理亞「スクフェスに行くことになった」

📝約41,800文字

理亞-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 20:50:39.56 ID:YVjWkZxN.net
理亞「ところで姉様?」

聖良「どうしたの、理亞?」

理亞「スクフェスって何?」

聖良「スクールアイドルフェスティバルのことよ。私もよく知らないけど」

理亞「スクールアイドルのお祭りなの?」

聖良「そんな感じかしらね。理亞にはそこでAqoursと一緒にライブをしてもらうわ」

理亞「え!イヤよそんなの!あんな奴らとなんかと……」

聖良「そんなこと言わないの。彼女たちももう立派なスクールアイドルなのよ」

理亞「私は絶対にイヤ!」

聖良「困ったわね……あっ!もしかしたらμ'sともライブができるかもしれないって聞いたわよ」

理亞「は?」
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 20:59:03.97 ID:YVjWkZxN.net
理亞「えっ?どいうこと?μ'sって解散したんじゃ?」

聖良「私に言われても……」

聖良「でも確かにそう説明を受けたのよ」

理亞「で、でも私はイヤよ!たとえμ'sに会えるとしてもAqoursと一緒はイヤ!」

聖良「あと、運が良ければA-RISEにも会えるって話よ」

理亞「行く!」ガバッ

聖良「ふふふ、理亞は本当にA-RISEが大好きなのね」ニヤニヤ

理亞「あっ///」カァッ

理亞「じゃ、じゃなくて……姉様がどうしてもっていうなら行ってあげようかなって……///」

聖良「ふふふ」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 21:09:37.95 ID:YVjWkZxN.net
理亞「じゃあ荷物をまとめてくるわね」

聖良「その必要はないわ。制服手ぶらでかまわないそうよ」

理亞「制服手ぶらって……ライブ衣装はどうするの?」

聖良「覚醒したら送っていいらしいわ」

理亞「覚醒?!」

聖良「それまでは制服でパフォーマンスしてちょうだい」

理亞「いやちょっと待って、姉様!覚醒ってなに?!」

聖良「特別練習をしてレベルの限界を引き上げるのよ!」

理亞「レベル?!」

聖良「スクールアイドルとしてレベルアップするチャンスよ!」

聖良「ワンモア!チャンスタイム!」

理亞「練習して上手になれるっていうならありがたいけど……なんか胡散臭いわね」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 21:15:19.50 ID:YVjWkZxN.net
理亞「というわけで東京についたわ」

理亞「確かこの辺りにいればいいって聞いたけど……」ウロウロ

理亞「……あれ?あれって>>13(キャラ)じゃない?」
13: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 21:17:07.87 ID:fKXmiPgB.net
黒澤ルビィ
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 21:40:38.75 ID:YVjWkZxN.net
理亞「黒澤ルビィじゃない」

ルビィ「ピギィ!」ビクッ

理亞「きゃあ!」ビクッ

理亞「きゅ、急に大きな声出さないでよ!びっくりするじゃない!」

ルビィ「ご、ごめんなさい!えっと……あの……」

理亞「セイントスノーの鹿角理亞よ。まさか名前覚えてない?」

ルビィ「うぅ……そぅじゃなくてぇ……な、なにを話したらいいのかなって……」

ルビィ「ルビィ……人見知りだから……」

理亞「いや、まあ、私も話しかけようかかなり迷ったわよ」

ルビィ「ぅう……やっぱりルビィなんかと仲良くしたくないんだぁ……」

理亞「そうじゃなくて……」

理亞「あなたなんで浴衣着てるのよ」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 22:03:11.34 ID:YVjWkZxN.net
理亞「季節外れにも程があるでしょ」

ルビィ「え?でもルビィこれしかクールな衣装持ってないから……」

理亞「ピンクのヒラヒラ浴衣のどこがクールなのよ!」

ルビィ「理亞ちゃんもとってもクールに仕上がってるね!」グッ

理亞「ただの制服よ!」

理亞「あと気軽にちゃん付けしないでくれる!?私はあなたたちを認めてないのよ!」

ルビィ「ぅゅう……」

理亞「ふんだ!」

理亞「まさかライブもその格好でやるつもりじゃないでしょうね?」

ルビィ「え、そ、そのつもだったけど……」

理亞「やめてちょうだい!一緒にライブする他のアイドルに迷惑だわ!」

ルビィ「ぅゅうゅ……」

理亞「まったくもう!」
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 22:55:08.86 ID:YVjWkZxN.net
リハーサル会場

理亞「ここがスクールアイドルフェスティバルの会場ね……なかなか大規模じゃない」

剣「門田剣です。よろしく!」

理亞「今回のライブのメンバーは私と黒澤ルビィと……あとは見たことない顔が7人ね」

理華「神谷理華……よろしく……」

ルビィ「Aqoursの黒澤ルビィです!今日はセンターで緊張してるけど、精一杯頑張ります!」ペコリ

パチパチパチ

理亞「ってなんであんたがセンターなのよーー!」

ルビィ「ピギィ!ごめんなさいぃ!!」

理亞「あなたがセンターするくらいだったら私がやったほうが断然いいわ!」

ルビィ「でも理亞ちゃんセンタースキル持ってないでしょ……?」

理亞「センタースキルって何よ?!……あとちゃん付けするな!」

ルビィ「ルビィがセンターにいるとみんながクールになるんだ!」

理亞「意味わかんないこと言ってんじゃないわよ!」

ルビィ「本当だよ!一緒にライブしてみればわかるよ!」

理亞「そもそもどういう理屈なのよ!一緒にいるとクールになるって!」

ルビィ「なんかこう、クールなパワーが湧いてくるらしいよ?」

理亞「ていうかさっきからクールクール言い過ぎなのよ!クールさがそんなに大事なの?!」

ルビィ「うん。むしろここではクールさしか評価されないよ」

理亞「どんだけファンの趣向が傾いてるイベントなのよ!」

ルビィ「理亞ちゃ……理亞さん、ちょっと声が大きい……」

理亞「あっ、ごめんなさい」
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:02:06.98 ID:YVjWkZxN.net
理亞「まあセンターじゃなくてもベストなパフォーマンスをするだけよ」

理亞「落ち着いて……落ち着くのよ、理亞……」

理亞「大事なことはセルフコントロールよ……」

ルビィ「はい理亞さん、今日の段取りだよ」ピラッ

理亞「ありがと」パシッ

理亞「ふんふん、なるほど○時入場、×時開演でそこから……」

理亞「>>29を歌うのね」
29: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:03:36.33 ID:Ceavr470.net
aa
38: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:14:11.26 ID:YVjWkZxN.net
理亞「Angelic Angelを歌うのね」

理亞「って」

ルビィ「って何でよーー!!」

理亞「それはこっちのセリフよ!」

ルビィ「理亞ちゃん大変だよぉ……」

理亞「ちゃん付けするな」

ルビィ「もしかしたら今日くるお客さんはクールを評価してくれる人じゃないかもしれない……」

理亞「はぁ?」

理亞「それ以前になんでμ'sの曲を私たちが……」

ルビィ「それはよくあることだから……」

理亞「よくあることなの?!」

ルビィ「私としてはAqoursの曲の方がボーナスがつくから好きなんだけど」

理亞「ボーナスって何よ?!」

ルビィ「理亞ちゃんは何歌ってもボーナス付かないから気にしなくていいよ」

理亞「なんかよくわかんないけどバカにされたのはわかる!」

理亞「あとちゃん付けするな」

ルビィ「とにかく!」

理亞「とにかく?」

ルビィ「できるだけ笑って……ごまかすしかないよぉ……ぅゆゅ……」

理亞「は?」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:28:01.37 ID:YVjWkZxN.net
理亞「」ホゲ-

ルビィ「」ピギ-

理亞「すっごいライブだったわね」

ルビィ「思い出したくないよぉ……」

理亞「お客さんゴミを見るような目で見てたわね。こんな屈辱初めてよ」

ルビィ「ぅう……おうちにかえりたぃ……」

理亞「しっかりしなさい」

理亞「ほら、報酬の宝箱みたいなやつ、せっかくもらったんだから開けてよ」

ルビィ「ぅゆゅ……」パカッ

ルビィ「はい、これ、ルビィ持ってるから理亞ちゃんにあげる」

理亞「ちゃんって呼ばないで」

理亞「何よこれ」

ルビィ「それつけるとクールなキッスのパフォーマンスが身につくの」

理亞「パフォーマンスに投げキッス取り入れる予定なんてないんだけど」

ルビィ「……ぅう」メソメソ

理亞「……」

理亞「ふん!」カチッ

ルビィ「!!」

理亞「……よくわかんないけどないよりかはマシね」

ルビィ「理亞ちゃぁ……」

理亞「じゃあ、私は次のライブがあるから」

理亞「また会いましょ」

理亞「あなたがスクールアイドルをやめてなければ、ね」
45: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:34:10.95 ID:YVjWkZxN.net
理亞「次の集合場所はここ……」

理亞「saint snowの名前に泥を塗ったまま帰るわけにはいかない!」

理亞「必ず成果を残す!ラブライブで勝ち上がるために!」

理亞「……あっ、あれは>>47(キャラ)」
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:35:16.33 ID:Iwsw4t+y.net
51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:47:39.57 ID:YVjWkZxN.net
理亞「まさか……東條希さん……?!」

ハロウィン希「んー?そうだけど?君は?」

理亞(魔女のコスプレしてる……生で見てもやっぱりスタイル抜群ね……)

理亞「鹿角理亞っていいます……今、スクフェスに参加してて……」

ハロウィン希「おお!理亞ちゃん!話は聞いてるよ、今日はよろしくね」スッ

理亞「は、はい!よろしくおね……」

????「スキあり!!」ガバッ

理亞「ひゃぁ?!」

理亞「後ろから……誰に……」

????「メリークリスマスぅー!」

サンタ希「わしわしやーー」

理亞「きゃあぁぁぁぁーーー!!」
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 23:59:06.85 ID:YVjWkZxN.net
理亞「はぁ……はぁ……///」

サンタ希「いやー!いいリアクション!わしわししがいがあるわー!」

ハロウィン希「ちょっとびっくりさせ過ぎちゃったかな?」

理亞「え?あれ?へ?」

ハロウィン希「おーい、理亞ちゃーん?」

理亞「なんで?東條希さんが?2人いる?」

サンタ希「?」

舞踏会希「おまたせー!いやー着替えるのに手間取ってもうてなー!」

理亞「きゃーーー!」

舞踏会希2「この服可愛いんやけどなー」

舞踏会希3「着替えにくいのが難点やね」

舞踏会希4「ダンスしにくいのも忘れたらあかんよ」

舞踏会希5「お腹すいた」
舞踏会希6「焼肉食べたい」

理亞「いーーーやーーー!!」

理亞「」バタッ

ハロウィン希「あっ!倒れてもうた!」

サンタ希「え!うちそこまでわしわししてないで!」
60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 00:07:26.38 ID:Mo8Kafh3.net
理亞「……うーん…うーん」

理亞「……東條希さんが……魔女で……サンタで……」

理亞「……は……8人や……うちだけで……」

理亞「」パチッ

理亞「はっ!」

理亞(完全に気を失ってたわ!)

理亞「あれ?ここは?」キョロキョロ

理亞「どこかの部屋?」

理亞「暗いし……」

理亞「寒い……」ブルブルッ

理亞「とにかく出口を探さないと……」

シャクッ

理亞「!?」

理亞「何か……踏んだ……?」

理亞「部屋の中なのに……草……?」

????「めぇー……」

理亞「!?」

「めぇー」「めぇー」「めぇー」

理亞「なんなのよ……」

アルパカ1「めぇー」ワナワナ
アルパカ2「めぇー」ワナワナ
アルパカ3「めぇー」ワナワナ

アルパカ10「めぇー」ワナワナ

理亞「なんなのよ……これっ……!!」
62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 00:16:03.41 ID:Mo8Kafh3.net
理亞「こんなの関係ないわ!早くここから出ないと!」

アルパカ「めぇー!!」ガバッ

理亞「きゃあ?!」ドサッ!

理亞「くっ!そう簡単には通してくれないってわけね」

「めぇー」「めぇー」「めぇー」「めぇー」「めぇー」ワナワナワナ

理亞「なら……」

理亞「だったらこっちも本気を出すしかないわね!」

理亞「道産子流奥義!」

理亞「聖雪装着-ジョイント・スノウ-」ジャキ-ン

理亞「はああぁぁぁっ!!」

アルパカ「めぇーーーーっ!!」
63: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 00:25:23.24 ID:Mo8Kafh3.net
ハロウィン希「うーん」

サンタ希「どうしたん?」

ハロウィン希「大丈夫やったんかな?あそこにおいてきてもうて?」

サンタ希「でも、理亞ちゃんレベル1やったし、正直あのままだと足手まといや」

ハロウィン希「せやけど……」

サンタ希「ここで終わるようやったら、そこまでのスクールアイドルやったって話やん?」

ハロウィン希「……そうやけど」

舞踏会希1「そのリングめっちゃ綺麗やん!」
舞踏会希2「そっちこそオーラでまくりやん!」
舞踏会希3「馬車ごとステージ上がればダンスしにくいの誤魔化せるんちゃう?」
舞踏会希4「ええやんそれ!」

ハロウィン希「理亞ちゃん……無事でいてな……」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 00:33:12.54 ID:Mo8Kafh3.net
理亞「ていやーー!」

アルパカ4「め、めぇ……」バタッ

理亞「はぁ……はぁ……」

理亞「やっと……4匹たおせた……」

理亞「けど、もう限界……」フラッ

理亞「」バタッ

理亞「はぁ……はぁ……」

アルパカ5~10「めぇー」ワナワナ

理亞「ここ……まで……」

理亞「ごめんなさい……姉様……」

ピカ--ン!!

理亞「!!」
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 00:37:04.00 ID:Mo8Kafh3.net
理亞「何かが……光ってる……?」

理亞「これは……黒澤ルビィからもらったクールキッス……?」

理亞「違う!その裏に……」

理亞「シー……ル……?」

シャッ!

理亞「!!」

ドルルルルルル......

理亞「力が……みなぎる……」

テン!

ピカ----ン!!!

アルパカ「め、めぇ??!」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 00:49:35.52 ID:Mo8Kafh3.net
ハロウィン希「……もうすぐ本番やね」

サンタ希「結局戻ってこなかったね、理亞ちゃん」

舞踏会希1「一応補欠は連れてきたけど……」

舞踏会希7「もっと早くゆーてよー!これ着替えるの時間かかるんやから!」

ハロウィン希「いや……理亞ちゃんは来るで」

サンタ希「そんなこと言っても」

ハロウィン希「理亞ちゃんは来る。カードがうちにそう告げるんや!」

ドゴ----ン!!

サンタ希「!?」

モクモクモク...

理亞「私はスクールアイドル……ライブをすっぽかしたりなんてしない……」

理亞「ラブライブは!遊びじゃない!」

ハロウィン希「理亞ちゃん!!」

サンタ希「そんな信じられへん!レベルが60まで上がってる?!」

舞踏会希1「途中でリタイヤするか」
舞踏会希2「上がっても40までだと思ってたんやけど」
舞踏会希3「自力で覚醒を?!」
舞踏会希4「まさかここまでとは思わんかったわ」
舞踏会希5「ちなみにRをレベマするならアルパカは7匹で十分や」
舞踏会希6「無駄死にってやつやね」

理亞「さあやりましょう……私たちのライブを……!」
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 01:12:55.25 ID:Mo8Kafh3.net
理亞「はぁ……はぁ……」

ハロウィン希「お疲れ様、理亞ちゃん」

理亞「お疲れ様です……」

ハロウィン希「さすがに3曲メドレーはきつかったかな?」

理亞「はい……こんなんじゃダメですね……」

ハロウィン希「ダメなんかじゃないよ、疲れててもミスしなかったやん」

理亞「……ありがとうございます」

ハロウィン希「理亞はえらい!お姉さんがよしよししてあげよー!」ナデナデ

理亞「……///」

理亞(……なんだか、希さんとの距離が縮まった気がする)

理亞「?!」ピキ-ン!

ポロッ

理亞「こ、これは?」

ハロウィン希「ラブカストーンとゴールドやね」

理亞「??」

ハロウィン希「ラブカストーンは体力を回復したり、部員を勧誘したり、ライブの失敗をなしにしたりするのに使えるんよ」

理亞「使用法に一貫性が見えない」

ハロウィン希「ゴールドは練習するときに必要なお金みたいなものやね」

理亞「そうなんですか……」

理亞「でもなんでそんなものが私の中から出てきたんでしょうか?」

ハロウィン希「うちとのキズナが深まったからかもしれないね」

理亞「……は?」
76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 01:24:56.40 ID:Mo8Kafh3.net
ハロウィン希「うわー、傷つくわー!そのリアクションー!」

理亞「あっ、いえ!希さんと仲良くなれたのは否定しないんですけど!」

理亞「それでお金稼げるっておかしくない?って思って」

理亞「その前にそもそも、希さんが高校生のままだったり、8人に分身してたり、色々おかしいんですよ!」

ハロウィン希「……」

ハロウィン希「理亞ちゃん……」

ハロウィン希「うちはスピリチュアルな魔女、東條希」

ハロウィン希「不思議なことを起こせたって何も不思議じゃないんよ」

理亞「……」

ハロウィン希「それに、女の子は秘密を抱えてたほうが魅力的に見えるやん?」

ハロウィン希「やから秘密は簡単には明かさないよ」

ハロウィン希「ほな、理亞ちゃん。また一緒にライブしようね、バイバイ」

理亞「……」

理亞「希さん……」

理亞「すごいうまいこと言って丸め込まれた気がする……」
77: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 01:37:52.91 ID:Mo8Kafh3.net
理亞「東京某所で開催されているイベント、スクールアイドルフェスティバル、通称スクフェス」

理亞「意味わかんないこと、腑に落ちないことだらけだけど」

理亞「ファンの数、1日に行われるライブの数はどのイベントよりも群を抜いて多い」

理亞「ここなら、ここならもっとレベルアップができるかもしれない」

理亞「そして、ここで力を付けて、必ずラブライブの本戦を……!」

舞踏会希5「無理やでー」
舞踏会希6「もうレベルマやん」

理亞「は?」

舞踏会希5「キズナmaxでクールキッスもついてるしこれ以上上げられないんよ」
舞踏会希6「スキルなら上げられるけどね」

理亞「……」

舞踏会希5「お腹すいたー」
舞踏会希6「焼肉食べてこー」

理亞「……」

理亞「……」

理亞「……か、必ずラブライブ本戦を勝ち上がって見せる!」

理亞「……」モヤモヤ
98: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:54:16.07 ID:zOWt8iOW.net
ピピピピピ!

理亞「……むにゃむにゃ」zzz

ピピピピピ!

理亞「うーん……」zzz

ピピピピ...

理亞「うるさい」バシッ!

理亞「ふぁ~……姉様、朝です、起きて……」

理亞「ふーーーん」ノビ--

理亞「……」

理亞「姉様?」キョロキョロ

理亞「……あっ」

理亞「そっか、私今東京に来てるんだった」
99: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:02:48.94 ID:zOWt8iOW.net
理亞「……あれ?」

理亞「荷物が届いてる、何だろ」パカッ

理亞「これは……saint snowの衣装……」

理亞「そっか私、覚醒したから衣装着ていいんだ」

ピキッ

理亞「痛っ……筋肉痛か……」ジンジン

理亞「昨日相当無理したし……当然ね」

ヒラッ

理亞「……?」

理亞「衣装に何かはさまってる」

理亞「何この紙切れ?……勧誘チケット?」

勧誘チケット「」ドモ

理亞「すごい怪しい名前ね」

勧誘チケット「!!」

理亞「普段なら捨ててるところだけど」

勧誘チケット「!?」アセアセ

理亞「ここなら逆に役に立ちそうだから持っといてあげるわ」

勧誘チケット「……」ホッ
100: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:09:53.17 ID:zOWt8iOW.net
理亞「さて、いつも通りスクフェスの会場に来たわ」

理亞「私の出番は午後からだからまだ時間があるけど」

理亞「これだけひっきりなしにライブしてるんだから、飛び入りで参加できる可能性もあるわ」

理亞「とはいえ、スクフェスに詳しい人と一緒にいないことにはどうしようもないわね」

理亞「……」キョロキョロ

勧誘チケット「」キョロキョロ

理亞「あっ!あそこにいるのは>>102(キャラ)」
102: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:11:14.07 ID:fe2TH1/H.net
ヘノケチェン
103: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:33:53.69 ID:zOWt8iOW.net
理亞「あれは高坂穂乃果さん?!」

理亞「まさか本物に会えるなんて、信じられない」

理亞「まあ8人の東條希さんとライブした私に信じられないものなんてないんだけどね」

理亞「でも話しかけていいのかしら」

穂乃果「はぁ……」

理亞「……?」

理亞「ため息?何か悩んでる?だったらそっとしておいた方が……」

穂乃果「ほああああああ!」ガッ

理亞「!?」ビクッ

穂乃果「飽きたーーー!スコマ走るのもう飽きたーーー!」

穂乃果「はぁ……」フニャン

理亞「……話しかけても良さそうね」
107: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:07:41.35 ID:zOWt8iOW.net
穂乃果「そもそもあの曲数で飽きるなっていう方が無理だよ……」ブツブツ

穂乃果「しかも自分で選べないしちょいちょい被るし……」ブツブツ

穂乃果「あ~面白いことないかなぁ……」

理亞「あの……」モジモジ

穂乃果「はい……?」

理亞「わ、私、鹿角理亞っていいます。その、スクフェスに来たばっかりでわからないことばっかりで……その……」モジモジ

穂乃果「……?」

勧誘チケット「!」ファイトダヨ!

理亞「も、もしよければ色々教えてください!」

穂乃果「……」ジトッ

理亞「えっと、あの」モジモジ

穂乃果「ジトー」ジト-

理亞「……ご、ごめんなさい。迷惑でしたか」

穂乃果「……いい」

理亞「へ?」

穂乃果「かわいいーーー!!」モギュ--

理亞「ひゃあ///」
109: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:35:45.42 ID:zOWt8iOW.net
穂乃果「そーかそーかー!スクフェス初心者だったんだ!」ナデナデ

理亞「///」

穂乃果「心細かったでしょ!もう大丈夫!お姉さんが手取り足取り教えてあげよう!」

理亞「あ、ありがとうございます」

穂乃果「へいきへいき!私もちょうど退屈してたところだから!あなた、名前は?」

理亞「鹿角理亞っていいます」

穂乃果「理亞ちゃんか!いい名前だね!」

穂乃果「私は……」

理亞「高坂穂乃果さん、ですよね?」

穂乃果「私のこと知ってるの!?」

理亞「はい、もちろんです」

穂乃果「へー!μ'sも有名になったもんだなぁ~」シミジミ

理亞「みんな穂乃果さんたちのこと知ってますよ!」

穂乃果「理亞ちゃん!同じスクールアイドルなんだから、先輩後輩は禁止!さん付けはノー!だよ!」ビシッ

穂乃果「私のことは呼び捨てかちゃん付けで呼んで!」

穂乃果「私も理亞ちゃんのこと」

穂乃果「えっとね」

穂乃果「うーん……うーん……」

穂乃果「理亞ちゃんって呼ぶから!」ビシッ

理亞(かわいい)

勧誘チケット「」カワイイ
110: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:45:47.53 ID:zOWt8iOW.net
理亞「ところで穂乃果さんは……」

穂乃果「むー!」プク-!

理亞「ほ、穂乃果ちゃんはここで何をしてたの?何かに飽きたって言ってたけど」

穂乃果「そっか、それも知らないんだ」

穂乃果「今はスコアマッチっていうスクフェスの中のイベントが開催されててね」

理亞「スコアマッチ?」

穂乃果「まあ誰が上手にライブできるか競うイベントだね」

理亞「!!」

理亞「これは今のパフォーマンスの腕を確かめるチャンス!」

理亞「ワンモア!チャンスタイム!」

穂乃果「10日間ライブがあってね、最終的に上位入賞した人には特別な衣装がもらえるんだ」

理亞「上位入賞……ちなみに何位までが入賞できるの?」

理亞「やっぱり8位までとか……?」

穂乃果「確か120000位までだったような」

理亞「は?」
112: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 23:55:09.30 ID:zOWt8iOW.net
理亞「聞き間違いじゃないわよね?」

穂乃果「120000位だよ!じゅーにまんい!」

理亞「そんなことしたら誰でも入賞できちゃうじゃない!」

穂乃果「でもスクフェスは3000万人くらい参加してるし……」

理亞「さんぜんまん?!」

穂乃果「すごい人気だよね~」

理亞「人気どころじゃないでしょ!そんな規模のイベントしたら東京がパンクするわよ!」

穂乃果「あっ、でも国内アクティブに限れば500000人くらいか」

理亞「国内って何?!国外があるの?!」
113: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:03:21.00 ID:aymgOQ82.net
理亞「仮にそれが本当だったとしても!12万/50万が上位って甘すぎる!」

穂乃果「うーん。確かに」

穂乃果「衣装が2個もらえる5万位以内とか3個もらえる1万位以内とかが上位なのかな?」

理亞「なるほど。上に行くほどいい衣装がもらえるのね」

穂乃果「ううん。全部同じだよ」

理亞「は?」

勧誘チケット「」ハ?

穂乃果「同じ衣装を集めると覚醒できるんだよ」

理亞「衣装集めるとレベルの上限が引きあがるって……」

理亞「……まあシールで覚醒した私が言えたことじゃないけど」
114: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:12:44.20 ID:aymgOQ82.net
穂乃果「まあスコマの説明はこんなとこかな」

理亞「で、穂乃果ちゃんは10日間開催に耐えられなくて飽きちゃったってこと?」

穂乃果「そーそー、ライブの曲も同じのばっかりだし。ファンのみんなもよく盛り上がれるよね」

理亞「……」

勧誘チケット「……」

理亞「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「どーしたの、理亞ちゃん?」

理亞「退屈しのぎに、上位の人のライブ見に行きましょ!」

理亞「50万人の頂点に立つスクールアイドルのパフォーマンス!」

理亞「必ずラブライブを勝ち上がるための勉強になるはずよ!」

穂乃果「いいね!それ!」

穂乃果「ちょうどあそこにトップ100に入る実力者の>>116ちゃんがいるよ!」
117: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:14:33.62 ID:h5gVtMUv.net
真姫
119: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:32:09.60 ID:aymgOQ82.net
穂乃果「真姫ちゃんはスコマでは必ず100位以内に入る凄腕なんだから!」

理亞「μ'sの西木野真姫……」

真姫「うんしょ……うんしょ……」

理亞「すごい大荷物……一体どんなパフォーマンスをするのかしら……」

穂乃果「理亞ちゃん理亞ちゃん!ライブの席空いてるみたいだよ!よかったね!」

理亞「よし!」

理亞「じゃあ早速、お手並み拝見と行こうかしら」ウデクミドヤッ

勧誘チケット「」ドヤッ

穂乃果「……」ジト-

理亞「……?」

穂乃果「……」ジト-

理亞「……な、何よ!私の顔に何かついてる?!」

穂乃果「……」ナデナデナデ

理亞「ちょ、やめ……///」

穂乃果「かわいいな~、私もこんな妹が欲しかったな~」
121: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:40:54.30 ID:aymgOQ82.net
スコマ会場

穂乃果「そろそろ始まるよ!」

理亞「どきどき」

勧誘チケット「」ワクワク

真姫「行くわよ!」

理亞(ステージに上がってきた!)

理亞(他のメンバーは……)

モブ's「……」

理亞(見たことない顔ばっかりね)

理亞(また分身してくるのかと思ったけど……違うみたいね……)

真姫「失敗ね……」

理亞(!?)

理亞(ステージを降りた?!)

真姫「行くわよ!」

理亞(と思ったらまた上がってきた!)

真姫「失敗ね……」

真姫「行くわよ!」
真姫「失敗ね……」

真姫「行くわよ!」
真姫「失敗ね……」

真姫「行くわ……」

理亞「なんなのこれ?」
124: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:45:57.76 ID:aymgOQ82.net
理亞「ただステージを上り降りしてるだけ?」

穂乃果「それだけじゃないよ……よく見て……!」

理亞「?!」

真姫「失敗ね……」テクテクテク

真姫「」スッ

理亞「ステージ脇にさっきの大荷物が!」

真姫「」パシッ

理亞「あれは……確かラブカストーンとかいう……」

真姫「ゔぇぇ!」キラ-ン!

真姫「行くわよ!」テクテクテク

穂乃果「見た?今のテクニック」

理亞「いや、何を見ればいいのよ」
129: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:56:07.84 ID:aymgOQ82.net
穂乃果「歩みを一切止めず流れるように体力を回復するラブカストーンさばき」

穂乃果「そしてこれだけのファンを前にしてためらうことなくステージを降りる度胸」

穂乃果「動きが完璧に最適化されてるよ……!さすが真姫ちゃん!」

理亞「ごめんなさい、穂乃果さん。あんたバカ?」

穂乃果「でもこの方法で100位以内からもれたことがないのは事実だよ」

理亞「スクフェス見にくるファンは何を評価してるのよ」

穂乃果「真姫ちゃんはあのラブカストーンの山が尽きるまで、10日間休まずひたすらステージの上り降りを繰り返してるんだよ」

穂乃果「どんな状況であってもステージに上がり続ける、その姿勢と精神力が評価されてるんじゃないかな?」

理亞「真面目な顔してるけどあんたら本当にバカでしょ」
130: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 00:59:48.62 ID:aymgOQ82.net
真姫「行くわよ!」テクテクテク
真姫「失敗ね……」テクテクテク

テクテクテクテクテクテクテクヴェェテクテクテクテクテクテク

理亞「ちょっとめまいがしてきたから外出るわね」

穂乃果「ああ!待ってよ理亞ちゃん!」
132: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:10:26.03 ID:aymgOQ82.net
理亞「おえぇぇ……」

穂乃果「大丈夫、理亞ちゃん?」サスサス

勧誘チケット「?」ダイジョブ?

理亞「はぁ……はぁ……」

穂乃果「上位ランカーのライブは理亞ちゃんには刺激が強すぎたかな~?」

理亞「もう、そういうことにしといてあげる」

理亞「もうちょっとお手頃なところで参考になりそうな人はいないかしら?」

穂乃果「うーん、それだと私が今10万位くらいだからちょうどいいかな?」

理亞「それを先に言ってよ……」

穂乃果「もしかして理亞ちゃん、私のライブ見たいの?」

理亞「ええ、見たい、穂乃果ちゃんのライブ」

穂乃果「う~ん、でもな~、穂乃果今退屈しのぎしてるからな~」

穂乃果「スコマに戻ったらまた退屈しちゃうような……」

理亞「でも私との退屈しのぎを結構長いことやってるでしょ?」

理亞「退屈しのぎに退屈しないための退屈しのぎよ」

穂乃果「つまり?」

理亞「そろそろスコマのやり時ってことよ!」

穂乃果「ほうほう、なるほど!さすが理亞ちゃんあったまいい!!」

理亞「この人、本当に伝説のμ'sのリーダーなの?」
134: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:35:00.87 ID:9cfI/uFE.net
穂乃果「よーし!理亞ちゃんのためだし、穂乃果頑張っちゃうよー!」

穂乃果「穂むら流七変幻奥義」

穂乃果「愛は大正じゃない?」

バサッ

大正穂乃果「よっと」ヒラヒラ

勧誘チケット「!?」

理亞「なんてスピード早着替えのなの!?」

大正穂乃果「みんな行っくよ~!」

大正穂乃果「1!」

チャイナことり「2!」ササッ!

晴れ着園田「3!」スタッ!

勧誘チケット「!!?」

理亞「μ'sのメンバーが!いつの間に!?」

星座真姫「4!」スタッ!
お花見凛「5!」スタッ!
忍者花陽「6!」ススッ!
妖精にこ「7!」フワッ!
人魚希「8!」ピッチピッチ!
怪盗絵里「9!」スタッ!

大正穂乃果「μ's!ミュージック……」

μ's「スタート!!」

理亞「メンバーを一瞬で集めた……これがリーダーの実力?!」

大正穂乃果「いっくよーー!」
136: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 01:47:28.77 ID:9cfI/uFE.net
理亞「」ホゲ-

勧誘チケット「」ホゲ-

穂乃果「……あ、あれ?ライブ、ダメだった?」

理亞「いえ……違います……」

理亞「格が違い過ぎるというか……」

理亞「感動し過ぎて体に力が入らないんです……」

穂乃果「ははは、大げさだなぁ、理亞ちゃんは」

理亞「穂乃果さん……」

穂乃果「むー!」プク-!

理亞「穂乃果ちゃん、私、どうやったら穂乃果ちゃんたちみたいになれる?」

穂乃果「私たちみたいに?」

理亞「……」コクン

穂乃果「うーん」

穂乃果「とりあえず理亞ちゃんもユニット組んで見たら?あと8人仲間を集めてさ」

理亞「自分のユニット?」

穂乃果「うん!他の人のお手伝いもいいけど、自分の好きな時に練習してライブしてっていう方が楽しいと思うんだ!」

穂乃果「楽しい方が上達するに決まってるしね!」

理亞「仲間……か」

理亞「でもどうやって……?」

穂乃果「そんなの簡単だよ!」

穂乃果「勧誘するんだよ!」
141: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 02:01:15.55 ID:9cfI/uFE.net
理亞「勧誘?」

穂乃果「うん!友情ポイントかラブカストーンがあればできるよ!」

理亞「ラブカストーンなら……ある」

穂乃果「5個で1人勧誘できるんだけど……」

理亞「……1個しか持ってない」

穂乃果「あはは、あとファーストライブボーナスとかあるんだけど……」

穂乃果「メンバーがいないことにはライブできないしね」

穂乃果「うーん、どうしたもんか」ウ-ン

理亞「このラブカストーンっていうのを貯めるしかないのかしら」ウ-ン

勧誘チケット「」ウ-ン

穂乃果「……」

理亞「……」

勧誘チケット「……」

穂乃果「」チラッ

理亞「」チラッ

勧誘チケット「!!!!??!」ビクッ!
143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 02:07:06.68 ID:9cfI/uFE.net
理亞「これって何かに使えない?」

勧誘チケット「!!!」イヤダ!マダシニタクナイ!

穂乃果「これなら1枚で1回特待生勧誘できるよ!」

勧誘チケット「!!」ジタバタジタバタ

理亞「特待生?」

穂乃果「まあ考えるよりまずは引いてみよう!」バッ

勧誘チケット「」シュワァ...

テンテンテンテンテ-ン

クルクルクルクルクル

テレン!

穂乃果「>>145(キャラ)ちゃんが出たよ!」
145: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 02:10:13.71 ID:vrxFxXj8.net
堕天使降臨
154: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:44:18.92 ID:aymgOQ82.net
ピピピピピピピ!

パチッ!

??「ふぁ~……」ノビ-

??「理亞~?朝よ、起きなさい」

理亞「……むにゃむにゃ」zzz

理亞「あと5分~……」ギュ-

??「ちょ、ちょっと!理亞!」

理亞「えへへ~……姉様あったかい……」ハグハグ

理亞「あれ??」スカッ

理亞「うーん……」ハグハグ

理亞「姉様にしては胸が物足りないような」

理亞「……」パチ

理亞「……」チラッ

善子「///」

理亞「は?」

善子「わ、悪かったわね!物足りなくて///!」

理亞「はあああぁぁぁぁ???!?」
155: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:53:19.76 ID:aymgOQ82.net
理亞「ど、どどど、どうしてAqoursの津島善子が私の部屋に?!」

善子「もう、落ち着きのない子ね」

理亞「あんたはなんでそんなに落ち着いてるのよ!」

善子「あれよ、堕天流セルフコントロールってやつ?」

理亞「バカにしないで!」

善子「まず顔洗ってセルフコントロールしてなさい。その間に朝ごはん作っとくから」イソイソ

理亞「あっ、待って!」

理亞「……」

理亞「どうしてこんな状況に……?」

理亞「確か昨日は……」
156: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:05:21.48 ID:aymgOQ82.net
ーーーーー
ーーー


勧誘チケット「」シュワ...

テンテンテンテンテン

クルクルクル

テレン!

穂乃果「善子ちゃんが当たったよ!」

善子「堕天使降臨!」ファサッ

善子「あとヨハネよ」

理亞「当たったって何よ」

善子「はいこれ、入部届」

理亞「入部届?!部なんて作った覚えないわよ!?」

穂乃果「おお!これは!」

理亞「Aqoursの方は大丈夫なのかしら?」

穂乃果「よかったね理亞ちゃん!この善子ちゃんはレアな善子ちゃんだよ!」

善子「だからヨハネ!」

理亞「レア……?レアってどのくらい珍しいの?」

穂乃果「排出率にすると80%くらいだね!」

理亞「全然レアに聞こえないんだけど」

穂乃果「あっ!レアと理亞って似てるよね!」グッ

理亞「もうμ'sのファンやめます」
157: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:12:24.33 ID:aymgOQ82.net
ワッチャドゥ-!ワッチャドゥ-!

理亞「あっ、電話かかってきたんで出ますね」ピッ

穂乃果(着メロA-RISEなんだ……)

理亞「もしもし……はい……はい……」

理亞「えっ!もうそんな時間?!」

理亞「はい!わかりました!すぐ行きます!」ピッ

穂乃果「どうしたの?」

理亞「ごめんなさい、穂乃果ちゃん!ライブの時間になっちゃったから、もう行きます!ありがとうございました!」タタッ

穂乃果「えっ、ちょっと!とりあえず善子ちゃんだけは……!」

タッタッタッタッタ-!

穂乃果「あっ……」

穂乃果「行っちゃった」
159: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:16:40.14 ID:aymgOQ82.net

ーーー
ーーーーー

理亞「そういえば、そんなこともあったような」

理亞「つまり津島善子は私が勧誘?したってこと?」

理亞「でもなんで一緒に寝てたのよ!」

理亞「……」

理亞「勧誘した後のことを思い出しましょう……」
161: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:23:28.02 ID:aymgOQ82.net
ーーーーー
ーーー


理亞「はぁ……はぁ……」

理亞「お待たせしました!」

ルビィ「もう!遅いよ、理亞ちゃぁ!」

理亞「はぁ……はぁ……ちゃん付けしないで」

ルビィ「ぅゆぅ……」

理亞「待ってて、すぐに衣装に着替えるから」

ルビィ「あっ、パフォーマンスはしなくていいよ」

理亞「は?」

ルビィ「今日はライブのサポートに回ってもらうから」

理亞「パフォーマンスしないって、どういうことよ?!」

ルビィ「えっとね……お客さんの誘導とか、ステージの照明とか……」

理亞「……、要するに裏方ってこと?」

ルビィ「うん……そうなっちゃうね」

理亞「……時間に遅れたから?」

ルビィ「ううん。元々理亞ちゃんはサポートで呼ばれてたみたいで……」

理亞「な、なんでよ!?」

ルビィ「ぅゆゆ……でもこれは仕方ないっていうか……その……」ボソボソ

理亞「なによ、なにか知ってるの?」

ルビィ「……言っても傷付かない?」

理亞「いいから教えて」

ルビィ「飽きられちゃったんだよ、理亞ちゃん」

理亞「っ!」ズキッ
163: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:58:10.28 ID:9cfI/uFE.net
理亞「なっ……あんたになにがわかるって言うのよ!?」

ルビィ「だって……理亞ちゃん、ボイス実装してないし」

理亞「ボイス?!声なら出してるわよ!!」

ルビィ「ライブ中にかけ声出してかないとスクフェスでは通用しないんだよ?」

理亞「なんでライブ中にかけ声出すのよ?!歌に集中しなさい!」

ルビィ「ぅぅ……でもみんなやってるし……」

理亞「もういいわ!パフォーマンスできないなら帰る!」フン!

ルビィ「まっ、待ってぇ理亞ちゃん!理亞ちゃんがいてくれないとライブが上手くできないの!」

理亞「……」

ルビィ「理亞ちゃぁ!おねがぁい!」

理亞「……」

理亞「今日……だけよ……」
164: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:04:07.66 ID:9cfI/uFE.net
理亞「ふぅ……ライブの裏方って結構体力使うのね」

理亞「下手したらアイドルより疲れるかも」

理亞「えっと、次は確か希さんからの呼び出しだったわね」

理亞「またあの8人分身の中で踊るのかしら……?」

ハロウィン希「おーい!理亞ちゃん!」

理亞「あっ、希さん、こんにちは」

ハロウィン希「元気にしてたー?」

理亞「はい、おかげさまで……」

ハロウィン希「そっかそっかー!よかったわー!じゃあ……」

ハロウィン希「今日はサポートよろしくね!」

理亞「っ!」ズキッ
165: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:13:24.73 ID:9cfI/uFE.net
理亞「そんな……今日は一緒にライブできないんですか……?」

ハロウィン希「いやー……そうなんよ、ごめんね」

理亞「わ、私たちの絆はっ……!?」

ハロウィン希「あはは~……なんというか」

ハロウィン希「絆が出来上がったからむしろもういいかなっていう……」

理亞「っ!」ズキッズキッ

理亞「も、もういいって……飽きたってことですか……」

ハロウィン希「えっ、いやっ!そんなつもりじゃっ!」アタフタ

舞踏会希5「着替え終わったでー」
舞踏会希6「リハしよリハー」

ハロウィン希「う、うんすぐ行く!」

ハロウィン希「ほ、ほなな、理亞ちゃん!サポート、期待してるで!」

理亞「……」

舞踏会希5「……」
舞踏会希6「……」

舞踏会希5「これが現実」
舞踏会希6「Rの限界やん」

理亞「……」
166: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:18:38.65 ID:9cfI/uFE.net
理亞「……」

理亞「疲れた……」

理亞「気分が乗らないから余計に……」

ハロウィン希「理亞ちゃん、お疲れ!」

理亞「……」

ハロウィン希「……」

理亞「大丈夫でしたか、私……ミスしてませんでしたか……?」

ハロウィン希「ううん!バッチリやったよ!」

理亞「私……ちゃんと役に立ってましたか……?」

ハロウィン希「もちろんやん!ちゃんと3%分くらい頑張ってたで!」

理亞「……」

理亞「3%……?」
168: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:24:11.56 ID:9cfI/uFE.net
ハロウィン希「もー!そんな浮かない顔してたら運気が逃げちゃうよ!」

理亞「……ごめんなさい」

ハロウィン希「そんな元気がない理亞ちゃんにご褒美や!手、出して!」

理亞「……?」スッ

ハロウィン希「はい!今日のサポートのお駄賃の友情ポイント!」

理亞「友情ポイント……?」

ハロウィン希「そ、これを100ポイント集めると一般勧誘ができて、色んなスクールアイドルに会えちゃうのだ!」

理亞「……」

理亞「ありがとうございます……」
170: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:32:25.62 ID:9cfI/uFE.net
帰り道

テクテクテクテク

理亞「……」

理亞(結局今日1日、パフォーマンスできなかった)

理亞(やったことといえば西木野真姫のステージ上り降りの見学とライブの裏方くらい)

理亞(その裏方仕事の報酬は……)

理亞(2人のライブをサポートしたから20ポイント)

理亞(『特待生』と『一般生』、どっちが実力が上かなんてスクフェスに来たばかりの私にだってわかる)

理亞(20ポイント……私の価値……)

理亞(顔も知らない有象無象のスクールアイドルのたった……)

理亞「5分の1……か……」
171: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 21:37:02.39 ID:9cfI/uFE.net
宿

理亞「やっとついた」ガチャッ

理亞「……」

理亞「なんにもする気が起きない……」

理亞「ご飯も……今日はいいや」

理亞「白い恋人食べとこ」ムシャムシャ

理亞「……」

理亞「もう寝よ……明日は……」

理亞「明日もサポートなのかな……?」

理亞「……」
174: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 22:17:18.74 ID:9cfI/uFE.net

ーーー
ーーーーー
理亞「……」

理亞「嫌なこと思い出してしまったわ」

理亞「……でも、ここにいる限り忘れてても仕方ないこと」

理亞「……」

理亞「……」

理亞「……」ウルッ

理亞「もうスクフェス……行きたくな……」

善子「朝ごはんできたわよーー!早く来なさいよーー!」

理亞「!?」ビクッ
178: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 22:30:29.54 ID:9cfI/uFE.net
ーーーーー
ーーー


善子「こらー!鹿角理亞!帰って来たなら帰って来たって言いなさいよ!」

善子「あんたが勧誘してから放ったらかしにしたから、穂乃果さんにあんたが泊まってる宿探してもらったんだから!」

理亞「……」zzz

善子「って寝てるしーー!!」

善子「せっかく人が夕飯作って待っててあげたっていうのに~!」ジダンダ

クシャッ

善子「なにこれ?ゴミ?……白い恋人?」

善子「スクールアイドルフェスティバルで体力使ってるのにクッキー1枚で持つわけないじゃない!」

善子「叩き起こしてご飯食べさせてやるんだから!」プンプン!

善子「もう!起きなさー……!」

理亞「……ん……なさい」zzz

善子「??」

理亞「……めんな……さい」ジワッ

理亞「ごめんなさい……姉様……」ポロポロポロ

善子「……」

善子「まったく……なにがあったのよ」ナデナデ

理亞「……ん……ねえ……さま」zzz

理亞「……ねぇ……」zzz

理亞「……すゃぁ……」zzz
180: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 22:38:17.59 ID:9cfI/uFE.net
善子「……ま、今は起こさない方がいいわね」ナデナデ

理亞「……すゃぁ」zzz

ギュッ!

善子「!?」

善子「う、腕を掴まれてた?!」

理亞「……むにゃむにゃ……姉様ぁ」zzz

善子「寝てる?寝てるのよね、これ?」

理亞「……むにゃむにゃ」zzz

善子「うーん、起こさないよう抜けようにしても……」

ギュ--!

善子「意外と力が強くて身動きが取れない」

善子「……」

理亞「……ふふ……姉様ぁ」スリスリ

善子「……」

善子「……はあ」タメイキ
181: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 22:54:16.59 ID:9cfI/uFE.net

ーーー
ーーーーー

善子「て、言うのがなんで私が一緒に寝てたのかの真相よ」モグモグ

理亞「ぅぅ……死にたい///」モグモグ

善子「なんとなくわかってたけど相当なシスコンね、理亞って」

理亞「……こ、このことは誰にも言わないでちょうだい」

善子「別に言うつもりなんてないわよ。人のこと茶化すとか陰で笑うとか嫌いなの」

理亞「よかった……」ホッ

善子「私も堕天使っていう職業柄、よくそう言うことされるから」

理亞「……前々から気になってたんだけど、それ本気で言ってるの?」

善子「それって?」

理亞「堕天使」

善子「当たり前よ。私は堕天使ヨハネだもの」

理亞「正直ダサくない?」

善子「ダサくないわよ?ちょーイケイケって感じ?」

善子「まあ何があったか知らないけど、夜な夜なベソかく方がダサいんじゃない?」

理亞「は?」イラッ
182: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 23:06:57.28 ID:9cfI/uFE.net
理亞「な、なによ!0点で最下位とるあんたらに何がわかるのよ!」

善子「あー、そういえばあの時も泣いてたわねー」

理亞「なっ!」イラッ

理亞「あんたらなんて負けても涙も出ないお遊びのお子ちゃまグループのくせに!」

善子「……」

善子「朝っぱらからお姉ちゃんにべったりしてる方がお子ちゃまじゃない?」

善子「ルビィでもそんなことしないわよ?」

理亞「なっ!それは言わないって話でしょ!?」

善子「夜のことは黙ってるとは言ったけど朝のことは何も決めてないわよ」

理亞「なっ!卑怯よあんた!」

善子「悪魔的って言ってくれる?そうね、言いふらされたくなければ私の言うことを聞きなさい?」

理亞「なによ急に偉そうに!」

善子「いいの?そんな態度で?言いふらしちゃうわよ?」

理亞「ぐ、ぐぬぬ……」

理亞「で、言うことって何よ?内容によっては姉様に言いつけるわよ?」

善子「これからこの堕天使ヨハネと一緒に……」

善子「スクフェスに行くこと!」ビシッ

理亞「!!」ドキッ
183: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 23:14:42.39 ID:9cfI/uFE.net
理亞「な……何よそんなこと……?」

理亞「べ、別に……元から行くつもり……だし」

善子「そう!じゃあ一緒に行きましょう!理亞!」

理亞「……待ってよ」

善子「ん?ああ!太陽に当たる前に闇の儀式をしておかないとね!」イソイソ

理亞「そうじゃない!……私はあなたたちAqoursのこと、認めてないんだから!」

理亞「気安く名前で呼ばないで!」

善子「……そう」

善子「でも私は好きよ、saint snowの歌」

理亞「……な、何言って……」

善子「……さあ!闇の儀式を始めるわよ」バサッ!
184: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 23:31:15.87 ID:9cfI/uFE.net
善子「堕天使ヨハネ、リトルデーモンと共にスクフェスに降臨」ドヤッ

理亞「リトルデーモンって、私?」

善子「真名で呼ばれるのが嫌みたいだから、間をとったわ」

理亞「どことどこの間をとったのよ?」

善子「現世と……冥界っ!」キメガオ

理亞「すでにバカを通り越してるわね」

理亞「で、会場にきてどうするの?2人だけじゃライブはできないわよ」

善子「私の愛しいリトルデーモンズの情報網によると、ライブのサポートは飛び込みでも受け付けてるらしいわ」

善子「力を封じられし私たちがライブするのに必要な友情ポイントはあと680ポイント」

善子「ひとりとワンデーモンあたり34件の契約-engage-を取ってくればクリアよ!」

理亞「言い方がいちいちくどい」

善子「これも堕天使の運命(さだめ)」キメガオ

理亞「ていうかあんた本当にバカ?現実的に考えて34回もできるわけ……」

善子「さっ、早く行きましょ!急がないとチャンスを逃しちゃうわよ!」

善子「ワンモア!チャンスタイム!」
186: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 23:50:07.82 ID:9cfI/uFE.net
・・・・・・
理亞「」ホゲ-

善子「」ヨハ-

理亞「聞いてないわよ」

善子「飛び込み参加はポイント半額なんて」

理亞「たったの5ポイント……2人で10ポイントか……」

善子「ヨハネがあまりに美しいから嫉妬した神様が天引きしたのね」

理亞「天引きってそういう意味じゃないから。どんだけせこい神様なのよ」

善子「よし!じゃあ次のライブに行くわよ!リトルデーモン!」

理亞「は?」

善子「ポイントが半分になったなら、2倍早く動くだけよ!」

理亞「なによそれ?」

善子「心配は無用よ、封印されし闇の力を解放すれば……」

理亞「そうじゃなくて!」ドンッ!

善子「な、何よ……壁ドンならリリーにやってあげなさいよ」

理亞「なんなのよ、さっきから!この方法で700ポイント貯めるなんてどう考えても無理じゃない!」

理亞「あんたのバカに私を巻き込まないでよ!」

善子「だって……」

善子「ライブさせてあげた……じゃなくて」アセアセ

善子「ライブしたいじゃない!せっかくのスクールアイドルフェスティバルなんだから!」

善子「あなたは……理亞はライブしたくないの?」

理亞「そんなの!」

理亞「そんなのしたいに決まってるじゃない……」

理亞「……」
188: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 00:06:34.90 ID:hslLVa7t.net
理亞「でも……せめてもう少し簡単に勧誘する方法はないかしら?」

善子「このイベントの情報は大体集めたけど、どの報酬もライブをしないことにはもらえないから……」

善子「ライブさえできれば友情ポイントどころかメンバーもラブカストーンももらえるみたい……」

理亞「……メンバー……そこら辺の人を勧誘しちゃだめなのかしら?」

善子「そこらへんは運営の利権が関わってるから厳しく禁止されてるの」

理亞「利権?」

善子「ええ、なんでも勧誘に使うチケットやラブカストーンは現金で買えるらしいのよ」

理亞「ふーん……こんなハート型の石に利権が関わってるなんてね」キラキラ

善子「そうよね……」

善子「あ~、そこらへんに落ちてないかしらね~?ラブカストーン」

理亞「そこらへんに……ね」

善子「……」ウ-ン

理亞「……」ウ-ン

善子「……」ウ-ン

理亞「……あっ!!」

善子「どうしたの!ラブカストーン落ちてた?!」

理亞「落ちてはないけど、心当たりはあるわ!」
190: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 00:21:25.07 ID:hslLVa7t.net
・・・・・・

真姫「行くわよ!」テクテクテク
真姫「失敗ね……」テクテクテク

真姫「行くわよ!」テクテクテク
真姫「失敗ね……」テクテクテク

真姫「行くわよ!」テクテクテク
真姫「失敗ね……」テクテクテク


善子「えぇ……何これは?」

理亞「ほら、あそこ、あのステージ脇の荷物をみなさい」

真姫「行くわよ!」テクテクテク
真姫「失敗ね……」テクテクテク

真姫「」パシッ
真姫「ゔぇぇ!」キラ-ン!

善子「あれは!すごいラブカストーンの山!」

理亞「しかも西木野真姫はここ数日ずっとここでステージ上り降りをしてるらしいの」

善子「つまり?」

理亞「このあたりを探せば山から溢れたラブカストーンが落ちてるかもしれないわ」キョロキョロ

善子「……」

テクテクテクテクヴェェテクテクテクテク

善子「あれって、確か……」

理亞「ほら、あんたも探しなさいよ!」

善子「そういうことね……!ここはこの堕天使ヨハネに任せるのよ!」ダダッ

理亞「ちょっ!どこ行くのよ!まさか盗む気?!」
192: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 00:30:32.79 ID:hslLVa7t.net
・・・・・・

理亞「ちょっ、何やってるのよあいつは!」

善子「ラブカストーンもらってきたわよー!」タッタッタッ

理亞「は?」

善子「ほら!50個!50個あると11人勧誘できらしいわ!」

理亞「……あんた」

善子「ヨハネ様様ね!」

理亞「返してきなさい!」ガバッ

善子「えっ!ちょっ!なんで?!」

理亞「いくらライブするためだからって盗みはダメよ」

理亞「ダーメーなんだー」バッテン

善子「ぬ、盗んでないわよ!ちゃんと西木野真姫さんに譲ってもらったの!」

理亞「嘘つきなさい?!どうやったら譲ってもらえるのよ!」

善子「スコマのルールが変わったのを教えてあげたの!」
194: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 00:37:41.23 ID:hslLVa7t.net
ーーーーー
ーーー


善子「あの~」

真姫「何?今ライブ中なんだけど?」

善子「とてもそうには見えない」

善子「じゃなくて、それ、失敗稼ぎってやつですよね」

真姫「ええ。知ってるなら邪魔しないで。時間との勝負なの」

善子「失礼ですけどスコアマッチptって知ってます?」

真姫「なにそれ?」

善子「あっ、やっぱり!」

真姫「??」

善子「今回からスコマにレートが付くようになったんですよ?それがスコアマッチpt」

真姫「ゔぇ?」

善子「そのレートでも順位報酬が出るようになって……」

真姫「ゔぇぇ!」

善子「このままだと報酬もらえなくなっちゃいますよ」

真姫「ゔぇぇぇ!!」

善子「ある程度稼いだらまじめにライブした方がいいかなって……」

真姫「ゔぇぇぇぇぇぇ!!!!」
197: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 00:44:38.45 ID:hslLVa7t.net

ーーー
ーーーーー

善子「で、教えてくれたお礼と、買いすぎて使い切れないからって譲ってくれたのよ」

理亞「じゃ、じゃあこれで本当に……っ!」

善子「できるわよ、ライブ!」

理亞「……ぃぃ」

理亞「ぃやったーーーー!!!」ピョンピョン

善子「ふう……」ヤレヤレ

関連記事