「 西木野真姫 」一覧

10年後のラブライブ

10年後のラブライブ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/01(火) 23:19:08.19 ID:G/t/4TpK0
キーンコーンカーンコーン

小学生の頃。卒業式では絶対に泣かない。笑顔で卒業するんだって意地を張ってた。でも、最近は泣いても良いんじゃないかなって思ったりする。だって、涙が必ずしも悲しいものだとは限らないって知ったから。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525184347

続きを読む

穂乃果「ねぇ海未ちゃん、何オストロの城だっけ?」

穂乃果「ねぇ海未ちゃん、何オストロの城だっけ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:42:53.46 ID:6Sy6tPro0
海未「はい?」


穂乃果「何オストロの城だったかなー…海未ちゃん心当たりない?」

海未「すみません…まったく心当たりがありません」


穂乃果「そっか…海未ちゃんでも分からないかー」


海未「一体、何オストロの城なのでしょうか…答えにたどりつくため旅に出たいと思います」

穂乃果「えっ…海未ちゃん旅に出ちゃうの?」

海未「止めないでください穂乃果…何オストロの城なのか必ず答えにたどり着いてみせます!」


穂乃果「そっか…うん!穂乃果のためにありがとう!海未ちゃんがんばって!」

海未「任せてください!一体何オストロの城なのか…そうです!仮の名前をつけたいと思います!」



海未「今は仮の名を…そう、仮オストロの城と呼びましょう」


穂乃果「うん!仮の名前で仮オストロの城だね!」



海未「では穂乃果…行ってきます!」

穂乃果「うん!いってらっしゃい!気をつけてね!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526996573

続きを読む

穂乃果「ゲームをしよう」

穂乃果「ゲームをしよう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/21(月) 23:49:59.93 ID:JXSmxTMu0
にこ「何よ?唐突に…」

穂乃果「だって暇じゃない?ねえ?暇だよね?」

凛「暇だにゃ」

にこ「で?ゲームって何をやるのよ?」

穂乃果「あれやろうよ?相手の言葉を当てるゲーム」

にこ「相手の言葉を当てるゲーム?」

穂乃果「うん」

凛「どう言うルールなの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526914199

続きを読む

穂乃果「トークライブ」

穂乃果「トークライブ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 23:09:40.74 ID:b9WtYG8l0
「穂乃果×にこ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525097380

続きを読む

真姫「星に手を伸ばして」

真姫「星に手を伸ばして」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/05/17(木) 20:21:42.05 ID:ibXvSl0N
仕事の帰りのことだった。

このユウウツとした心の状態がきっかけになったのかもしれないし、あるいはそれこそ、必然や運命と呼ばれる何かに違いないのかもしれない。

家に帰りたくない理由はなく、けれども濃霧のようにジメジメとしてさっぱりしない気持ちを身体の重さに感じると、どうにも食べて寝るだけのマンネリ化した生活に戻る気力が沸き起こらなかった。

散歩でもすれば多色気が紛れるだろう、と、そんな気分で、普段使う大通りを脇道から抜け、路地を抜け、一本隣の通りへ出た。

大したことは考えずに街灯に照らされたコンクリートの地面を見たりしながら歩いていると、視界の端にまでのびる影にふと違和感を覚えて顔を上げた。

というのも、門が少しずれて隙間ができていて、施錠されていない。

以前通っていた音ノ木坂学院の裏口。

セコムなんかの防犯システムだって当たり前のようについている時代だろうに。

大丈夫なのだろうか。

好奇心半分に門を押すと音もなく開き、その光景になんだか私は全く躊躇いなく、あたかも引き寄せられるようにして校内に足を踏み入れた。

精神操作されているのではという発想に至るほどその行動は私らしくなかった。だから、運命と呼ぶに相応しい出会いだったのかもしれない。

非現実的なそれは、現実には受け入れられない夢なんだと、そう思う。

続きを読む

ことり「生首事件」

ことり「生首事件」

1: 名無しで叶える物語(あら) 2018/05/15(火) 22:24:54.24 ID:Kr1fbQvI
うちの町内でバラバラ死体が発見されました。
公園のトイレ脇のゴミ捨て場に、ゴミ袋に入れられた人間の
手足の一部が捨てられていたのです

続きを読む

海未「そろそろ熱中症には気をつけるべし」

海未「そろそろ熱中症には気をつけるべし」

2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/15(火) 23:17:45.38 ID:OuFi2sFH
海未「はい、10分休憩にしましょう」

穂乃果「どっへー疲れたー!」

にこ「暑い……」

ことり「急に暑くなったねぇ」

凛「んぐんぐんぐ……」ゴクゴク

絵里「凛、飲みすぎたらダメよ」

花陽「あれ、希ちゃんは?」

真姫「知らない」

続きを読む

μ's「校内で大騒ぎした話」

μ's「校内で大騒ぎした話」

~部室~

穂乃果「おいしいね」

にこ「そうね」

穂乃果「あっ、あと1個」

にこ「…にこのものよ」

穂乃果「いや、これは穂乃果の!」

にこ「にこの!」

穂乃果「穂乃果の!」

にこ「あっ、ありとあらゆるパン」

穂乃果「え!?」

にこ「もらった!」

穂乃果「あっ待ってよー!」

どたばた

続きを読む

凛「か、かよちんが増えたにゃあ……」

凛「か、かよちんが増えたにゃあ……」

花陽「ふ、増えてないよぉ……」

イw´ヮ`ハ「かよー」

※ぷちぐるの花陽が、花陽に抱えられてるイメージ

絵里「何?なんなのかしら?」

イw´ヮ`ハ「かよっ」

真姫「イミワカンナイ!!!」

続きを読む

【SS】サヨナラの意味【音乃木坂46】

【SS】サヨナラの意味【音乃木坂46】

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/11(金) 20:36:53.16 ID:YLJ37Jp/
占占占

果南「いや~、まさか希が代表に選ばれるとはね~」

希「たまたまやって」

果南「今年は私だと思ってたんだけどなあ」

にこ「あんた何回同じ話すんのよ…演舞の指導補佐やるんでしょーが。それで満足しなさいよ」

果南「そうだけどさー。全然違うじゃん」

にこ「ってか、そんなにやりたい? あれ」

果南「そりゃやりたいよ。目立つしさ。でもま、希ならいいや」

にこ「私は目立つからこそあんなのやりたくないけどね」

果南「にこは選ばれないよ。舞台に立っても遠くから見えないじゃん」アハハ

にこ「ぬぁんですって?! あんたなんかどう可愛く化粧したって男じゃないのよ!」ガタッ

果南「お、やるかー?」ガタッ

希「二人とも。喧嘩するなら静かにやらないかんよ」

続きを読む

1 2 3 4 528