「 黒澤パパ 」一覧

ダイヤ「第1回チキチキ!ダイヤ先生と学ぶラブライブ講座、開講ですわ!!」

ダイヤ「第1回チキチキ!ダイヤ先生と学ぶラブライブ講座、開講ですわ!!」

1: 名無しで叶える物語 2017/05/06(土) 20:56:23.53 ID:Lb0bOvrL.net
-部室-

ルビィ「わ~い!」

千歌「いぇ~!」

ダイヤ「この講座ではスクールアイドルとして知っておくべきことをしっかりと学んでもらいますわ」

ダイヤ「特に千歌さん!」

千歌「ひゃいっ」

ダイヤ「あなたは勉強が足りないようなのでここできちんと学んでいくこと!」

千歌「わ、わかってるよぅ」

ダイヤ「さて...まずはラブライブの起源から」

ダイヤ「そもそもラブライブ実行委員会が発足したのが5年前の夏で...」



ダダダダダダダ バンッ!



果南「はぁ...はぁ...」

果南「ダイヤ、ルビィ いる!?」

ダイヤ「果南さん!? 一体どうしたのですか...?」

果南「2人のお父さんがっ...」

果南「お父さんがサメに襲われたんだって!」

ダイヤルビィ「!?」

続きを読む

ダイヤ「もう一人の妹?」 ルビィ「もう一人のお姉ちゃん?」

ダイヤ「もう一人の妹?」 ルビィ「もう一人のお姉ちゃん?」

1: ◆tdNJrUZxQg 2017/03/30(木) 02:34:18.84 ID:lOVwawcb0
今更ながらあのネタのSSを書きました。

ちょっと長めの作品になります。

初めてなのでいろいろ不手際があるかもしれませんが、寛大な心で見ていただけると嬉しいです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490808858

続きを読む

ルビィ「全力反抗期」

ルビィ「全力反抗期」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/09(木) 11:17:32.96 ID:Rfwp6NT20
ルビィちゃん過去話。 小学校高学年~中学生くらいのイメージです。
あまり長くないです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489025852

続きを読む

花丸「呪いの鬼の面」

花丸「呪いの鬼の面」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 00:16:49.19 ID:OcJ3yBbg.net
~部室~

 

鞠莉「という訳で、来週の節分の日、マルのお寺の節分イベントのお手伝いをしマース!!」

曜「幼稚園の子達を豆まきに招待して、私たちが鬼役になるんだよね」

千歌「なんだか楽しそう! よーし、はりきって鬼になるぞー!」

善子「フフフ、トゥインクルスター☆堕天使ヨハネちゃんにお任せよっ!」

果南「ダイヤは、怖い鬼役とかぴったりそうだよね~」

ダイヤ「なっ! どういう意味ですか!!」

ワイワイ

 

善子(でもせっかくなら、本格的で迫真の堕天使役――もとい、鬼役をこなしてみたいわね・・・・・・)

続きを読む

初陣

初陣

 1月1日、それは新年を迎える正月であり、私の誕生日。それに加えて今年は私とルビィの初陣の日――

 まさか、こんな誕生日を迎えるとは思っていなかった。初陣、というと立派な鎧兜を纏い、初々しくも勇ましい自分の姿をずっと思い浮かべていた。しかし、今日の私は市女笠(いちめがさ)に華やかな着物を着て、まるで旅芸人の様な出で立ちだった。私とルビィを含め、10名がこの格好だ。

続きを読む

千歌「黒澤家に嫁入り」

千歌「黒澤家に嫁入り」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 23:31:39.25 ID:/CnAwFUq.net
千歌「……ふぅ、掃除終わり、っと」

廊下の雑巾がけも終わって、小さく体を伸ばす。掃除も洗濯も済ませたし、晩ごはんの準備には早すぎるし、とりあえずやることはなくなっちゃった。

千歌「ダイヤさんは……まだ帰ってきてないよね」

ダイヤさんと一緒に暮らし初めてまだ一週間とちょっと、慣れないながらもなんとか毎日お嫁さんやってます!

お母さんに「あなたには許嫁がいます!」なんて言われたのが1ヶ月くらい前かな?いきなりそんなこと言われてびっくりしたけど、相手を聞かされた時はもう、びっくりなんて通り越して理解が追い付かなくて……

本当は『黒澤家と高海家の子で、黒澤家の長女と一番歳の近い異性の子』って話だったみたいだけど、近年同性婚への理解が進んだ結果なのか、両家庭と町の人達で話し合いの末、私とダイヤさんは約束通り許嫁に。ってそんなこと寝耳に水だよ……

実感もないままトントン拍子で話が進んで、気がついたらもう引っ越しの準備まで終わっていて、ダイヤさんが18歳の誕生日を迎えてすぐ、私は黒澤家に嫁ぐことになった。

千歌「この歳で嫁ぐって、ねえ……」

突然の結婚で、しかもよく知った相手となんてびっくりはしたけれど、正直あんまり嫌だとか、不安だとかはなかったの。よく分かってないまま「ああ、私、ダイヤさんと暮らすんだ」って、それくらいの感覚で嫁入りして。そりゃ当日はドキドキしたけどね?

ルビィちゃんもお義父さんもお義母さんもとっても良くしてくれて、黒澤家のみんなに馴染むのはあっという間だった。

ただ、ダイヤさんとだけはどうしてもぎこちないというか……いきなり夫婦ってことになって、お互い距離感が手探りというか…… 

千歌「……私、ちゃんと出来てるのかなぁ」

私、ダイヤさんの妻、なんだよね……?

妻って、どんな感じでいたらいいんだろ……?

続きを読む

ルビィ(11)ダイヤ(13)

ルビィ(11)ダイヤ(13)

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 15:53:42.28 ID:b0YG2D2/.net
ルビィ「じゃあ帰ったらすぐ駅でね!!」

花丸「うん!」

ルビィ(今日は…なんにもないよね?)

ルビィ「ばいばいまるちゃん」

花丸「またあとでね」

続きを読む

ルビィ「赤鬼と呼ばれた男とその娘の話」

ルビィ「赤鬼と呼ばれた男とその娘の話」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 17:07:25.09 ID:qUKXAysv.net
私の名前は黒澤ルビィ、 浦の星女学院に通う高校一年生の女の子です。
お姉ちゃんの名前は黒澤ダイヤ、 浦の星女学院の生徒会長をしている、自慢のお姉ちゃんです。

お姉ちゃんは黒髪、私は赤髪

よく、友達からは「なんで姉妹で髪の色が違うの?」とよく言われます。
なので、今日は私の赤髪について少しお話をしたいと思います。

赤鬼と呼ばれていた父とその娘の話。

続きを読む

梨子母「今日はスクールアイドル部の懇親会」

梨子母「今日はスクールアイドル部の懇親会」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 01:02:01.21 ID:bKDGIKL4.net
梨子母「今思ったらスクールアイドルの親御さんとは初めて会うのよねぇ…ど、どうしましょうなんか緊張してきたわ…」


ガラガラ…

梨子母「こんにち……わ…ってあれ?」

志満「あらー桜内の奥様こんにちわ」

梨子母「う、うん…こんにちわ、でもまだ志満ちゃんだけ?もう五分前だけど…」

志満「え、ええまぁ田舎はのんびりやが多いですから」

梨子「そういう志満ちゃんは早いのね」

志満「私は母が遅れると行ったので先に代わりとして来ました」

梨子「母?ってことはあの十千万の女将ってことよね…きっとご立派なんでしょうね」


志満「うふふ…そんな大層な人じゃないですようちの母は…さて…それより桜内さん?」

梨子母「な、何かしら?」


志満「そんな装備で大丈夫ですか?今回の懇親会」


梨子母「え?」

続きを読む