「ダイちか」日付順記事一覧 (120件)

📝約264,900文字

2: ◆tdNJrUZxQg 2019/07/06(土) 07:37:09.81 ID:ZRnZyA2Z0

ダイヤ「──はぁ? 吸血鬼?」


それは、ゴールデンウイークを明日に控えた4月26日金曜日のことでした。


鞠莉「そ、吸血鬼。最近噂になってるんだヨ」

ダイヤ「はあ……」

鞠莉「あ、ダイヤ~? その反応信じてないネ?」

ダイヤ「まあ……」


生徒会室で連休前の仕事を三年生三人で片付けながら適当に話を聞き流す。


鞠莉「なんでも、ここ最近夜になると出るらしいんだヨ……」

果南「で、出る……?」

鞠莉「……血……血……って呻きながら、校舎内で女生徒の血を探して彷徨うリビングデッドが……!!」

果南「……ッヒ!!」


鞠莉さんがおどろおどろしい口調で、眉唾な噂を口にすると、果南さんが涙目になって、書類で顔を隠す。

というか、吸血鬼からリビングデッドに変わっているのですけれど……。


鞠莉「身を隠したって無駄……リビングデッドの嗅覚は的確に活きの良い乙女の血の匂いを嗅ぎ分けて、喰らいに来るんだから……!!」

果南「…………!!」

鞠莉「果南みたいに活きの良い生娘なんか、特に──」

ダイヤ「──いい加減になさい」


書類の束で、鞠莉さんを軽くはたく。


鞠莉「Ow !」

ダイヤ「果南さん、大丈夫ですからね。こんなのただの噂話ですわ」

果南「……ぁ、ぁはは……そ、そう、だよね……」

鞠莉「もう!! ダイヤ、邪魔しないでよー!!」


怖い話で脅える果南さんを見るのが楽しいのか、鞠莉さんがぷりぷりと文句を言って来る。


ダイヤ「はぁ……噂話もいいですが……。早く仕事を片付けないと……。明日からは10連休なのですわよ?」


今年のゴールデンウイークは長い。

ここで仕事を連休明けに持ち越すのはよくないと思い、今日三年生はAqoursの練習そっちのけで生徒会の仕事をさせて貰っているのです。

これで終わりませんでしたなんて言ったら示しがつかないし、申し訳も立たない。


鞠莉「んーもう……ダイヤは頭が堅いんだから! こんな忙しいときにWitに富んだJokeで場を和ませようってマリーの気遣いがわからないの?」

ダイヤ「はいはい……」


鞠莉さんの言葉を聞き流しながら、果南さんに目を配ると、


果南「……………………」


顔を真っ青にしたまま、フリーズしている。

果南さんは普段はサバサバしているけれど、怖い話が滅法苦手なのです。

怖い話が苦手な人は一度こういう話を耳にしてしまうと、それが頭の中にこびり付いてどうしようもなくなってしまうもの。
続きを読む

📝約4,500文字

1: 名無しで叶える物語(庭) 2019/06/01(土) 21:58:14.24 ID:Rni7jk4e
千歌「拾おうと夢中で腕を伸ばしてるところに気付かれずに後ろから近寄ることができたらさ…」
 
 

千歌「突き落としちゃうよね」

曜「落とさないよ!?」

千歌「チャンスだ!とか思わない?」

梨子「思わないから!!」

千歌「えー…」
続きを読む

📝約400文字

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/05/15(水) 22:29:33.51 ID:L+2VsN4T
ダイヤ「駅のホームではしゃいではいけませんわ!」ウキウキ

千歌(ダイヤさん楽しそうなのだ)
続きを読む

📝約2,100文字

1: 名無しDREAMER 2019/01/17(木) 22:58:53.58 ID:6SPEfuC2
借りたままの辞書のページに、あなたからの時を超えた優しさを見た

くせのある懐かしい文字



遡ること一年前、閉校祭が終わったあとの生徒会室での事だった。

千歌「はぁ、浦女でやれる事もこれで終わりなんだね……」

ダイヤ「とは言えまだ卒業式や終業式もありますし、それにラブライブ決勝に向けての練習もありますしもう少し通えますわ」

千歌「卒業、か……」

ダイヤ「ずいぶんと悲しそうですわね、やはりここで卒業したかったんですか?」

千歌「それもあるけど、でも今悲しいのはそこじゃない」

ダイヤ「はて? では何故です?」

千歌「わかってるくせに……」

ダイヤ「離れ離れになってしまうから、ですか?」

千歌「……うん」
続きを読む

📝約7,600文字

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/01(火) 04:26:27.47 ID:pAwLlUB80
──ゴーン。

──ゴーン、と鳴り響く鐘の音。


ダイヤ「76……」


──ゴーン。


ダイヤ「77……」


ぼんやりと搗かれる鐘の音を数えている。

何故、わたくしが一人でこんなことをしているのかと言えば──


千歌「……んゅ……zzz」


コタツの向かいの席で、千歌さんが自分の腕を枕にしながら、幸せそうに眠りこけているからでしょうか。


ダイヤ「今年は、年明けまで起きているんじゃなかったの?」


思わず、人差し指で額を軽く突っつく。


千歌「……ん…………。……すぅ……すぅ……」

ダイヤ「よく寝てますわね……」


お陰で退屈を通り越して、除夜の鐘を数えるなんて──いや、これもまた風流でいいのですが。

ただ、今日この日は……一人にされると、いつかの記憶を思い出す。

……幼い日のことを。





    *    *    *
続きを読む

📝約13,900文字

3: ◆tdNJrUZxQg 2018/12/28(金) 05:32:40.49 ID:61VgGgXt0


……12月24日。クリスマスイブ。聖夜と言う名の恋人たちの夜。


千歌「え……クリスマス、一緒に過ごさないの……?」

ダイヤ「え、ええ……まあ、その、いつも家で過ごす習わしと言いますか……」

千歌「……」


私はてっきり一緒に過ごせるものだとばかり思っていたため、恋人のダイヤさんの言葉を聞いて、顔を顰めた。


ダイヤ「あ、あの……千歌さん?」

千歌「……ふーん、ダイヤさんは恋人よりも家族なんだね」

ダイヤ「い、いや、そういうわけでは……」

千歌「別にいいよ。ダイヤさんってそういうタイプだもんね」

ダイヤ「そ、その……」


思わず皮肉たっぷりな言葉を口をついた。

でも今思えば……

ここで大人しく引き下がっていれば、


千歌「いいもん……チカに魅力がないのがいけないんだもん……」

ダイヤ「そ、そんな……!! わ、わかりましたわ!! イブは一緒に過ごしましょう!!」

千歌「……ホント……?」

ダイヤ「ええ、もちろんですわ! 家族も説得しますわ!」

千歌「……なら、お泊り」

ダイヤ「泊り……。……ええ、構いませんわ」


私は聖夜にあんな目に遭う事はなかったのに……。





    *    *    *
続きを読む

📝約10,300文字

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/08/21(火) 20:16:17.03 ID:/TCl4XSq
大学生になって初めての夏。

長いテスト期間を終えて私は高校生の頃よりも遅い夏休みに入りました。

それでも周りの方達よりは、大分早めにテストを終えたのですけれどね。

そんな事もあって少し開放的な帰り道、外は生憎の雨でしたけど行き帰りの大半は電車でしたからそこまで苦でもありません。

急な雨で混雑した電車に揺られながら、駅構内の売店でビニール傘を買い帰路につきます。

私が今住んでるアパートは駅から歩いて10分くらいでしょうか、
立地は良い方で反対方向にスーパーもあります。

本当はアパートと駅の間にあれば帰りに寄れて便利なんですが、まぁ贅沢は言ってられませんわね。
続きを読む

📝約7,000文字

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/08/13(月) 00:08:43.40 ID:39wHcwL4
ダイヤ「千歌さん……」

千歌「あっダイヤさん、お帰りなさーい」

ダイヤ「えぇ、ただいまですわ」ギュッ

千歌「あっ……」

ダイヤ「千歌さん……」ギューッ!

千歌「ちょ、ちょっと苦しいよ?」

ダイヤ「あっ……ごめんなさい……」スッ……

千歌「まったく甘えん坊さんなんだから~♪」


千歌(普段はキリッとしてるダイヤさん)

千歌(でも、千歌の前だけでは子猫さんみたいに甘えてくるんだぁ)
続きを読む

📝約3,500文字

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/08/08(水) 19:03:37.60 ID:UADdxCxT
ダイヤ「わたくしにバク転のコツを教えてくださいっ、何でもしますから!」ドゲザァ!!

千歌「なんだなんだ!? 突然!」
続きを読む

📝約2,900文字

1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/07/19(木) 02:20:43.63 ID:nOFwUpct
千歌「ん……」モゾ…

コポッ……

千歌「うわ……」

ダイヤ「精子垂れてますわね」

千歌「誰のだと思ってるの。ていうかダイヤちゃん膣出ししすぎ」

ダイヤ「イク瞬間抜いて違うところに出すって手間なんですよ」
続きを読む