「ラブライブ!SS」日付順記事一覧 (14570件)

📝約12,600文字

1: 名無しで叶える物語(奈良漬け) 2019/07/08(月) 18:27:33.92 ID:cYr0UKPF
 
 prrrr… prrrrrr…

 ピッ


希『はいは~い』

絵里「希、今どこにいるの?」

希『どこって、もうとっくにホテルに着いてるよ~』

絵里「そうなの?」

希『エリチこそ遅いやん。何かあったん?』

絵里「よくわからないのだけど、車が動かなくなったわ」

希『なんやどっかぶつけたん?』

絵里「知らないわよ。突然速度が落ちてきて、そのまま…』
 
続きを読む

📝約7,000文字

1: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/07/08(月) 19:05:32.63 ID:i5ZiPDYo

     /" ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ  
    ./     ヽ    ヽ  
   /  /`ヽゞ`ヽ__ゞ 、 l 
   l  ノ >   < ヽ )  
   ヾ/l """ ロ "" ノ ゞ    だぁだぁばっぶー
   ((,ヽレヽ______________レ ))
   ))〉 ,⌒)、_ ノ(⌒ヽ((
    (_.ノ--―‐--`、_ノ
      `(⌒ヽ    )⌒)
       〉_ ノー--‐'"、_〈




千歌「曜ちゃ~ん、何がしたいのかなぁ?」

曜「ぱいぱい、ぱいぱい」

千歌「おっぱいが欲しいでちゅか~~」

曜「はっはっ、はっはっ////////」
続きを読む

📝約5,800文字

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:01:01.32 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「でね~その時海未ちゃんがさ」

海未「な、何を言ってるのですか!それはあなたが!」

ドゴーーーーン

穂乃果「え?何の音?」

海未「校庭の方から聞こえましたね」

凛「何かあったのかな?」

穂乃果「見に行ってみよう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562436061
続きを読む

📝約5,400文字

14: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/07(日) 00:12:08.19 ID:iSMuLlhv
ルビィ「ふーん、善子ちゃんは女同士のエッチ知らないんだ……?」

善子「……ルビィは知ってるって言うの!?」

ルビィ「……ううん?知らないよ?だって、善子ちゃんが言ったんだよ?女同士だとエッチなんて出来ない、って」

善子「……意地悪しないで教えてちょうだい、女同士のエッチ、ルビィは知ってるんでしょ?」

ルビィ「どうかな~、知ってるのかな~」
続きを読む

📝約4,100文字

3: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/07/06(土) 23:37:54.23 ID:m9F0oM/l
鞠莉「それじゃ、行くわね」

曜「いってらっしゃい!鞠莉ちゃん!とっておきのサラダ、作っておくからね!」

鞠莉「愛してるわ」

曜「…ふえっ!?」

鞠莉「ふふっ、いってきまーす♪」

曜「い、いってらっしゃい…じゃなくて、待って!今なんて言ったの、鞠莉ちゃーん!」
続きを読む

📝約3,800文字

1: 名無しで叶える物語(公衆) 2019/07/07(日) 10:29:21.03 ID:xzCtc4Wn
※1期13話終了後※


ことり「ただいま…」

親鳥「おかえりなさい」

ことり「…怒ってないの…?」

親鳥「…まあ。なんとなくこうなるんじゃないかとは思ってたから」

ことり「…ごめんなさい…」

親鳥「疲れたでしょ?今日はもう休みなさい。先方にはお母さんからお詫びしておくから…」

ことり「うん………」

親鳥「でも明日改めて、あなた自身でもちゃんとお詫びするのよ?さ、わかったらもう寝なさい」

ことり「………はい」

 
 
 
 
 
親鳥「さて…」
続きを読む

📝約3,300文字

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/06(土) 20:16:35.28 ID:7JhSdlyW
杏樹「えぇ~//なにヤらせてるのぉ?//」

有紗「あいきゃんもそうなんだ?」

杏樹「あ、有紗ちゃん!?//」

有紗「ダイヤの喉使わせてもらってるんだけど気持ちいいんだよねー」

有紗「頭持って喉奥まで突っ込むと涙目になって何回も嗚咽するんだけどさー」

有紗「すっごい興奮する」

愛香「…有紗やっば」
続きを読む

📝約5,200文字

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 21:52:22.63 ID:1oa1Gp870
真姫「へ~それにしても。二人共よく頑張ったわね。おめでとう」

雪穂「えへへ。ありがとうございます」

亜里沙「早く制服着たいなぁ。着たいなぁ」

花陽「きっと二人に似合うと思うよ」

凛「うん。それにしても凛達も来年から先輩か~」

花陽「そうだね。大丈夫かなぁ…私」

凛「かよちんは大丈夫だよ。ね?」

真姫「そうね。凛よりは」

凛「え~言ったなぁ」

真姫「冗談よ。まあ、何か困った事があったら何でも相談してちょうだい」

雪穂「はい!」

凛「真姫ちゃんもうその気だにゃ」

真姫「べ、別に…いいでしょ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562331142
続きを読む

📝約264,900文字

2: ◆tdNJrUZxQg 2019/07/06(土) 07:37:09.81 ID:ZRnZyA2Z0

ダイヤ「──はぁ? 吸血鬼?」


それは、ゴールデンウイークを明日に控えた4月26日金曜日のことでした。


鞠莉「そ、吸血鬼。最近噂になってるんだヨ」

ダイヤ「はあ……」

鞠莉「あ、ダイヤ~? その反応信じてないネ?」

ダイヤ「まあ……」


生徒会室で連休前の仕事を三年生三人で片付けながら適当に話を聞き流す。


鞠莉「なんでも、ここ最近夜になると出るらしいんだヨ……」

果南「で、出る……?」

鞠莉「……血……血……って呻きながら、校舎内で女生徒の血を探して彷徨うリビングデッドが……!!」

果南「……ッヒ!!」


鞠莉さんがおどろおどろしい口調で、眉唾な噂を口にすると、果南さんが涙目になって、書類で顔を隠す。

というか、吸血鬼からリビングデッドに変わっているのですけれど……。


鞠莉「身を隠したって無駄……リビングデッドの嗅覚は的確に活きの良い乙女の血の匂いを嗅ぎ分けて、喰らいに来るんだから……!!」

果南「…………!!」

鞠莉「果南みたいに活きの良い生娘なんか、特に──」

ダイヤ「──いい加減になさい」


書類の束で、鞠莉さんを軽くはたく。


鞠莉「Ow !」

ダイヤ「果南さん、大丈夫ですからね。こんなのただの噂話ですわ」

果南「……ぁ、ぁはは……そ、そう、だよね……」

鞠莉「もう!! ダイヤ、邪魔しないでよー!!」


怖い話で脅える果南さんを見るのが楽しいのか、鞠莉さんがぷりぷりと文句を言って来る。


ダイヤ「はぁ……噂話もいいですが……。早く仕事を片付けないと……。明日からは10連休なのですわよ?」


今年のゴールデンウイークは長い。

ここで仕事を連休明けに持ち越すのはよくないと思い、今日三年生はAqoursの練習そっちのけで生徒会の仕事をさせて貰っているのです。

これで終わりませんでしたなんて言ったら示しがつかないし、申し訳も立たない。


鞠莉「んーもう……ダイヤは頭が堅いんだから! こんな忙しいときにWitに富んだJokeで場を和ませようってマリーの気遣いがわからないの?」

ダイヤ「はいはい……」


鞠莉さんの言葉を聞き流しながら、果南さんに目を配ると、


果南「……………………」


顔を真っ青にしたまま、フリーズしている。

果南さんは普段はサバサバしているけれど、怖い話が滅法苦手なのです。

怖い話が苦手な人は一度こういう話を耳にしてしまうと、それが頭の中にこびり付いてどうしようもなくなってしまうもの。
続きを読む

📝約3,800文字

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/07/06(土) 21:01:43.49 ID:8Df611VL
ルビィ「お姉ちゃん!明日、ルビィちょっと出掛けてくるね!」

ダイヤ「ここのところ毎日聞かされていましたから、そう何度も言わなくて大丈夫ですよ」

ルビィ「えへへ!」

ダイヤ「ネットで知り合った方々との集まりでしたよね?その……危なくはありませんか……?」

ルビィ「もう!ルビィだって子供じゃないんだよ!?みんな年上だけど、きちんとした大人の人たちだから平気だよ!」
続きを読む