「 高海志満 」一覧

千歌「だから異常事態だって言ったじゃん!」曜「ヨーソロー…」

千歌「だから異常事態だって言ったじゃん!」曜「ヨーソロー…」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/16(日) 00:23:19.59 ID:NL4pEqK/
千歌「曜ちゃんが襲ってくれたらそのシーンがTシャツになってたのに!!」

曜「ご、ごめ…」

千歌「謝るなら抱いてよ!」

続きを読む

千歌「志満ねぇ……今日もお願いしていい?」

千歌「志満ねぇ……今日もお願いしていい?」

1: 名無しで叶える物語(香港) 2018/11/28(水) 20:02:16.44 ID:5ngQUJNg
志満「なぁに、千歌ちゃん? 今日も軽トラ出して欲しいの?」

千歌「うん、いつものコースでお願い」

志満「いつものコースってことは浦女の外周のとこよね、分かったわ」

千歌「ありがとう! それじゃあブルーシートとアイマスク持ってくるね!」

志満「先に車で待ってるわね」

千歌「はーい!」

続きを読む

千歌「ルビィちゃんってさ~」曜「ん~?」完全版

千歌「ルビィちゃんってさ~」曜「ん~?」完全版

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/25(日) 23:41:18.13 ID:E4jPhpax
部室

千歌「なんか・・おいしそうじゃない?」

曜「ん?どういう意味?」

千歌「ほら・・なんか・・うゆうゆして小動物みたいでさ・・絶対・・食べたらおいしいと思うんだ・・」

曜「あ~・・言われてみれば・・そうかもねぇ・・」

果南「ルビィは黒澤家で育ちもいいから・・上質なごはんを食べて育っているし・・さばいたらきっと新鮮な赤身がいっぱい詰まっているだろうね・・」

千歌「はー・・果南ちゃんがそういうこと言うから・・ますます食べたくなってきたじゃん!!」

続きを読む

千歌「培養液生活」

千歌「培養液生活」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/09/29(土) 23:55:20.02 ID:jsn/jDSS
千歌「そうそう!で、美渡ねぇが…」

曜「あははは!」

梨子「2人とも、明日早いからそろそろ寝るよ?」

千歌「は~い!じゃあ梨子ちゃん電気消して!」

梨子「もういい?じゃあ消しちゃうね。おやすみ」


―――――――――――――-


曜「ん……」ゴシゴシ

曜「トイレ行こ…」ボ-


曜「あれ?なんか焦げ臭い…?」

曜「わ…わわわっ!」

曜「火事だ…!!」

続きを読む

千歌「スパゲッティをスパゲッティって言えなくなった」

千歌「スパゲッティをスパゲッティって言えなくなった」

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/09/30(日) 18:11:32.29 ID:BuO0nzjV
千歌「ねぇねぇ曜ちゃん」

曜「どしたの千歌ちゃん。深刻な顔して」

千歌「私、スパゲッティって言えなくなっちゃったんだ」

曜「………」

千歌「………」

曜「……ん?」

千歌「スパゲッティって言えなくなっちゃったんだ」

曜「スパゲッティ?」

千歌「うん」

曜「……待って待って、スパゲッティが言えなくなった?」

千歌「そうなんだよ」

曜「いや言えてるよね」

千歌「言えてないよ」

曜「いやいや一言一句言えてるから」

千歌「違うんだよ!曜ちゃんの言ってるスパゲッティはスパゲッティじゃないの!」

曜「ごめんよく意味がわからないんだけど」

千歌「だからさ、スパゲッティって言えなくなったの」

曜「そこはいいから意味を教えてくれるかな」

千歌「スパゲッティってあるじゃん」

曜「あるね」

千歌「もうひとつスパゲッティあるじゃん」

曜「そっからわからない」

続きを読む

梨子「エンドレス千歌ちゃん」

梨子「エンドレス千歌ちゃん」

2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/09/04(火) 18:21:34.72 ID:wAUhfqog
夏休み最後の日


梨子「ハンバーグ美味しい!」

梨子ママ「どう!私の手作りよ!」

梨子(ゴミ箱に捨ててあった出来合いのハンバーグの袋は見なかった事にしておこう…)

プルルルル

梨子ママ「梨子ー!電話ー!」

梨子「ごめんなさい」

梨子「はーい。あっ千歌ちゃん!」

続きを読む

千歌「チカは男の子じゃないもん!」

千歌「チカは男の子じゃないもん!」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/07/18(水) 23:00:21.76 ID:jbEVyBoY
千歌「朝起きたらアソコにアレが生えてた……」

千歌「これって……その、アレだよね、ちんちんだよへ……///」

千歌「なんでこんなのが生えてるの……っていうか、これじゃ学校行けないじゃーーん!!」

千歌「ま、まずい……とにかく誰かに相談しなきゃ!」

千歌「誰に相談するのがいいかなあ……とりあえず1人、知ってくれる人がいたらフォローとかしてくれるよね……」

千歌「と、とりあえず学校まではバレないように上手くやらなきゃ……」


相談相手>>3


エロゲー的な安価SSです。
追い追いはAqoursメンバー全員に打ち明けていかなくてはいけませんが、とりあえず1人だけに相談してみましょう。

身体を重ねることができるキャラは基本的にはAqoursメンバーです。
特定条件を満たせば特別な人が解放されるかも……?

アレがなくなるその日まで、頑張れ千歌ちゃん!

続きを読む

梨子「雨の日のお散歩」

梨子「雨の日のお散歩」

1: ◆EU9aNh.N46 2018/08/19(日) 09:11:30.95 ID:CWs/hsc2O
千歌ちゃんルーム
 
梨子「で、そうなってX=745になるの。わかった?」
 
千歌「うーん、もう1回最初からお願い。ふわぁ~ぁ」ノビー
 
梨子「もう、おっきなあくび。集中力欠けちゃった?」
 
千歌「ごめんね、梨子ちゃん。せっかく教えてくれてるのに」
 
梨子「いや、私こそごめんね。昨日はだいぶ遅くまでおしゃべりに付き合わせて」
 
千歌「いいっての。わたし、梨子ちゃんの話ならずっと聞いてたいもん。っていうか梨子ちゃんは眠くならないの?」
 
梨子「私は起きるの遅かったから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534637490

続きを読む

梨子「千歌ちゃん、おっぱいマッサージしてあげようか?」千歌「ほぇ?」

梨子「千歌ちゃん、おっぱいマッサージしてあげようか?」千歌「ほぇ?」

1: 名無しで叶える物語(茸) 2018/07/02(月) 20:01:09.72 ID:cOEWDeeQ
千歌「ちょっ、梨子ちゃーん。おっぱいマッサージって……あはは…」

梨子「何かおかしなこと言ったかしら? 私」

千歌「へ? だ、だって、おっぱいマッサージって…」

梨子「ああ、この辺ではまだあまり知られてないかもしれないけど、都会では普通のことなのよ?」

千歌「そうなの?」

梨子「ええ、おっぱいをマッサージすることで身体全体がほぐれて疲労回復に効果があるの」

千歌「と言われても、さすがにおっぱいは」

梨子「ここのところ千歌ちゃん疲れてるんじゃないかって思ったから……知り合いの人に施術方を教わってみたんだけど」

梨子「余計なお世話だったかな…」

千歌「梨子ちゃん…」

千歌(梨子ちゃんは私のことを思って言ってくれたのに、私はいやらしいこと想像しちゃって…)

千歌(あーもうっ! ホント私はバカ千歌だーっ!!)

千歌「梨子ちゃんっ!」

梨子「は、はいっ…」

千歌「お願いしますっ!」

梨子「お、お願いって……おっぱいマッサージを……?」

千歌「うんっ!」

梨子「ええ、わかったわ。私に任せて」

続きを読む

【ラブライブ】梨子「ロストソング」

【ラブライブ】梨子「ロストソング」

1: ◆sHtux8fZAE 2018/06/29(金) 00:14:09.77 ID:MsiJdxwso
【性格改変・オリ設定・地の文一部有】

ーー人生はいじわるだーー

ーー悪いことは何もしていないのにーー

ーー私から何もかも奪っていくーー

ーーー

「長い間お世話になりました」

「いえ、娘さんとご両親の努力あってこそです。我々はその手助けをしたまでですよ」

「……ありがとう、ございました」

「これからも色々と大変かもしれないが、君ならきっと大丈夫だ」

「……はい」

「さ、ーー行きましょう」

今でこそそれが私の名前だと分かるものの、居心地の悪さ……不自然な響きは無くならない

「……はい」

余所余所しい私の返事に、少し悲しげな表情を浮かべるこの女性ーー私の母だということは頭では理解できても心がついていかない

「ありがとうございました」

私の主治医だった人にもう一度頭を下げる母
それに倣って私ももう一度頭を下げ、2人で病院を後にする

ーー私は……

ーー桜内梨子という人間は事故により1年間を失い

ーー記憶喪失により過去の16年間も失い

ーー何も無い17歳の身体だけが残った

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530198849

続きを読む

1 2 3 4 17