フリーザ「ほう、貴女が宇宙No.1」にこ「いや…違う」

📝約5,800文字

にこ-アイキャッチ28
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:01:01.32 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「でね~その時海未ちゃんがさ」

海未「な、何を言ってるのですか!それはあなたが!」

ドゴーーーーン

穂乃果「え?何の音?」

海未「校庭の方から聞こえましたね」

凛「何かあったのかな?」

穂乃果「見に行ってみよう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562436061
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:07:10.90 ID:2V+MxnBo0
フリーザ「なるほど。確かに…良い惑星ですね」

穂乃果「誰だ!」

海未「えっ!?宇宙人!?」

フリーザ「おやおや。ゾロゾロと地球人が」

海未「やっぱり宇宙人…」

穂乃果「みたいだね」

絵里「どうしてすんなり宇宙人の存在を受け入れられるのよ…」

フリーザ「一つお尋ねしたいのですが。この惑星に宇宙No.1を名乗る方がいらっしゃるとお聞きしたのですがご存知ですか?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:16:16.71 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「宇宙No.1?」

フリーザ「隠すのは…」

チュドーーーン

フリーザ「あまりオススメしません」

穂乃果「ひっ、ひぃぃぃ」

フリーザ「さあ」

海未「待って下さい。本当に知らないんです」

フリーザ「そうですか。それでは、あなた方には死んで頂きましょうか」

絵里「ちょ、ちょ、ちょっと待って」

フリーザ「おや?あなたのその髪…そして、その瞳の色は…まさか!?き、貴様は…あの時の…忌々しいサイヤ人」

穂乃果「え?絵里ちゃんなの?」

海未「絵里が?」

絵里「いや…知らない、知らない。ただのロシア人のクウォーターだから!全然違うから」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:25:39.46 ID:2V+MxnBo0
フリーザ「隠しても無駄ですよ」

絵里「いや、本当に違うんだってば」

穂乃果「あっ!にこちゃんだ!」

にこ「へ?」

穂乃果「宇宙No.1と言えばにこちゃんだよ!」

にこ「いやいや。にこは…」

穂乃果「この人が宇宙No.1です!」

フリーザ「ほう。あなたが」

にこ「ちょっと!!!何言ってんのよ!にこがやられちゃうじゃない!」

穂乃果「にこちゃん大丈夫だよ!ギャグ漫画の住人は……死なないから!」

海未「成る程!一理ありますね」

にこ「にこギャグ漫画の住人じゃないし!スクールアイドルプロジェクトの住人だから!」

絵里「真顔で何を言ってるのよ。ギャグ漫画って何なのよ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:27:45.79 ID:2V+MxnBo0
フリーザ「宇宙No.1はこの世に二人もいりません。残念ですが…あなたには消えて頂きます」

にこ「ちょ、ちょっと待ってよ」

フリーザ「キェェェェェ」

チュドーーーン

にこ「にこぉぉぉぉぉ」

穂乃果「にこちゃん!!!!!?」

フリーザ「ふふっ。呆気ないですね。宇宙No.1が聞いて呆れますよ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:32:42.41 ID:2V+MxnBo0
にこ「イタタタ…」

フリーザ「な、何だと!?」

穂乃果「にこちゃん!!」

海未「やはり、にこはギャグ漫画界の住人なのでいくら攻撃を受けても生きているのですね」

ことり「にこちゃん凄い…」

花陽「尊敬…」

絵里「なんか納得出来ないんだけど」

フリーザ「では、これならどうだぁぁぁ」

チュドーーーン

にこ「なっ!?にこぉぉぉぉぉ」

フリーザ「ふっふっふっ、これは流石に…」

にこ「し、死ぬかと思った」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:35:49.26 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「おおっ!流石にこちゃん!」

凛「怪我一つないにゃ!」

ことり「これがお色気漫画だったら服が破けてあられもない姿になってる所だったよ」

フリーザ「ふ、ふざけるな。こうなったら8人まとめてこの惑星ごとゴミにしてやるぅぅぅぅ」

穂乃果「えっ!惑星ごと?」

凛「にこちゃん!壁になって」

にこ「いやいや無理無理。流石に死んじゃうって」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:40:17.66 ID:2V+MxnBo0
希「そこまでや!」

フリーザ「な、なんだ!?今度は何者だ」

希「お前を倒しに来た。分かっているんや。カードがそう告げたんや」

フリーザ「ふっ、ふふふ。地球人がジョークを言うとは知らなかったよ」

希「μ'sは8人だけやない。9人や!ウチも入れてな」

フリーザ「!?」

絵里「いや、驚く所ではないと思うけど!!!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:43:37.46 ID:2V+MxnBo0
希「フリーザーーーーーーー!!!!!?」

フリーザ「!!!!!?」

希「希パワーたっぷり注入!はい!プシューーーーー!!!」

フリーザ「ち、ちきしょぉぉぉぉぉぉぉ」

希「ふっ」

穂乃果「流石、希ちゃん!」

凛「希ちゃんがバトル漫画の住人だったなんて知らなかったにゃ!」

にこ「にこもギャグ漫画の住人じゃないから!!!」

絵里「何なのよ…これ…」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 03:53:38.05 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「って言う夢を見たんだけどさ!」

にこ「夢なんかーーーーい!」

海未「何ですか…その夢は…」

希「流石にウチもビームは出せないわ」

チュドーーーン

穂乃果「え?何?何の音?」

海未「校庭の方から聞こえましたね」

凛「何かあったのかな?」

穂乃果「見に行って見よう」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 04:01:02.52 ID:2V+MxnBo0
セル「はたして、私を満足させてくれる人間は居るのかな」

穂乃果「誰だ!」

海未「人造人間!?」

絵里「え?何で分かるの?」

セル「ここに私を満足させてくれる人間が居ると聞いて来たんだが…」

穂乃果「にこちゃん!!」

にこ「いや、無理無理」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 09:34:34.29 ID:2V+MxnBo0
セル「さて、誰から私の相手をしてくれるのかな?」

穂乃果「え?どうする?」

にこ「いや…無理でしょ」

海未「くっ、私が…」

セル「ほう。貴様から来るか。素晴らしい戦闘力だ。楽しみは最後に取っておきたいと思っていたんだがなぁ」

希「海未ちゃんってやっぱり戦闘力高いの?」

真姫「どう考えてもこの中じゃ一番でしょ」

穂乃果「いや、海未ちゃんの戦闘力じゃセルには勝てない」

真姫「じゃあ、どうするのよ」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 09:43:14.89 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「あなたの出番だよ!花陽ちゃん」

にこ「なっ、花陽!?」

セル「何だと?そいつが?」

海未「穂乃果!花陽の戦闘力では無理です」

穂乃果「いや、この中でセルを倒せるのは花陽ちゃんだけだよ。花陽ちゃんは物凄いパワーを秘めてるんだよ。やれるね、花陽ちゃん」

花陽「は、はい。やってみます」

絵里「え?嘘でしょ?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 09:51:21.13 ID:2V+MxnBo0
セル「ほう。ガキがスッカリその気か」

花陽「私は…私は本当は闘いたくないです。殺したくないの。例えあなたみたいな酷い人でも」

にこ「花陽…一体何を喋っているんだ。小声過ぎて聞き取れない」

凛「かよちん。こーえ。もうちょっと大きく」

花陽「私は昔からご飯とアイドルの事となると我を忘れてしまう時があるの」

セル「何!?悟飯…だと?面白い。私は貴様をますます怒らせたくなったぞ。どんな手を使っても」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 09:58:23.99 ID:2V+MxnBo0
凛「穂乃果ちゃん。穂乃果ちゃんは間違ってるよ。かよちんは穂乃果ちゃんみたいな闘うのが好きじゃないんだよ。今、かよちんが何を思ってるか分かる?」

にこ「お腹空いたじゃないの?」

真姫「確かに。あり得ない話じゃないわね」

絵里「なんで二人はそんなに冷静なの?」

凛「かよちんはNo.1でもまだ一年なんだよ!凛は殺させてもいい。闘いに行くにゃ」

穂乃果「……」

穂乃果「…希ちゃん!?白米を私に頂戴!?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 10:02:50.87 ID:2V+MxnBo0
希「ちょっと待ってな。まだ炊いてる途中や!」

セル「何を企んでいるか知らんが。取り敢えず邪魔をさせて頂こう」

チュドーーーン

穂乃果「あっ!炊飯器が!」

花陽「あっ…ああ…」

プツン

花陽「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」

シュインシュインシュイン

花陽「もう許さないぞ!お前達!」

絵里「達?」

希「え?ウチ等も入ってるの?ウチ関係ないからね」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 10:07:24.52 ID:2V+MxnBo0
セル「ふっ、ふふふ。痺れる程のパワーだ。だが」

花陽「これはお米の分!」

ボコ

セル「ぐわぁ」

花陽「白米の分!」

ボコ

セル「ぐはぁ」

花陽「そして…ご飯の分だぁぁぁ」

ボコォ

セル「ち、ちきしょぉぉぉぉぉぉぉ」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 10:11:21.01 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「あのセルを…たったの3発で…」

絵里「全部ご飯の為じゃない…」

セル「ちきしょぉぉぉぉぉぉぉ」

凛「かよちん!ご飯炊き直したよ!」

花陽「え?もう炊き直しを?」

凛「うん」

花陽「もう二度と食べ物を粗末に扱ったらメ!ですよ!」

セル「く、クソォォォォォォォ」ダッ

にこ「行っちゃった…」

真姫「何だったのよ」

海未「花陽。次は私と手合わせを」

ことり「辞めた方がいいと思うな」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 21:40:24.76 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「って言う夢を見たんだけどね」

にこ「って夢なんかーーーーい」

海未「何ですか…その夢は…」

絵里「何回やるのよ。この件り…」

希「えりちがそれを言うと矛盾が生じるんやけどな」

チュドーーーン

穂乃果「え?何の音?」

海未「校庭の方から聞こえましたね」

凛「何かあったのかな?」

穂乃果「言って見よう」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 21:47:24.71 ID:2V+MxnBo0
魔人ブウ「ギィヤーーーーーーーー」

悟空「でやぁぁぁ」

穂乃果「誰だ!」

ベジータ「なんだキサマ等は?」

にこ「それはこっちのセリフなんですけど。ここ女子校なんですけど!!!」

絵里「もうそう言う問題でもないんだけど」

魔人ブウ「ウホウホウホ。アハァ」

悟空「この野郎。舐めやがって」

魔人ブウ「ギィヤーーーーーー」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 21:58:52.39 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「助けに行かないんですか?」

ベジータ「俺が行っても殺されるだけだ」

穂乃果「え?でも二人でやった方が…」

にこ「そうよ。仲間がピンチなのに」

絵里「どうして皆んなそんなすんなりと受け入れられるの。ねえ?私がおかしいの?」

ベジータ「カカロット。凄い奴だよ、お前は。あの魔人ブウはオレには全く敵わなかった。あいつと戦えるのはお前だけだ」

穂乃果「いや…行った方がいいですよ」

ベジータ「何となく分かった気がする。なぜ、天才であるはずのオレがお前に敵わないのか」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:09:09.12 ID:2V+MxnBo0
悟空「波ーーーーーー!!!!」

魔人ブウ「ウギャーーーーー」

絵里「ああ…校庭が…せっかく廃校を阻止したのに」

穂乃果「大丈夫!ドラゴンボールで何とかなるよ!」

ベジータ「守りたい物があるからだと思っていた。守りたいと言う強い心が得体の知れない力を生み出すのだと。確かにそれもあるのかもしれないが、それは今のオレも同じ事」

穂乃果「喋ってないで助けに行った方が…」

ベジータ「オレはオレの楽しみの為に。敵を[ピーーー]為に。プライドの為に戦って来た。だが、あいつは違う。勝つ為に戦うんじゃない。絶対に負けない為に限界を極め続け戦うんだ。だから、相手の命を絶つ事にこだわりはしない」

希「当たり前やん。そんな事したら犯罪やん」

穂乃果「占いババ様…」

希「誰が占いババや」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:14:58.68 ID:2V+MxnBo0
ベジータ「ついにあいつはこのオレを殺しはしなかった。まるで、今のオレがほんの少し人間のこころを持つようになるのが分かっていたかの様に。アタマに来るぜ。戦いが好きで優しいサイヤ人なんてよ」

ブウ「ウホウホウホ。ヒャァ」

悟空「ぎゃぁぁぁぁぁぁ」

ベジータ「頑張れカカロット。お前がNo.1だ」

凛「にこちゃん!にこちゃんもボヤボヤしてると置いて行かれるよ?宇宙No.1アイドルさん」

ことり「それ…最終回の真姫ちゃんのセリフ…」

真姫「イミワカンナイ!」

にこ「余計な事言わなくて良いから!巻き込まれるじゃない!!」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:21:57.70 ID:2V+MxnBo0
ベジータ「ちっ、押されてやがる。カカロット!!!用意しろよ!」

悟空「へ?」

ベジータ「元気玉の用意だ。たまには地球の奴らにも責任を取らせてやる。やい、地球人ども!力を貸しやがれ!」

真姫「なんて頼み方が下手なのかしら」

凛「真姫ちゃんもあんな感じだよ」

真姫「はあ?」

悟空「おっ!いきなりデカイのが来た!悟飯達の気だ」

花陽「ご飯!?炊きたてなのか!」

悟空「くそっ。全然元気が集まらねぇ」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:25:50.28 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「それなら私に任せて!!!皆んなーーーー!!!力を貸して!!!」

海未「穂乃果!」

ことり「穂乃果ちゃん!!!」

穂乃果「だって可能性感じたんだ。そうだススメーーー。みんな、空に向かって手を上げて皆んなの元気を分けて!」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:30:06.41 ID:2V+MxnBo0
ツバサ「この声は!」

英玲奈「高坂穂乃果だな」

あんじゅ「完全にフルハウスね」




雪穂「お姉ちゃんだ!お姉ちゃんの声だ!」

亜里沙「魔人ブウと闘ってるのはμ'sだったんだね!」

穂乃果ママ「穂乃果。頑張るのよ!」


17号「久し振りに聞いたな。あいつの声も」


虎太郎「バックダンサー」

ここあ「頑張れお姉ちゃん!」

こころ「さあ、にっこにっこにー」




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:36:04.99 ID:2V+MxnBo0
果南「ほら!皆んな!空に手をかざして!」

鞠莉「オッケー。スクールアイドルの力を見せてあげましょう」

ダイヤ「もちろんですわ!」

花丸「オラの力も使って欲しいズラ」

ルビィ「がんばルビィ」

善子「ふっ、遂にヨハネの力を解放する時が」

曜「千歌ちゃん!」

梨子「私達も!」

千歌「うん。私達の力も使って下さい!穂乃果さん!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:46:31.91 ID:2V+MxnBo0
海未「この気はA- RISEの。それにこっちは亜里沙や雪穂!それにAqoursや虹ヶ咲学園の…」

絵里「いや、Aqoursはまだ結成前のはずなんだけど。って言うか気とか分かっちゃうの?」

悟空「来た来たーーー!!!」

穂乃果「頑張って!!!」

悟空「穂乃果!!!もしかしたら、お前は地球の救世主かもな!いっけぇぇぇぇ」

魔人ブウ「グゥゥゥ」

悟空「お前は凄ぇよ。いい奴に生まれ変わったら今度は一対一だ闘けぇてぇ。またな!」

魔人ブウ「ぎぃぁぁぁぁぁぁぁ」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 22:48:45.18 ID:2V+MxnBo0
穂乃果「って言う夢を見たんだけど」

絵里「いやもういい!」


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
フリーザ「ほう、貴女が宇宙No.1」にこ「いや…違う」

関連記事