ダイヤ「善子さんと親睦を深めたいのですか?」小林「そうなの!」

ダイヤ-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 20:40:03.85 ID:aXSSnMb/
ダイヤ「貴女達…一緒に暮らしてるのですし、十分に仲は良いではないですか」

小林「そんな事無いって!最近ヨハちゃんなんか私に対して冷たくて…」

ダイヤ「はあ…小林が何かしたのでは無いですか?」

小林「え、え、えええええ…と、特には何も…」

ダイヤ「物凄い動揺していますわ」

ルビィ「おねえちゃぁ…そういえば善子ちゃんにこの前、家での着替え盗撮されて困ってるって相談された事が…」

小林「ちょっと!ルビィちゃん黙っててよぉ!」

ルビィ「ぴぎっ!!」スタタタタタタ

ダイヤ「今の話は…」

小林「や、やだなー!ルビィちゃんの勘違いに決まってるじゃーん!」

ダイヤ「はあ…」
6: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 20:44:48.54 ID:aXSSnMb/
ルビィ「うゆぅ…」

花丸「ルビィちゃん、またあの人来てるの?」

ルビィ「うん…小林しゃん、またお姉ちゃぁに相談乗ってもらってるみたい」

花丸「そもそも、なんで小林とダイヤさんは顔馴染みになったずら?」

ルビィ「なんか、スクールアイドルの話で盛り上がったとかで」

花丸「ふーん。マルは前から怪しいと思ってるずら。だいたい善子ちゃんも善子ちゃんずら。あんな怪しい人と同棲してるなんて」

ルビィ「でも、悪い人では無いんだけどねぇ…小林しゃん」

花丸「昨日も善子ちゃんに、小林にストーキングされて困ってるってラインが来て…」

ルビィ「ひえぇぇぇ…」
8: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 20:50:35.24 ID:aXSSnMb/
ダイヤ「ズバリ!デートですわ!!」

小林「デート!?」

ダイヤ「そう!善子さんと2人っきりでデートして、小林がエスコートするんですわ!」

小林「私とヨハちゃん2人っきりで///」

ダイヤ「そこで貴女が善子さんにカッコいいところを見せてあげるのです!そうすれば善子さんは貴女に惚れる事間違い無しですわ!!」

小林「それは凄い!けど…私がヨハちゃんにデートに誘ってもきっと来てくれない!」

ダイヤ「仕方ないですわねえ。そこは私がどうにかしましょう」

小林「あとデートでどこ行けばいいかもわからーない!わからーない!」

ダイヤ「全く世話のやける…。でしたらこの私に全部お任せなさい!!」

小林「よっ!さすがダイヤ様!!」

花丸「あんな事話してるけど大丈夫ずら?」

ルビィ「うゆ…善子ちゃん可哀想…」
11: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 21:10:09.78 ID:aXSSnMb/
翌日

善子「果南さんに淡島まで呼び出されたけど…私何かしたかな…」

果南「あ。善子ちゃん来てくれたねー」

善子「は、はい。あとヨハネ…」

果南「そんなに緊張しなくて良いよ。今日はデートに付き合ってもらおうと思ってね」

善子「デート!?(果南さんと!?)」

果南「まあ逃げられないよう…ああいや淡島まで船出すから行こうか」

善子「え、ええ」

果南「全速前進カーナンー!」

善子「なんだろ…物凄い胸騒ぎが…」
13: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 21:17:09.59 ID:aXSSnMb/
果南「じゃ、目隠しして」

善子「え?」

果南「いいからいいから。悪いようにはしないからさ」スルスル

善子「ちょっ!何も見えない!」

果南「あとヘッドホンね」スッ

善子「何も聞こえなーい!」

果南「で、目隠し善子ちゃんを船に乗せてっと」ドサッ

善子「痛っ!」

果南「出発~!」

ーーーーーーー

果南「はい着いた。善子ちゃん私が手握るから着いてきてねー」スッ

目隠し善子「な、何!?何よこれ!ヨハネはどこにいるの!」

果南「よっ!」ブンッ

目隠し善子「痛っ!ヨハネを投げたわねー!?」

果南「じゃあ後はお好きに!」バタン

目隠し善子「なになに!?これどういう状況!?ヨハネはどこで何をしてるの!?」
16: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 21:23:39.78 ID:aXSSnMb/
スッ

善子「あ!目隠しとヘッドホン取れた!ここは…」

小林「ハアハアハア」

善子「っっっっ!!?こ、小林!!?」

小林「ヨハちゃんヨハちゃんヨハちゃん!!」

善子「キャアアアアアアアアア!!って扉が開かない!何なのよこの部屋!」ガチャガチャ

小林「この部屋は密室なんだって!」

善子「嘘!?そもそも何よコレ!?」

小林「デートって言われたでしょ?私とヨハちゃんのデートだよ!」

善子「じ、地獄だわ…」

小林「ヨハちゃんは堕天使だから地獄が天国なんだよ!」

善子「何上手いこと言ってるのよ」

小林「じゃあ2人で頑張ろうか!」

善子「何を頑張るのよ」

小林「この部屋を脱出するには謎を解かないといけないんだって!これを2人でやるんだよ!」

善子「よくある謎解きゲームね」
17: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 21:29:14.69 ID:aXSSnMb/
善子「わかった。もういいわよ。付き合ってあげる」

小林「本当!!」

善子「そうしないと出られないんでしょ?とにかく謎解きやるわよ!」

小林「流石ヨハちゃん!話が早い!おお!ここに紙がある!」

善子「謎を解くヒントね。何が書いてあるのかしら」

「この部屋はえっちしないと出られません」

善子「は?」

小林「よっしゃ!!!」

善子「よっしゃじゃないわよ!!何よコレ!!」

小林「私の初めて……ヨハちゃんにあげる///」

善子「何その気になってるのよ!!こんなの謎解きでも何でも無いじゃない!そもそもアンタその歳で経験無いの!?」

小林「紙に書いてあるんだもん!えっちすれば出られるんだよ!」ガバッ

善子「キャアアアアアアアアア!!!嫌よ!!!嫌嫌嫌~~~!!!」ジタバタ
18: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 21:41:09.30 ID:aXSSnMb/
ガラッ

善子「え。キャアアアアッ!!!」ストーン

小林「!!?」

小林「え!?え!?ヨハちゃん!?はっ!下の床の板が抜けた!?」

小林「この下にヨハちゃんが…」

ストッ

小林「うわ!板が戻った!?」

小林「こ、これは!何者かがヨハちゃんを誘拐した!?」

プルルルル

ダイヤ『おや小林。どうなさいました?私の計画したシナリオは最高でしょう!今は善子さんと幸せな時間を過ごしているのでしょう!』

小林「全然だよ!!ヨハちゃん誰かに持って行かれたんだけどこれダイヤさんの計画!?」

ダイヤ『………(これヤベーのですわ。でも私のミスとは言いたく無い…そうですわ!)』

ダイヤ『そう!これも計画のうち!さらわれた善子さんを小林が取り戻して互いの愛を深めるのですわ!』

小林「なるほど!そういう事だったんだね!じゃあ淡島全体を探し回ってヨハちゃん取り返すよ!!!」ダダダダダ

ーーーーーーーー

ダイヤ「ふう。なんとか誤魔化せましたわ!!しかし誘拐だとはとんでもない事になりましたわぁ!!」

ルビィ「お姉ちゃぁ…(ドン引き)」
20: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 22:02:55.56 ID:aXSSnMb/
善子「はあはあ……助かったわ。まさか貴女に助けられるなんてね」

ともりる「いいえ。小林が今日の朝から妙な行動をしていたので、隠れて見張っていたんですよ」

善子「なんで小林の行動がわかるの…?」

ともりる「小林の勝負下着に盗聴器を…ってそれはどうでもいいじゃないですか」

善子「ヨハネも聞かない方が良い気がする…」

ともりる「とにかく、ヨハネちゃんはこの島から逃げた方がいいですね」

善子「ええ。けど、今回の小林には協力者がいるらしくて…」

ともりる「そのようですね。だったら私が助けてあげましょうか?」

善子「それは有り難いのだけど…ここまで親切だと逆に怖いわね」

ともりる「フッ。こうやって恩を売っておけば後々の小林のイベントで楽になるんですよw物販列代わりに並んでくれるとかねw」

善子「こ、こいつは~~~!」

ともりる「その反応、小林みたいですよw」

善子「うるさい!とにかく逃げるわよ!協力しなさいよね!!」

ともりる「わかってますよw」
24: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 22:14:25.11 ID:aXSSnMb/
小林「ヨハちゃん…ヨハちゃんはどこに…」

鞠莉「あ!いたいた!こーばやし!」

小林「あ、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「ダイヤから話は聞いてマース!善子ちゃんを探してるんでしょ~?」

小林「そうなの!淡島全体を探すのはしんどくて…」

鞠莉「だと思って!とびっきりの人材を用意してるのよ~!!」

小林「おお!流石は鞠莉ちゃん!小原家の力を使えばすぐにヨハちゃん見つかるね!」

鞠莉「お生憎様!小原家のグループは今忙しくて」

小林「え?」

千歌「あ。いたいたー鞠莉ちゃん呼んだー?」

曜「頼み事って何?」

梨子「ん?その横の人って…」

鞠莉「我がAqoursのエクセレントなこの3人に探して貰いマース!!」

小林「2年生のみんなかー。まあ人手は多い方がいいよね!」

千歌「探し物ー?」

梨子「なんかめんどくさい事に巻き込まれた気が…」
25: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 22:32:26.58 ID:aXSSnMb/
淡島 水族館

千歌「善子ちゃんが誘拐されたとは一大事だね!」

千歌「チカは水族館を探すよー!」

エイ「~♪」プランプラン

千歌「うっわー!エイがいる~!」ピョンピョン

千歌「ヒレをパタパタさせてる!可愛いな~」

千歌「二階もあるんだね!行ってみよー!」

千歌「二階にはウニやヒトデがいるんだね!」

飼育員A「ウニやヒトデには触れ合えるんですよ」

千歌「えー!ホントに!?」

飼育員B「貴女もやってみてはどうかしら?」

千歌「やるやるー!ウニ触るー!あー!チクっとしたー!!」キャッキャッ

飼育員A&B「……」スタタタタタタ

スルッ

ともりる「上手く千歌ちゃんを巻きましたね」

善子「飼育員に変装してて良かったわね」

ともりる「とにかく、恐らく他のAqoursメンバーも捜索に廻ってると思いますので慎重に行きましょう」

善子「ええ」
26: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 22:39:22.71 ID:aXSSnMb/
ペンギンプール

曜「突然いなくなるなんて、善子ちゃんも困ったな~」

曜「この辺にはいないでありますか!?」

ペンギン「~♪」テクテク

曜「うわー!ペンギンが沢山いる!」

ペンギン「キュッキュッ!」

曜「ペンギンってこんな鳴き声するんだー!勉強になります!」

ペンギンY「…」テクテク

ペンギンT「…」テクテク

曜「うわっ!あの2匹凄い大きい!あんな大きなペンギンもいるんだね!撫でさせて~!」

ペンギンY「っ!」ドキドキ

曜「可愛いな~!親ペンギンかなー?」ナデナデ

ペンギンY「……」ドキドキ

ペンギンT「っっっっ!!」スッスッ

ペンギンY「!…!!」テクテクテクテク

曜「あ。行っちゃった~。ってこんな事してる場合じゃない!善子ちゃん探さなきゃ!」スタスタ

パカッ

ともりる「ふう。危ない所でしたね。ペンギンの着ぐるみで誤魔化せて良かった」

善子「ていうか曜さんだから誤魔化せたようなものね」
28: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 22:47:35.07 ID:aXSSnMb/
ショップしまたろう

梨子「このお店とかで普通に買い物したりしてたりして」

梨子「まあ…流石にいないわよね」スタスタ

梨子「……!」ピタ

梨子「これ…」スッ

「友達の幼馴染を寝取る!3Pレズプレイ開幕!」
「旅館の一人娘をみかんの計にする」
「レズの世界へ全速前進ヨーソロー!!!」

梨子「な、何故淡島のショップにこんな上物同人誌が…知ってる人は誰もいないよね?」サッ

梨子「この3冊下さい」

店員A「お買い上げありがとうございます」

店員B「あっちの本もおススメよ!」

梨子「え?…うっわ!何あの宝の山!ヒャッハー!!!」ダダダダダ

店員A「今のうちに行きますよ!」

店員B「ええ!」

スルッ

ともりる「上手いこと引っかかってくれましたね」

善子「だけど今後リリーと付き合う時が怖い…」
29: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:01:18.26 ID:aXSSnMb/
ホテルオハラ

鞠莉「んん~。午後のティータイムは最高よね~」

小林「ん~!」ジタバタ

鞠莉「あら落ち着かないわね小林~。貴女もティータイムを楽しみましょう!」

小林「いや落ち着いてられないよ!千歌ちゃん達から連絡ないじゃん!ヨハちゃん探しに行ってもう2時間だよ!?」

鞠莉「確かにそうね~」

小林「ていうかそもそも私がここでくつろいでるのがダメだった!小林も探しに行く!」

鞠莉「待って小林!ダイヤから小林は丁重に扱うよう言われてるの!」

小林「ええ?なんでダイヤさんが?」

鞠莉「善子さんが誘拐されたのはワタクシの責任だからとかなんとかって~」

小林「え?誘拐?ダイヤさんの計画じゃなくて???え?」

鞠莉「あ、これ小林には言うなってダイヤ言ってたっけ~!テヘペロ!」

小林「ちょっ!ヨハちゃあああああああああん!!!」スタタタタ

鞠莉「全速力で体揺らして走っていったわね~胸は揺れてないけど!ガッハッハッハッハ!」
30: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:15:02.67 ID:aXSSnMb/
ともりる「船着き場まで来ましたが…」

善子「1番の強敵、果南さんがいるわ」

果南「……」キョロキョロ

善子「船が出る場所はあそこだけ…きっとヨハネが来るのを待ち構えてるんだわ!」

ともりる「そもそもあそこに果南さんいるのなら、2年組必要ありました?」

善子「とにかく!果南さんにも小林にも捕まらずに帰るにはどうすれば!」

ともりる「もういいんじゃないですか?小林に捕まっても」

善子「何よ急に!嫌に決まってるじゃない!何されるかわからない!!」

ともりる「…前から疑問に思っていたんですけど」

善子「何…?」

ともりる「そんなに嫌がってるのになんであの小林と一緒に住んでるんですか?」

善子「……そ、それは」

ともりる「それは?」

善子「親近感が湧く…から?」

ともりる「親近感?」
32: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:21:51.20 ID:aXSSnMb/
善子「小林はあんなだけど、ヨハネの趣味を全部理解してくれたの」

ともりる「堕天使の設定とかですか?」

善子「設定じゃないし!まあ…そういうのも含めて小林は全てを受け入れてくれた」

ともりる「…」

善子「もちろん。千歌さん達Aqoursのメンバーも同じよ。でも、小林はもっとこう…ヨハネの深い深い所まで全てを知ってるかのように受け入れてくれるの」

善子「そんな小林と一緒にいると…自然と楽しくなって来て」

善子「そう思い始めたら気付けばママとパパが小林と入れ替わって二人で一緒に暮らしてた」

ともりる「何それ怖っ」

善子「と、まあ…こんな感じ?まあ今回みたいに過剰な愛をさらけ出されるとヨハネも困っちゃうんだけどね」

ともりる「ふーん。そうですか」

善子「そんな貴女だって」

ともりる「え?私ですか?」

善子「普段小林を馬鹿にしておちょくってる癖になんで毎回付きまとうのよ」

ともりる「…そ、それは」
33: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:28:02.38 ID:aXSSnMb/
ともりる「先輩として…尊敬してるから」

善子「え?今なんて…」

ともりる「ああああああ!!!もう言いません///」

善子「顔真っ赤よ。ねえ詳しく聞かせて」

ともりる「うう…その…Aqoursさんの一員としてのパフォーマンス。ダンスとか歌とか…その辺は素直に尊敬してます」

善子「ああ。確かにダンスは上手いわよね。歌唱力も高い」

ともりる「私もいつか…虹ヶ咲のライブで小林みたいにカッコよく踊って歌ってみたいって、小林を見てて思えるようになって」

ともりる「そう思う内にせつ菜ちゃんともっと向き合おうって思ったんです。小林が善子ちゃんと向き合ってるように」

善子「あれはやり過ぎだけどね」

ともりる「目標はせつ菜ちゃんと2人で暮らす事なんです!私も小林みたいに担当キャラと仲良くしたい!!!」

善子「最終的な目的そこ!?」

ともりる「とまあ…こんな感じです」

善子「うーん…わかったような…わかんないような…」
34: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:36:45.05 ID:aXSSnMb/
善子「お喋りし過ぎたわね。とにかく今は逃げるわよ」

ともりる「そうですね。実は果南さんへの対策はもう考えてあるんです」

善子「本当に!流石ともりるだわ!」

ともりる「用意したこのサザエとワカメを…えーい!」ポイッッッ

果南「ん。…!!」シュババババ

ともりる「今の内です!!」

善子「単純な作戦!!まあいいわ!行きましょう!!」スタタタタタタ

ともりる「船に乗り込んだら私が運転します!」

善子「あんた運転出来るの!?」

ともりる「ノリで!」

善子「怖い!でも小林に捕まるよりはマシ!船へ急ぐわよー!!!」スタタタタタタ

ゴツ

善子「あ」

ともりる「え?ヨハネちゃん?」

善子「石につまづいて!キャーーーーー!!!」

ザッパーーーーーン

ともりる「うわあああああ!!ヨハネちゃんが海に落ちたー!!!」
36: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:41:40.06 ID:aXSSnMb/
ザザザザザ

ともりる「そして急に波が強くなった!凄い不運!ヨハネちゃん!」

善子「んごっ!ごぼぼぼぼぼぼ…」

ともりる「こ、これ本当にヤバい…助けたいけどこんな荒い波じゃ…」

「ヨハちゃん!!!」ザッパーーーーーン

ともりる「!?」

小林「はあ…!はあ!ヨハちゃーーーん!!!」ザパザパ

ともりる「小林が海に飛び込んでヨハネちゃんを助けに!」

ガシッ

小林「ヨハちゃん大丈夫!?」

善子「こ、小林…んんっ」

小林「今陸まで一緒に行くから!…ってうわああああ!」ザッパーーーーーン

ともりる「な、波が!」

小林「何これ!こんな波私泳げないよ!!死ぬー!!!死ぬー!!!」

善子「ごぼぼぼぼぼぼぼ」

ともりる「結局道連れに…」
37: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:48:36.82 ID:aXSSnMb/
ともりる「こ、このままだと小林もヨハネちゃんも死ぬ…でも私じゃ何も出来ない」

「ともりちゃん!」

ともりる「えっ?この声は…」

せつ菜「ともりちゃんの大好きって気持ちを思い出して!」

ともりる「せつ菜ちゃん!?わ、私のところへ来てくれたの!?」

せつ菜「うん!そうですよ!エールを送りにやってきました!」

ともりる「せつ菜ちゃん…」

せつ菜「ともりちゃんはあの2人が…小林と善子さんが大好きなんでしょ!」

ともりる「え?」

せつ菜「そう思ってるんならきっと出来る!きっとあの2人を助けられる!だから頑張って!」

ともりる「そうだ…私の大好き…それを思い出せば…。うう…小林ーーー!!!ヨハネちゃーーーん!!!今私が助けるから!!」ザッパーーーーーン

ーーーーーーー

小林「ごぼぼぼぼぼぼぼぼぼ!!!」ジタバタ

善子「ごぼぼぼぼぼぼぼーぼぼぼー!!」ジタバタ

ともりる「ごぼぼぼーぼ!ごぼーぼぼー!!!」ジタバタ

せつ菜「あっちゃー。結局3人一緒に仲良く溺れちゃいましたか!」
38: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/05(金) 23:54:12.61 ID:aXSSnMb/
ガシッ

3人「!!!」

果南「全く無茶するんだから。今陸まで行くから捕まってて!」ザバババババ

ーーーーーーー

善子「はあはあ…し、死ぬかと思った…」

小林「流石果南ちゃん…見事な泳ぎだったよ…」ゼエゼエ

ともりる「はあはあ…私も死にかけた…元はと言えばせつ菜ちゃんが!」

せつ菜「わぁー!このペンギン可愛いですねー!」

曜「でしょでしょー!」

千歌「あっちのエイも可愛かったよー!」

梨子「良かったらこの同人誌も!」

せつ菜「ホントですか!もうみんな大好きです!」

ともりる「2年生通しで何仲良くなってるの!?…まあいいか」

鞠莉「オォー!全員無事で良かったわー!」

果南「善子ちゃんも見つかって一件落着だね」
39: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/07/06(土) 00:00:04.44 ID:1lvCJOGY
ーーーーーーーー

善子「あの…小林…ありがとね」

小林「え?」

善子「ほら…真っ先にヨハネを助けに来てくれたじゃない…道連れになったけど」

小林「あんなの!当然の事をしただけだよ!」

善子「……今日だけは、デートに付き合ってあげる」

小林「え!?今なんて!?」

善子「デートに付き合ってあげる!でもえっちなのは無しだからね!!」

小林「うう…ヨハちゃあああああん!!」

善子「暑苦しいから大人しくしてて!」

ともりる「良かったじゃないですか小林w」

小林「……ともりも、ありがとね」ボソッ

ともりる「えっ///今…ともりって…!」

小林「ヨハちゃあああああん!!!ハアハアハア」

善子「キャアアアア!!やっぱ無し!デート無しーーー!!!」

ともりる「ともり///下の名前で///」

ダイヤ「ふふっ!みんな仲良くなりましたわねー!!これも全て!私の計画通りなのですわ!!」

ルビィ「…(ドン引き)」


おわり

関連記事