですよ!!」

続きを読む

にこ「さて、今日も練習初め 凛「3ポイントシュートの練習でもするにゃ」

にこ「さて、今日も練習初め 凛「3ポイントシュートの練習でもするにゃ」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 02:20:42.55 ID:SRXChMmk
にこ「え?」

真姫「私は天鳳打とうかしら」

希「ウチは海未ちゃんとマジックザギャザリングするわ」

海未「私の実物提示甲鱗で瞬殺ですよ」

花陽「花陽はことりちゃんに手伝ってもらってアイマスの同人描くよ」

ことり「武内P×赤羽根P、アイマスといったらこれしかないよね」

穂乃果「寝よ」zzz

絵里「」ガチャ

にこ「…ちょっと絵里、どこ行くのよ」

絵里「いや、ちょっと生徒会室に置いてある大長編ドラえもんを取りに…」



にこ「ちょっとあんたら!!」

続きを読む

穂乃果&ツバサ「聖♡おねえさん」

穂乃果&ツバサ「聖♡おねえさん」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/06(土) 01:42:51.97 ID:OiOvYdPs
「にこ・・・映画見に行くんじゃなかったの?」

「ここ、漫喫やん」

「あたしだって観たかったわよ、Pirates Of Otonokizaka」

「まさか公開延期するとは思ってなかったのよ」

「だから漫喫来たのね・・・」

「・・・ほんまや、現在制作中の映画 Pirates Of Otonokizakaの脚本家が逃亡、公開延期ってヤホーニュースに載ってる」ポチポチ

「そういう事、残念だけどまたにしましょ」

「しょうがないわね・・・」ペラッ

「えりち、何読んでんの?」

「ん、聖�おねえさん」

続きを読む

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/05(金) 22:53:53.60 ID:6kZBuWuC
 

雪穂「怪盗の三箇条」


雪穂「その一、常に冷静沈着であること」


バーン!


凛「いたにゃー!!」

穂乃果「怪盗だよーっ!!」

海未「二人とも早く追いなさーい!!」

    

続きを読む

ツバサ「あれがμ's…」

ツバサ「あれがμ's…」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/28(金) 22:41:51.91 ID:5kb6nVwN
あの日、彼女達のパフォーマンスを見て私は確信した。

いずれ、彼女達は私達の前に立ちはだかる存在となるかもしれない。

私は彼女達に興味があった。

続きを読む

1 2 3 4 51