「地の文」日付順記事一覧 (2024件)

📝約264,900文字

2: ◆tdNJrUZxQg 2019/07/06(土) 07:37:09.81 ID:ZRnZyA2Z0

ダイヤ「──はぁ? 吸血鬼?」


それは、ゴールデンウイークを明日に控えた4月26日金曜日のことでした。


鞠莉「そ、吸血鬼。最近噂になってるんだヨ」

ダイヤ「はあ……」

鞠莉「あ、ダイヤ~? その反応信じてないネ?」

ダイヤ「まあ……」


生徒会室で連休前の仕事を三年生三人で片付けながら適当に話を聞き流す。


鞠莉「なんでも、ここ最近夜になると出るらしいんだヨ……」

果南「で、出る……?」

鞠莉「……血……血……って呻きながら、校舎内で女生徒の血を探して彷徨うリビングデッドが……!!」

果南「……ッヒ!!」


鞠莉さんがおどろおどろしい口調で、眉唾な噂を口にすると、果南さんが涙目になって、書類で顔を隠す。

というか、吸血鬼からリビングデッドに変わっているのですけれど……。


鞠莉「身を隠したって無駄……リビングデッドの嗅覚は的確に活きの良い乙女の血の匂いを嗅ぎ分けて、喰らいに来るんだから……!!」

果南「…………!!」

鞠莉「果南みたいに活きの良い生娘なんか、特に──」

ダイヤ「──いい加減になさい」


書類の束で、鞠莉さんを軽くはたく。


鞠莉「Ow !」

ダイヤ「果南さん、大丈夫ですからね。こんなのただの噂話ですわ」

果南「……ぁ、ぁはは……そ、そう、だよね……」

鞠莉「もう!! ダイヤ、邪魔しないでよー!!」


怖い話で脅える果南さんを見るのが楽しいのか、鞠莉さんがぷりぷりと文句を言って来る。


ダイヤ「はぁ……噂話もいいですが……。早く仕事を片付けないと……。明日からは10連休なのですわよ?」


今年のゴールデンウイークは長い。

ここで仕事を連休明けに持ち越すのはよくないと思い、今日三年生はAqoursの練習そっちのけで生徒会の仕事をさせて貰っているのです。

これで終わりませんでしたなんて言ったら示しがつかないし、申し訳も立たない。


鞠莉「んーもう……ダイヤは頭が堅いんだから! こんな忙しいときにWitに富んだJokeで場を和ませようってマリーの気遣いがわからないの?」

ダイヤ「はいはい……」


鞠莉さんの言葉を聞き流しながら、果南さんに目を配ると、


果南「……………………」


顔を真っ青にしたまま、フリーズしている。

果南さんは普段はサバサバしているけれど、怖い話が滅法苦手なのです。

怖い話が苦手な人は一度こういう話を耳にしてしまうと、それが頭の中にこびり付いてどうしようもなくなってしまうもの。
続きを読む

📝約216,000文字

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:39:49.84 ID:LeKpDSJgO
「ねぇ、知ってる?最近この辺りに出るっていう、[亡霊]のこと」




梨子(Aqoursの練習が終わって。何故だか訂正の線が自然に思えてしまう、『スクールアイドル部』のプレートが掲げられた部屋の中で)

梨子(皆が帰りの支度をしている最中のことだった)

梨子(メンバーの一人……一年生の津島善子ちゃんが、唐突にそんなことを言いだした)


果南「ぼ、ぼうれい?」

善子「そう、亡霊。……果南ってばもしかして 言葉の意味わかってない?」

果南「いやそうじゃないよ!そうじゃなくて、本当なの?……その、オバケが出るって話」

善子「オバケじゃなくて亡霊だってば!」

果南「どっちでもいいよそれは!そんなことより本当に幽霊が出るっていうの!?」

善子「だから幽霊じゃなくて亡霊だってばー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1561984789
続きを読む

📝約1,700文字

1: ナナシ 2019/07/06(土) 08:42:09 ID:LHPLur/k
ある日夢を見た・・・私は学校にいた

※微ホラー、微グロ、キャラ崩壊注意
続きを読む

📝約89,400文字

3: 名無しで叶える物語(うめぼし) 2019/06/23(日) 22:36:32.26 ID:5eVukY8b
穂乃果「じゃじゃーん、これが噂のフルダイブ、ブイアールです!」ジャン

ことり「わぁ~♪」パチパチ

絵里「ずいぶんとハイテクそうな機械ね」

海未「これはヘルメット、いえヘッドギア、ですか」

にこ「どっちも似たようなもんでしょ?」

海未「まぁそうですが……緩衝材が入っている分、中は大分ふんわりとしているのですね」


凛「これでどうやってゲームするの?」

穂乃果「ゲームはこの機械に内蔵されてるから、電源挿してこれを被るだけでできるんだよ!」

凛「へー、なんか凄いにゃー!」
続きを読む

📝約16,800文字

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/07/05(金) 22:35:44.42 ID:NFgXdEsv
果南「あ」

果南「無くした」

────3月9日─11:15分─松浦家
続きを読む

📝約3,000文字

1: 名無しで叶える物語(光) 2019/07/05(金) 01:16:06.28 ID:otx8hFJG
善子「袋の方まで念入りに舐めてくるし、口の中でころころ玉転がされて」

善子「人生で一番出たわね」

曜「へぇ…」

みたいなね
続きを読む

📝約8,800文字

1: 名無しで叶える物語(家) 2019/07/04(木) 18:10:01.82 ID:b7oHUZ+3
休日のお昼過ぎ―――

善子「ただいま~」

ルビィ「おじゃましまぁす」

善子母「お帰りなさ~い」

ルビィ「あ、よっちゃんのお母さんこんにちは!」

善子母「ルビィちゃんこんにちは~♡」
続きを読む

📝約1,900文字

2: ナナシ 2019/07/03(水) 13:44:11 ID:5N0vhyZ.

真姫「これは、私とにこちゃん、エリーの3人で山に合宿に行った時の話」

日が暮れ始めた頃、私たちは焚火を眺めていた

真姫「・・・」

にこ「・・・」

絵里「」オロオロ
続きを読む

📝約217,600文字

1: ◆ddl1yAxPyU 2018/07/01(日) 00:19:52.49 ID:2Rh4w0SG0
ここは、とある城の大広間。

各国家の国王が会談を行う厳格な場所である。

今日もこの場には近隣にある三ヵ国の女王とその護衛が集っていた。



―――浦の星王国

―――音ノ木坂王国

―――虹ヶ咲王国



この場所は、ほんの一握りの人間しか知らない。

部外者には知られてはならない場所だった。



……そんな場所が、床や壁はボロボロに破壊され、辺り一面は血の海と無残な死体で埋め尽くされていた。


立っているのは二人。

一人は浦の星王国の女王。

もう一人は―――の―――である。


抵抗した他の女王とその護衛達のほとんどは一瞬で倒されてしまった。


唯一生き残った女王だが身体の右側がごっそりと消失しており、生きているのが不思議な状態であった。



『―――はぁ……はぁ、はぁ……』ボタッ、ボタッ、ボタッ


『意外としぶといのね。体の半分を消し飛ばしたというのに……』




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530371992
続きを読む

📝約4,100文字

1: 名無しで叶える物語(鮒寿司) 2019/06/16(日) 21:29:17.88 ID:bpnjkSKH
今週は中間試験一週間前。なので部活動などは禁止の一週間。モチロン、私達スクールアイドル部も同じ

みんなそれぞれの家に帰って勉強かと思ったら、「一人じゃ勉強できないよ!」と言う千歌ちゃんの発言によりAqoursメンバーで勉強をすることになりました

図書館が使えたら良かったんだけど、今日は大掃除をするらしく使えないみたいです
解散の流れかなと思ったけど「皆さんさえ良ければ部室でしませんか?」
というダイヤさんの声に異を唱える人はいなくて部室での勉強会が始まったのだけれど…
続きを読む